中京競馬場の芝2000mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



中京芝2000mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

中京芝2000mのコース特徴

 

・左回り

・坂を上るところからのスタート

・高低差3.5mは京都芝外回りコースに次ぐ高低差のあるタフなコース

(直線の坂の勾配は中山の2.24%(最大勾配)に次ぐ2%)

・他の2000mコースのある競馬場と比べて最も時計の掛かるコース

・カーブは緩やか

・向こう正面のラスト1100m地点から最後の直線ラスト300m地点まで下り坂が続く

・最後の直線は約412mと長く、ゴール前に2回目の急坂あり

・波乱含みのコース

 

中京芝2000mで開催される重賞レース

 

愛知杯・G3 4歳上牝

中日新聞杯・G3 4歳上

金鯱賞・G2 3歳上

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2012/03/01~2016/11/13

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 前半1000m 後半1000m 後半3F
2歳
新馬 4 2.06.9 38.6 65.8 61.1 35.4
未勝利 7 2.03.5 36.9 62.4 61.1 36.2
3歳
新馬 5 2.06.1 38.5 64.8 61.3 35.8
未勝利 32 2.03.5 36.7 62.4 61.1 36.2
500万 1 2.03.2 36.1 62.6 60.6 36.7
3歳上
4歳上
500万 50 2.02.7 36.8 62 60.7 36
1000万 14 2.02.4 37.2 62.3 60.1 35.8
1600万 2 2.00.9 37.2 61.8 59.1 35.2
重賞・OP 11 2.00.4 36.5 60.9 59.5 35.4

 

2012年にリニューアルした中京コースは時計の掛かる馬場でしたが、年々、速いタイムが出るように馬場が変化しています。

2016年のタイムを調べると、

500万や1000万クラスなら、2.00.4~2.01.9くらい

重賞なら、1.58.8~1.59.7くらい

のタイムは普通に出る馬場になっています。

以下、中京芝2000mの最近の勝ちタイムです。

 

  • 2016年1月17日(日) 1回中京2日 良 4歳以上1000万 2:01.1
  • 2016年1月23日(土) 1回中京3日 稍重 4歳以上500万・牝馬 2:02.2
  • 2016年1月31日(日) 1回中京6日 重 4歳以上500万 2:03.3
  • 2016年12月3日(土) 4回中京1日 良 金鯱賞(G2) 1:59.7
  • 2016年12月4日(日) 4回中京2日 良 3歳以上500万 2:01.8
  • 2016年12月10日(土) 4回中京3日 良 3歳以上500万・牝馬 2:00.9
  • 2016年12月11日(日) 4回中京4日 良 3歳以上1000万 2:01.9
  • 2016年12月17日(土) 4回中京5日 良 3歳以上500万 2:00.9

 

OP・重賞レースの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.7 11.2 12.6 12.3 12.1 12 12 12 11.4 12.1

後傾ラップでスローペースの傾向となっています。

1000万と1600万クラスになると、前半のペースを落として上がり勝負の傾向が強くなっています。

差しタイプなら、このあたりのクラスで活躍しそうです。

 

コースレコード

 

2016/07/17 シンガポールTC賞(1000万下) パドルウィール(牡5)1:58.4

 

レコードを出したのが重賞ではなく、1000万下というところがすごい。

13.0 – 11.3 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.8 – 11.8 – 11.2 – 12.1

前半のペースが速かったわけでもなく、最初から最後までペースを緩めていません。

このペースを2番手で圧勝したわけで、持続力勝負となれば相当強い馬ですね。

 

2016年の中京コースは全体的にレコードの塗り替えが多かったことを考えると、年々高速馬場へ変化しているとみてよさそうです。

中京コースに関しては、2012年改修後から2014年あたりまでの時計の掛かる馬場のデータは、あてにならないかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2012/03/01~2016/11/13の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 25 12 17 136 13.20% 19.50% 28.40%
先行 47 55 55 446 7.80% 16.90% 26.00%
差し 82 80 76 777 8.10% 16.00% 23.50%
追込 17 24 24 726 2.20% 5.20% 8.20%

 

逃げ馬なら新馬・未勝利が狙い目です。

クラスが上がると差しタイプが優勢となります。

 

血統の傾向

2012/03/01~2016/11/13

順位 種牡馬 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率
1 ディープインパクト 25 25 21 127 12.60% 25.30%
2 ハーツクライ 15 16 13 112 9.60% 19.90%
3 キングカメハメハ 15 12 7 83 12.80% 23.10%
4 ステイゴールド 13 5 12 119 8.70% 12.10%
5 マンハッタンカフェ 9 12 9 89 7.60% 17.70%
6 ゼンノロブロイ 7 5 4 66 8.50% 14.60%
7 シンボリクリスエス 6 4 7 72 6.70% 11.20%
8 フジキセキ 6 4 2 29 14.60% 24.40%
9 ハービンジャー 5 5 9 40 8.50% 17.00%
10 ジャングルポケット 4 3 9 85 4.00% 6.90%

ディープインパクト産駒が活躍してますが人気になりやすく馬券的には・・。

注目はキングカメハメハ産駒。中京芝コースは最も得意としているコースです。特に中距離のほうがパフォーマンスが良いので中京芝2000mはベストコースです。得意なコースなのに人気があまりないので狙い目です。

 

中京芝2000mコースまとめ

 

・急坂を2回上るタフなコース。他の2000mコースのある競馬場と比べて最も時計の掛かるコース

・後傾ラップでスローペースの傾向

・新馬・未勝利は逃げタイプ、1000万と1600万クラスは差しタイプが活躍しやすい

・キングカメハメハ産駒がおいしい

・波乱含みのコース

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.