中京競馬場のダート1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

中京ダート1400m
スポンサーリンク



中京ダート1400mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

中京ダート1400mのコース特徴

 

・左回り

・芝地点をスタートしてから最初のコーナーまで約607mとかなり長い

・向こう正面から4コーナーを曲がったあたりまで下り坂

・高低差が3.4mもあり、起伏の激しいタフなコース

・カーブは緩やか

・最後の直線は約411mと長い。最後の直線のほとんどは上り坂

・1人気の勝率は28.6%と、平均を下回る低さ。波乱含みのコース

 

中京ダート1400mで開催される重賞レース

 

プロキオンS・G3 3歳上

OPレースに3歳限定の昇竜ステークスなどがあります。

 

タイムの傾向

 

・平均タイム

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 中間3F 後半3F
2歳
新馬 2 1.27.4 35.9 38.7
未勝利 8 1.26.8 35.5 38.7
500万 2 1.25.3 34.7 38.4
3歳
未勝利 22 1.26.0 35 38.6
500万 6 1.25.6 35.2 38.1
重賞・OP 3 1.24.4 34.8 37.3
3歳上
4歳上
500万 52 1.25.2 35 37.9
1000万 13 1.23.9 34.6 37.3
1600万 7 1.23.7 34.4 37.4
重賞・OP 4 1.22.7 34.3 36.6

芝スタートなのと、前半は下り坂ということもあり、前半3Fは速い部類に入ります。

ダート1400mコース別でOP重賞レースの前半3F比較は以下のとおり。

  • 中京:34.3
  • 阪神:34.7
  • 東京:35.0
  • 京都:35.1

 

・平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.1 10.9 11.3 11.8 12.1 11.8 12.8

前傾ラップでハイペース傾向となっています。

前半のペースが速く、後半になるとペースダウンする持続力勝負となっています。

 

・コースレコード

2013/07/07(良)プロキオンS(G3) アドマイヤロイヤル(牡6)1:21.9

良馬場で出したレコードなので、近いうちに記録更新となりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 35 30 15 111 18.30% 34.00% 41.90%
先行 81 64 72 475 11.70% 21.00% 31.40%
差し 58 77 66 905 5.20% 12.20% 18.20%
追込 17 20 38 913 1.70% 3.70% 7.60%

全体的に逃げ・先行が優勢となっています。

特に新馬・未勝利だとその傾向が強い。

クラスが上がると差しが決まりだす傾向はありますが、基本は逃げ・先行優勢。

追い込みは勝ちきれないことが多い。これは、短距離ダートということもあるが、最後の直線で坂を上がり切った後の平坦部分が少ないことも影響していると思う。

 

血統の傾向

 

はっきりとした傾向はみられませんでした。

スピード&パワー型のゴールドアリュール、ダイワメジャー、クロフネ産駒は中京ダートのタフなコースでも活躍しています。

単勝・複勝回収率が良いプリサイスエンド産駒も注目。最近ではシゲルベンガルトラが12/3の寒椿賞を勝ってます。

 

中京ダート1400mコースまとめ

 

・最後の直線は長く、そのほとんどが上り坂というタフなコース

・ハイペースの傾向、前傾ラップ、持続力勝負

・基本は逃げ・先行優勢

・突出して良い血統はいないが、ゴールドアリュール、ダイワメジャー、クロフネ、プリサイスエンド産駒あたりが活躍

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です