中山競馬場の芝3600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



中山芝3600mのコース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

中山芝3600mのコース特徴

 

・右回りで、内回りコースを2周する

・急坂手前からのスタートとなり急坂を3回上るので、かなりスタミナを要求される

・小回りコーナーを何度も回るので器用なタイプが有利

・最後の直線は約310mと短い

2014年9月の中山開催は改修工事のため中止。エアレーションを導入してクッション性が高くなったのと、水はけが良くなった。2014年12月以降の中山芝コースは以前とは違うので傾向は変わってくると思われます。
エアレーションとは、 地面(馬場)に穴を開けて、地中に空気を入れて芝の成長を促すのが目的。

中山芝3600mで開催される重賞レース

 

ステイヤーズS・G3 3歳上

中山芝3600mで行われているのは、ステイヤーズSのみとなっています。(2016年現在)

 

タイム

 

平均タイム(良馬場で)

 

速いタイムなら、3.43.4くらい。

平均タイムは、3.46.0くらい。

遅いタイムなら、3.48.1くらい。

前半3Fが約37秒台、後半3Fが36秒台、下り坂以外は1ハロンを12秒後半~13秒台のゆっくりとしたペースで刻むことが多い。

35秒前半の上がりを使って勝つパターンが多く、切れる脚は必要なさそうです。

 

コースレコード

 

1994/12/10 ステイヤーズS(G3) エアダブリン(牡3)3:41.6

 

57.5を背負ってエアダブリンが出したタイムがすごい!

ラップをみると、

12.9 – 11.7 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.9 – 12.2 – 13.0 – 12.7 – 13.1 – 13.7 – 12.9 – 11.4 – 11.6 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 12.5

1000m通過が59.3で、2000m戦と間違えているのではと思うようなハイペース・ラップを刻んでいます。

逃げて2着に食い込んだシュアリーウィンも相当すごいと思わせたレースでした。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2011/01/01~2016/11/20までの脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 1 0 6 0.00% 14.30% 14.30%
先行 2 2 1 9 14.30% 28.60% 35.70%
差し 3 2 3 23 9.70% 16.10% 25.80%
追込 0 0 1 21 0.00% 0.00% 4.60%

先行タイプが活躍しています。

差しタイプであっても、前の方へポジションとらないと、なかなか好走できません。

先行馬が総崩れとなるような展開にならないと後ろから行く馬が活躍することはありません。

切れる脚よりも、先行・スタミナが重要です。

 

血統

過去10年で成績が良いのは以下の種牡馬です。

エルコンドルパサー[2 – 1 – 2 – 5]

ネオユニヴァース[2 – 1 – 1 – 1]

ディープインパクト[0 – 3 – 0 – 2]

エルコンドルパサー産駒のトウカイトリックが長年活躍した影響でエルコンドルパサーの成績が良くなっています。

特に母父がトニービンという血統は成績が良いので注意したい。

 

中山芝3600mコースまとめ

 

・基本的に先行馬が優勢だが、2番手~7番手くらいのポジションが活躍しやすい

・高低差が激しくタフなコースなので、パワー&スタミナが要求される

・8回もコーナーをまわるので、器用さも必要

・ステイヤーズSのみ使用される特殊なコースなので、過去にステイヤーズSを好走している馬は要注意

・エルコンドルパサー、ネオユニヴァース産駒や、母父がトニービンという血統が良い

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.