ジャパンカップ2016のこじはる競馬3連単の予想は?意外な穴馬

スポンサーリンク



2016年のジャパンカップを3連単で的中させたいなら、小嶋陽菜の予想に乗っかってみてはいかがでしょうか?

最近は連敗中ですが、これまでの的中率を考えれば、そろそろ当たるかもしれませんね。

信じるか信じないかは、あなた次第です!

 

うまズキッ番組内容

 

ジャパンカップについて大討論会が行われました。

2回連続で的中させている祥子の本命はリアルスティール。「ムーア騎手とのコンビは海外G1勝ち以来。天皇賞秋からのローテも良い」

小木、安田美沙子は◎ディーマジェスティ。「3歳最強世代の皐月賞を勝った。ただ初の古馬相手にJCで勝てるか不安。」

竹田、井森は◎ゴールドアクター。「グラスワンダーの孫は走る。最終追い切りの内容も非常によかった。春天皇賞はパドックの時点で負けがわかるような出来だった。重馬場のアルゼンチン共和国杯を勝ったように道悪になれば勝利に近づく」

Jr高田は◎キタサンブラック。「1枠1番は3戦3勝。ただ東京芝2400mのダービーで惨敗、逃げ馬は過去10年で逃げ切り勝ちなし」

まいやんのサイン馬券「36回ジャパンカップは三郎(さぶろう)ということで北島三郎のキタサンブラック」

 

ジャパンカップ出走馬

 

東京芝2400m・G1レース。今年は海外からナイトフラワー、イラプト、イキートスの3頭が出走します。

 

東京競馬場の馬場状態

芝の状態:3~4コーナーの内柵沿いに傷みが出始めましたが、全体的には良好な状態です。
芝の草丈:(芝コース)野芝約10~12cm、洋芝約14~18cm
使用コース:Cコース(Aコースから6m外に内柵を設置)

引用JRA: http://www.jra.go.jp/

土曜日の競馬は、芝が良でしたが時計の掛かる馬場状態でした。

芝の内側も結構荒れていて、先行して内を突く馬は伸びず、外からの差しが伸びている感じはします。

日曜日の天気も微妙なのでパンパンの良馬場とはならないと予想されます。

スポンサーリンク

 

ジャパンカップレース展開は?

 

展開を予想してみました。

[逃げ] キタサンブラック

[先行] ゴールドアクター、ワンアンドオンリー、サウンズオブアース、イラプト、ラストインパクト

[差し] リアルスティール、シュヴァルグラン、イキートス、ヒットザターゲット、トーセンバジル、ルージュバック、ビッシュ、ディーマジェスティ

[追い込み] レインボーライン、ナイトフラワー、フェイムゲーム

 

キタサンブラックの武豊は前走の瞬発力勝負で目処を立てたと思うので、どういうペースで行くのか注目されるところ。

ため逃げもできるし、ペースを上げて持続力勝負に持ち込むこともできるタイプなので、ペースがまったく読めません。

あと、過去のジャパンカップ傾向をみてもわかるとおり、ある程度前の方へ行かないと勝てません。

パンパンの良馬場とはならないと予想されるだけに、なおさら前が有利となりそうです。

私の展開予想どおりなら、シュヴァルグランより前までが勝てるポジションということになります。

なので、有力馬のルージュバック、ディーマジェスティは思い切った戦法を仕掛けてくる可能性もあります。

過去のジャパンカップ傾向はこちら!

ジャパンカップ2017の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

2016.11.21

 

ジャパンカップこじはる3連単の予想

 

うまズキッの3連単5頭ボックスなら「だいたい当たる~」のコーナー!

こじはる3連単のジャパンカップ予想は以下のとおりです。

 

◎3 ゴールドアクター

○16 リアルスティール

▲9 ディーマジェスティ

△14 レインボーライン

穴2 ビッシュ

 

以上の60点。

最高配当の組み合わせ(前日オッズ)2⇒14⇒3で76万1020円

レインボーラインまではありえるけど、穴馬にビッシュとは、かなり攻めの予想となりましたね。

 

ジャパンカップの結果

 

こじはる予想は、印をつけた馬が1つも入らないという残念な結果となりました。

1着  1  キタサンブラック

2着  12 サウンズオブアース

3着  17 シュヴァルグラン

 

良馬場とはいえ、雨が降り、時計の掛かる馬場となっていた東京競馬場。

キタサンブラックがスローペースに落として逃げ切り勝ちという結果となりました。

最後は瞬発力勝負となり、逃げたキタサンブラックが上がり3Fを34.7という速いタイムで走ったので、差し馬は届きませんでした。

これはもう完勝でしょう。これ以上ない理想的な勝ち方でした。

サウンズオブアースとシュヴァルグランは馬場の外側を中団から追走し、大外から良い脚を使ったが届かず。前残りの展開で差してこれたのは高い能力の証。

リアルスティールは、前半で脚を使いすぎたのと、最後の直線で外に寄れ過ぎた感じはあるが、力負けでしょう。2000m以下のレースなら勝負になりそうだけど・・

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.