中京競馬場のダート1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

中京ダート1800m
スポンサーリンク



中京ダート1800mと言えばチャンピオンズC・G1ですね。

コース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

中京ダート1800mのコース特徴

 

・左回り

・スタートしてから最初の1コーナーまで約292mと短い

・高低差が3.4mもあり、起伏の激しいコース。3回の上り坂があるタフなコース

・カーブは緩やか

・最後の直線は約411mあり、ダートコースにしてはかなり長い

 

中京ダート1800mで開催される重賞レース

 

東海S・G2 4歳上

チャンピオンズC・G1 3歳上

OPレースにはジュライSなどがある。 

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2012/01/01~2016/11/20(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 中間3F 後半3F
2歳
新馬 2 1.57.0 39 39.7 38.3
未勝利 9 1.56.4 37.8 39.3 39.3
3歳 未勝利 55 1.55.4 37.8 39 38.6
3歳上
4歳上
500万 82 1.54.2 37.7 38.4 38.1
1000万 7 1.52.0 37 37.2 37.8
1600万 2 1.50.9 37.1 36.7 37.1
重賞・OP 10 1.50.7 36.6 36.7 37.4

 

平均ペースの傾向となっています。良馬場なら前半3Fは37秒台といったところ。36秒台ならかなり速い。

1600万クラスからレベルが上り、重賞レース並みのレベルが要求されている。

 

重賞レースの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.7 11.2 12.7 12.4 12.1 12.2 12.5 12.1 12.8

スタート直後に上り坂があるので前半のペースは、そんなに速くならないのですが、重賞レースだとかなり速くなっています。

表の1000m地点から下り坂となっており、ここでペースが上がっていきます。

ラスト2F目(表だと1600m地点)が急坂となっており、ここをMAXスピードで駆け上がり、先行勢はラスト1Fで脚がとまり、後ろから行く馬がどこまで迫れるかという展開となる。

 

コースレコード

2014/07/05(重)白川郷S(1600万下) サトノプリンシパル(牡4)1:48.9

チャンピオンズCが中京ダート1800mになったので、すぐにレコードは塗り替えられそうですね。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2012/01/01~2016/11/20

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 66 50 34 163 21.10% 37.10% 47.90%
先行 123 131 101 576 13.20% 27.30% 38.10%
差し 61 71 96 1147 4.40% 9.60% 16.60%
追込 17 15 36 1164 1.40% 2.60% 5.50%

 

全体的に逃げ・先行が優勢となっています。差しタイプでも、なるべく前のほうにつけたほうが好走しやすいようです。

先行勢が前半飛ばし過ぎると最後の急坂でバッタリ止まって追い込みも決まる可能性は十分あるコース。

特に重賞レースになると、その傾向は強い。

 

血統の傾向

 

2012/01/01~2016/11/20

順位 種牡馬 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率
1 マンハッタンカフェ 15 12 5 73 14.30% 25.70%
2 シンボリクリスエス 15 11 16 137 8.40% 14.50%
3 キングカメハメハ 13 15 14 144 7.00% 15.10%
4 ゴールドアリュール 12 9 10 95 9.50% 16.70%
5 クロフネ 10 9 5 104 7.80% 14.80%
6 ハーツクライ 9 3 7 69 10.20% 13.60%
7 ネオユニヴァース 8 7 10 80 7.60% 14.30%
8 ディープインパクト 8 5 6 56 10.70% 17.30%
9 ゼンノロブロイ 8 4 9 85 7.60% 11.30%
10 ブライアンズタイム 7 10 4 44 10.80% 26.20%

 

中距離の中京ダートが得意なマンハッタンカフェ産駒、道悪のスピード勝負になったらシンボリクリスエスキングカメハメハ産駒、パワーを要するダートが得意なゴールドアリュール産駒には注意したい。

 

中京ダート1800mコースまとめ

 

・3回の上り坂があるタフなコース

・平均ペースの傾向

・スタート直後に上り坂があるので前半3Fの時計はかかる

・逃げ&先行タイプが活躍する。前寄りのポジションにつけた差しタイプも良い。先行勢がオーバーペースになれば追い込みも届く。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.