11月13日のWIN5予想!エリザベス女王杯は何が来る?

スポンサーリンク



先週11/6のアルゼンチン共和国杯(シュヴァルグラン)絡みのWIN5は、1⇒2⇒6⇒2⇒4人気で 303,890円という人気よりの結果でした。

最近、堅い決着が続いているので、そろそろ人気薄の馬が来るかな?

今週はエリザベス女王杯&ハンデ戦が3レースあるので波乱の予感がします。

予想印 – – は当日に買い目を増やすかもしれないことを意味します。

 

第1戦 東京10R 奥多摩S

14:50発走 3歳上・1600万下 芝1400m 定量

 

奥多摩Sは牝馬が全く来ない傾向がありエルゴレアは軽視。

とにかく4歳馬の差しタイプが最も活躍するレースです。

グランシルクしかないと思う。

 

◎グランシルク 1着

 

第2戦 京都10R 修学院S

15:00発走 3歳上・1600万下 芝2000m ハンデ

 

リスペクトアースとグッドスピリッツは、どちらも逃げないと持ち味が活かせないタイプなので、スローペースにはならないか。

持続力勝負に近い展開になるとみた。

タイプ的に合いそうなのが、クラウディオス、ストロングタイタン、シャドウウィザード、ブレイクザポケットの4頭。

ハンデ戦なので、もし、クラウディオスやストロングタイタンが人気になるようなら、ブレイクザポケット、シャドウウィザードを上位に評価したい。

 

◎ブレイクザポケット

○シャドウウィザード

▲クラウディオス

△ストロングタイタン 1着

 

 

第3戦 福島11R 福島記念

15:20発走 3歳上・G3 芝2000m ハンデ

福島記念2017の傾向は?ハンデ何kgの馬が好走しやすい?

2016.11.09

とにかく逃げないとダメな馬がマルターズアポジーとマイネルハニー。

どちらもタメ逃げができないタイプなので、この2頭がハイペースな展開を作りそうです。

ハナをどちらも譲らないようなら共倒れとなりそうですが、もしこの2頭が折り合いがつくようなら「行った行った」の決着となるかもしれません。

持続力勝負となりそうなので、速いペースを先行してしぶとく粘れる馬が狙い目とみました。

マルターズアポジーは福島コースに実績があるし、内枠を引いたのも大きいので逃げるとしたらこの馬か?

マイネルハニーは2番手うまく折り合えたら前残りの可能性は充分ある。実績も加味すると、この馬を本命にしたい。

持続力勝負となった福島民報杯で快勝したシャイニープリンスは気になりますね。ただ56.5kgのハンデはもらいすぎ。

想定しているペースよりも遅くなるようならゼーヴィントが突き抜けそうです。

 

◎マイネルハニー

○シャイニープリンス

– – ゼーヴィント 2着

– – マルターズアポジー 1着

– – ダイワドレッサー 3着

 

 

第4戦 東京11R オーロカップ

15:30発走 3歳上・オープン 芝1400m ハンデ

 

過去の傾向から、33秒台の末脚が使える差し・追い込みタイプが狙い目です。

1400mでの破壊力抜群のアットザシーサイド、前走を33秒台の末脚で勝ったヴェルステルキングは斤量2kg減が魅力。

 

◎アットザシーサイド 3着

○ヴェルステルキング

 

スポンサーリンク

 

第5戦 京都11R エリザベス女王杯

15:40発走 3歳上・G1 芝2200m 定量

エリザベス女王杯2017の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

2016.11.07

逃げ馬不在のエリザベス女王杯。一見スローな展開を予想しがちですが、過去のエリザベス女王杯の傾向をみると、そうならない可能性が高いと思う。

前のほうへポジションを取りそうなのが、プリメラアスール、シングウィズジョイ、シャルール、パールコード、クイーンズリング、マキシマムドパリあたりか。

結構、前を意識した馬が揃っているので、先行争いが激しくなり、持続力勝負の展開になる可能性はあります。

持続力勝負で実績を残しているマリアライトとミッキークイーンのどちらかで決まると思う。

 

◎マリアライト

○ミッキークイーン 3着

– – クイーンズリング 1着

 

WIN5は、以上、計32点の予想です。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です