9月4日のWIN5予想!新潟記念や小倉2歳Sは何が来る?

スポンサーリンク



SUMMER WIN5も今回がラストで夏競馬も終わりますね。

なんだか訳もなく寂しい気持になります。

前回のWIN5の結果は、4-2-3-2-2人気の決着で902,120円。

WIN5って本当に難しい!

100点くらい買っても第1戦で即敗退するというのはつらい!

どうせ負けるなら、せめて第1戦と第2戦までは的中して一瞬でも喜んでから負けたいと思うのは私だけでしょうか?

 

第1戦 札幌11R 丹頂ステークス

 

15:25発走

3歳上・オープン 札幌芝2600m ハンデ

 

展開は、ヤマカツライデンが逃げてサムソンズプライド、タマモベストプレイ、ウインインスパイア、ジャングルクルーズ、プレストウィックが先行する形でしょうか。

 

札幌コースなので、やはり前のほうへ行ける馬を狙いたい。

ただ、ヤマカツライデンは初の札幌で不安だし、ハイペースで逃げてバテそう。

 

サムソンズプライドは札幌で全く走らないし、タマモベストプレイは前走、得意な札幌で着外になるあたり衰えが見え始めてきました。

 

本命◎プレストウィック

 

最近の4走は「差し」で好走してきたが、コース・展開に合わせて先行もできるタイプなので、ある程度前につけることはできると思う。

函館で好走しているように洋芝適正はあるし、連勝して勢いがあるのに斤量1kg減の54kgはハンデに恵まれたと思う。

前走と同じくルメール騎手なのも心強い。

その他、札幌が得意なジャングルクルーズ、先行力と53kgハンデが魅力のウインインスパイアまでおさえ。

 

◎プレストウィック

○ウインインスパイア

▲ジャングルクルーズ

△ヤマカツライデン

–タマモベストプレイ

 

 

第2戦 小倉11R 小倉2歳ステークス

 

15:35発走

2歳・G3 小倉芝1200m 馬齢

 

こちらの関連記事をもとに予想してみました。

小倉2歳S2016の傾向は?予想に迷ったあなたへ消せる馬や好走する条件を暴露!

 

先行有利な小倉芝1200mということで、どの馬が前に行きそうなのか予想してみました。

まずは、前半3Fラップ比較から。

小倉より福島のほうが時計が掛かるのを考慮に入れると以下の順でテンのスピードがあるとみました。

 

1.カシノマスト [11.5 – 10.2 – 11.1]小倉を逃げ

2.クインズサリナ [11.5 – 10.2 – 11.1]小倉を2番手追走

3.ナムラアイドル [11.5 – 10.2 – 11.1]小倉を3番手追走

4.シゲルベンガルトラ[11.6 – 10.1 – 11.1]小倉を3番手追走

5.ドリームアロー[12.1 – 10.5 – 11.5]小倉を逃げ

6.ダイイチターミナル[12.5 – 10.6 – 11.3]福島を2番手追走

7.メイソンジュニア[12.1 – 10.6 – 11.7]小倉を逃げ

8.レーヌミノル[12.1 – 10.4 – 11.1]小倉を3番手追走

9.テイエムヒッタマゲ[12.1 – 10.6 – 11.2]小倉を2番手追走
枠順を考慮に入れると、こんな展開になるのではないでしょうか。

 

3-(5,15)-(6,7,11)-(1,2,4)-14-(10,12,13)-(8,9)
過去の傾向から、消したい馬と買いたい馬を振り分けてみました。
前走負けている馬は消し⇒ナムラアイドル、ドゥモワゼル、テイエムヒッタマゲ

連闘でギリギリ勝ちは消し⇒ビーカーリー

先行有利⇒カシノマスト、クインズサリナ、ドリームアロー、シゲルベンガルトラ、メイソンジュニア

もまれない位置は有利⇒レーヌミノル、キョウヘイ

タイム優秀⇒レーヌミノル、カシノマスト、クインズサリナ、シゲルベンガルトラ、キョウヘイ

 

疲労が心配なカシノマストよりもフレッシュな馬を狙いたいと思います。

◎レーヌミノル

○クインズサリナ

–カシノマスト

–シゲルベンガルトラ

–メイソンジュニア

スポンサーリンク

 

第3戦 新潟11R 新潟記念

 

15:45発走

3歳上・G3 新潟芝2000m ハンデ

 

こちらの関連記事をもとに予想してみました。

新潟記念2016の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

 

まず、過去の傾向から消したいのは、芝1800m~2000mの重賞連対経験のない馬。

 

バーディーイーグル、ルミナスウォリアー、マイネルディーン、ロンギングダンサー、サトノギャラント、エーシンマックス、ムスカテール、アデイインザライフ、エキストラエンド

 

※ムスカテールは2400m以上の重賞勝ち経験はある

 

4歳~7歳は活躍⇒アロマカフェ9歳、メイショウナルト8歳、ダコール8歳

 

57.5kg以上のハンデは軽視⇒マイネルミラノ、アルバートドック、ダコール

 

現時点で残った馬は、以下のとおり。

ベルーフ、マジェスティハーツ、ファントムライト、クランモンタナ

この中で新潟芝の連対率5割を超えるような新潟コースに強い馬は、ファントムライトのみ。

クランモンタナは新潟記念2着の実績はある。

 

「急カーブ(小回り)」「平坦」「最後の直線が短い」という特徴をもつコースで差しか追い込みで好走した馬は、以下のとおり。

 

ベルーフ:小倉記念を追い込んで2着した脚はすごかった。新潟コースなら持ち味がいきそう。

ファントムライト:福島記念は重馬場でしたが追い込んで3着。

 

ハンデが重くて軽視したが、気になるのはアルバートドック。

新潟の実績はありませんが、七夕賞(福島)や小倉大賞典で、短い直線をものすごい脚で差し切った能力は相当なもの。

 

◎ベルーフ

○アルバートドック

▲クランモンタナ

△ファントムライト

–ダコール

–マイネルミラノ

 

 

第4戦 小倉12R 3歳上500万下

 

16:15発走

小倉芝2600m 定量

 

ハイドロフォイルかヴァーサトルが逃げてマイネルフレスコ、キネオワールド、アンシャックルドが先行する展開かな。

無理して飛ばしていくような馬はいないのでスローペースからの前残りに警戒したいと思います。

ヴァーサトルは、すでに同じコースを勝っているし先行力が魅力です。

先行脚質に変更して成績が安定してきたマイネルフレスコまでおさえ。

 

◎ヴァーサトル

○マイネルフレスコ

–キネオワールド

–ハイドロフォイル

–マイネルレオーネ

–チャパラ

 

第5戦 新潟12R 雷光特別

 

16:30発走

3歳上・500万下 新潟芝1000m 定量

 

前走初めての1000mで短距離の適正を見せたイオラニに期待したい。デムーロに乗り替わりで勝負気配。

◎イオラニ

○ピュアリーソリッド

▲グリーンバシリスク

–ワラッチャオ

–ハイデンガールズ

–オレンジガール

 

以上の192点です。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.