ステイヤーズステークス2017の傾向は?好走条件に合う注目馬は?

スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2017年ステイヤーズステークスの傾向を調べてみました。

 

ステイヤーズステークスはどんなレース?

 

中山芝3600mで行われるG2レースで、障害レース以外なら最長距離のレースとなっています。

1996年まではハンデ戦のG3レースでしたが、別定のG2レースに変更されました。

 

ステイヤーズステークスの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率 単勝
回収値
逃げ 0 2 0 13 0.00% 13.30% 13.30% 0
先行 7 5 2 21 20.00% 34.30% 40.00% 269
差し 3 3 6 39 5.90% 11.80% 23.50% 67
追込 0 0 2 44 0.00% 0.00% 4.30% 0

差しタイプでも4コーナーで好位につけていないと勝ち切るのは困難でしょう。圧倒的に先行有利なコースです。

2015年は後方から差した馬で上位を独占しましたが、これはレアケース。追い込みタイプが好走することはめったにありません。

先行有利なので、逃げ残りは充分考えられます。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝ちタイム 勝ち馬上がり3F 1着 2着
2016 3.47.4 35
2015 3.45.9 35
2014 3.47.8 35.4
2013 3.45.2 35.4
2012 3.46.5 36.5
2011 不良 3.50.8 37.4
2010 3.43.4 36.2
2009 稍重 3.51.3 34.2
2008 3.48.1 35.3
2007 3.44.9 35.5
2006 3.43.4 35.3

前半はスローな展開で、ラスト5Fくらいからペースアップして持続力勝負となるのが例年のパターン。

ただ、最近ではラスト3Fの瞬発力勝負となる傾向がみられます。

 

年齢の傾向は?

年齢 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率 単勝
回収値
3歳 2 2 0 8 16.70% 33.30% 33.30% 141
4歳 1 3 4 18 3.80% 15.40% 30.80% 12
5歳 4 1 1 30 11.10% 13.90% 16.70% 186
6歳 1 2 1 29 3.00% 9.10% 12.10% 16
7歳 0 0 1 17 0.00% 0.00% 5.60% 0
8歳~ 2 2 3 16 8.70% 17.40% 30.40% 157

トウカイトリックが11歳まで活躍した例もあり、8歳以上でもチャンスがあります。どの年齢でもチャンスがあります。

 

過去実績の傾向は?

 

前走が重賞レースなら惨敗からの巻き返しはよくあるパターンですが、OP以下のレースの惨敗だとさすがに厳しく、最低でも「6着以内かつ0.7差以内」の実績はありました。

勝ち馬に限定すると、最低でも1600万勝ちの実績か、重賞3着の実績がありました。

2着・3着だと実績なくても好走例はたくさんあります。

とはいえ、芝2400m以上の好走実績と血統的な裏付けは欲しいところ。

特殊なコースゆえに、過去にステイヤーズSを好走した馬は何度も好走する傾向があります。

スポンサーリンク

 

人気の傾向は?

人気 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率
1 4 1 1 40.00% 50.00% 60.00%
2 0 2 3 0.00% 20.00% 50.00%
3 1 1 1 10.00% 20.00% 30.00%
4 1 3 1 10.00% 40.00% 50.00%
5 1 0 1 10.00% 10.00% 20.00%
6 1 1 0 10.00% 20.00% 20.00%
7 1 1 1 10.00% 20.00% 30.00%
8 1 0 0 10.00% 10.00% 10.00%
9 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%
10 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%
11 0 0 1 0.00% 0.00% 10.00%
12 0 0 1 0.00% 0.00% 10.00%
13 0 1 0 0.00% 10.00% 10.00%
14-16 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%

1人気は[4-1-1-4]という成績なら、まずまず信頼できる数字です。

近年では7人気以内の決着が多いのですが、以前だと人気薄の高齢馬がよく来ていました。

 

馬体重の傾向は?

馬体重 1着 2着 3着 4着 勝率 連対率 複勝率
400~419kg 0 0 0 1 0.00% 0.00% 0.00%
420~439kg 0 1 0 2 0.00% 33.30% 33.30%
440~459kg 3 1 3 17 12.50% 16.70% 29.20%
460~479kg 3 5 2 34 6.80% 18.20% 22.70%
480~499kg 1 3 4 31 2.60% 10.30% 20.50%
500~519kg 3 0 0 19 13.60% 13.60% 13.60%
520~539kg 0 0 0 8 0.00% 0.00% 0.00%
540~999kg 0 0 1 5 0.00% 0.00% 16.70%

440~479kgの馬体重が活躍しています。1着~3着の約6割が、このレンジで来ています。

胴体が長いステイヤータイプを狙いましょう!

 

血統の傾向は?

急坂を3回も上るコースなので、とにかくタフな長距離血統が活躍します。切れるタイプよりもバテないタイプが良いでしょう。

エルコンドルパサー産駒はトウカイトリックやソングオブウインド(菊花賞馬)が活躍したとおり、長距離は走ります。

ネオユニヴァース産駒もデスペラードが活躍したように長距離向き。

ディープインパクト産駒は得意な距離ではないので、せいぜい2着・3着までという傾向がみられます。

母父がトニービンの馬は好走するので要注意です。

あとは、長距離血統のダンスインザダークにも注目。

 

ステイヤーズステークスの傾向まとめ

 

・先行有利、差しタイプでも前の方へポジションとれる馬が好走する

・長い距離を速いラップで刻む持続力勝負となる傾向あり

・どの年齢でもチャンスあり

・前走がOP以下のレースなら「6着以内かつ0.7差以内」は必要

・勝つためには、最低でも1600万勝ちの実績か、重賞3着の実績は必要

・芝2400m以上の好走実績は欲しい

・440~479kgの馬体重が活躍

・母父がトニービンの馬は好走する!ダンスインザダーク血統も注意!

・過去にステイヤーズステークスで好走した馬は何度も好走する

 

ステイヤーズステークスの注目馬は?

◎アルバート

このレースを2連覇中のアルバートは、傾向にピッタリ。他の上位人気馬に不安要素がみられるので、信頼してよいかと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です