東京スポーツ杯2歳S2017の傾向は?好走条件に合う注目馬は?

スポンサーリンク



2017年東京スポーツ杯 2歳ステークスの傾向を過去10年のデータを分析して調べてみました。

 

東京スポーツ杯 2歳ステークスはどんなレース?

 

東京スポーツ杯 2歳ステークス(東スポ杯 2歳S)は東京芝1800・G3で行われる2歳限定戦です。

朝日杯フューチュリティステークスのステップレースになっていますが、何と言ってもこのレースは出世レースとして有名です。

過去の優勝馬には、イスラボニータ(皐月賞勝ち)、ディープブリランテ(ダービー勝ち)、サダムパテック(マイルCS勝ち)、ローズキングダム(朝日杯FS、JC勝ち)など・・・

東スポ杯 2歳Sの勝ち馬から未来のG1ホースがあらわれるかもしれないので大注目です。

 

コース特徴はこちらの記事を見てね

東京競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.02

 

東京スポーツ杯 2歳ステークスの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率 単勝
回収値
逃げ 0 0 1 14 0.00% 0.00% 6.70% 0
先行 4 2 0 26 12.50% 18.80% 18.80% 41
差し 3 4 6 36 6.10% 14.30% 26.50% 127
追込 3 4 3 34 6.80% 15.90% 22.70% 42

逃げタイプ以外は活躍していますが、逃げがダメということはないと思います。2005年のフサイチリシャールは逃げ切り勝ちしてますからね。

過去10年のレースで、単騎で最後まで逃げたパターンは意外と少ないことも影響していると思います。

データ的には先行タイプが優勢のようです。

ただ近年の傾向としては決め手を活かす脚質タイプが来ています。馬券的においしいのは差しタイプです。

あと、人気馬の差し・追い込みタイプは期待を裏切りやすいけど、人気馬の先行タイプは信頼度が高い傾向があります。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝ちタイム 前半3F 中間3F 後半3F 1着 2着
2016 稍重 1.48.3 36.1 37.1 35.1
2015 1.49.5 36.9 38.9 33.7
2014 1.47.9 35.4 37.6 34.9
2013 1.45.9 35.8 35.7 34.4
2012 1.46.0 35.1 36.4 34.5
2011 不良 1.52.7 37.5 39.3 35.9
2010 1.47.3 36.2 35.9 35.2
2009 1.48.2 36.2 37.6 34.4
2008 1.47.7 35 38.4 34.3
2007 1.47.4 35.2 37 35.2
2006 1.48.7 36.6 37.8 34.3

 

全体的にスローペースの展開で瞬発力勝負となる傾向となっています。

前半3Fは速くなっても35秒前半くらいだし、中間地点でペースは確実に落ちるので、大抵最後の上り3F勝負となります。

過去の勝ち馬の上りをみると、不良だった2011年を除き、上り3Fが最も遅い馬でも34.2秒でした。

以下、参考までラップデータです。

 

枠の傾向は?

1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率
1 4 0 2 6 33.30% 33.30%
2 0 2 0 14 0.00% 12.50%
3 0 0 2 15 0.00% 0.00%
4 1 0 1 16 5.60% 5.60%
5 0 1 2 15 0.00% 5.60%
6 2 0 2 15 10.50% 10.50%
7 2 1 1 16 10.00% 15.00%
8 1 6 0 14 4.80% 33.30%

ここ数年では、1枠の好走が目立ちます。

もまれにくい外枠の好走率も高いようです。

 

人気の傾向は?

人気 1着 2着 3着 勝率 連対率
1 4 2 1 40.00% 60.00%
2 2 1 0 20.00% 30.00%
3 0 4 0 0.00% 40.00%
4 2 2 1 20.00% 40.00%
5 0 0 2 0.00% 0.00%
6 0 0 1 0.00% 0.00%
7 0 0 2 0.00% 0.00%
8 0 0 0 0.00% 0.00%
9 2 0 2 20.00% 20.00%
10 0 1 0 0.00% 10.00%
11 0 0 0 0.00% 0.00%
12 0 0 1 0.00% 0.00%
13-17 0 0 0 0.00% 0.00%

データの少ない2歳戦の割には、1人気の信頼性は高い

1人気~3人気が全滅したことはないので、もし1人気をバッサリ切っても2人気か3人気は3連系の馬券に組み込みたい。

ちなみに、人気薄が来たときの脚質で多いのは、差し・追い込みタイプです。

有力馬をマークしながら追い出しのタイミングをはかれるので好走しやすいようです。

 

 

スポンサーリンク

 

過去実績の傾向は?

 

OPまたは重賞レースで連対経験がある馬が出走したのが、過去10年で31頭いて、そのうちの11頭が東京スポーツ杯 2歳ステークスで1着~3着に来ており、約1/3が来ている計算になります。

たとえ新馬勝ちのみであっても、レース内容に光るものがあれば好走するので、あまりレースの格に惑わされないほうが良いかもしれません。

 

東京スポーツ杯 2歳ステークスの傾向まとめ

 

・人気馬の先行タイプは好走する

・脚質に関係なく、決め手上位の馬は好走する

・全体的にスローペースの展開で瞬発力勝負となる傾向あり

・全体的には外枠に好走傾向がありますが、近年では1枠の好走が目立ちます

・1人気の信頼性は高い

・人気薄の差し・追い込みタイプに要注意

 

東京スポーツ杯 2歳ステークスの注目馬は?

◎ワグネリアン

1人気になりそうなワグネリアンは、先行しても差しても良いタイプで少頭数なら枠順も関係なさそう。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です