福島記念2017の傾向は?ハンデ何kgの馬が好走しやすい?

スポンサーリンク



2017年福島記念の傾向を過去10年のデータを分析して調べてみました。

 

福島記念はどんなレース?

福島記念は福島芝2000mで行われるG3のハンデ戦です。

過去の勝ち馬をみて分かるとおり、出世レースではありません。

重賞をあまり勝てないけど福島コースでハンデなら、もしかして・・・という馬たちの戦いとなります。

 

福島記念の脚質の傾向は?

 

 

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 0 1 10 8.30% 8.30% 16.70%
先行 6 4 1 32 14.00% 23.30% 25.60%
差し 1 5 7 45 1.70% 10.30% 22.40%
追込 2 1 1 43 4.30% 6.40% 8.50%

先行馬が大活躍しています。

とにかく、切れる脚よりも、前に行ってしぶといタフな馬が好走します。

ただ、展開次第では、差し・追い込みにも警戒は必要です。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝ちタイム 前半3F 前半1000m 後半1000m 後半3F 1着 2着
2016 2.00.8 35.6 61 59.8 35.9 まくり
2015 2.02.5 35.3 60.3 62.2 37.7
2014 1.58.1 34.8 59.4 58.7 34.7
2013 1.57.3 33.7 57.5 59.8 34.9
2012 稍重 1.59.5 34.8 59.9 59.6 35.1
2011 1.59.1 35.5 59.4 59.7 34.6
2010 1.58.9 35.4 59 59.9 35.6
2009 1.58.6 34 57.5 61.1 36.4
2008 2.00.1 34.9 59.1 61 36.4
2007 2.00.6 35.7 59.6 61 36.5
2006 2.03.9 35.6 60.4 63.5 38.1

ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
2016 12.3 11.3 12 12.8 12.6 12.1 11.8 11.6 11.5 12.8
2015 12.4 11.1 11.8 12.2 12.8 12.4 12.1 12.6 12 13.1
2014 11.8 11.1 11.9 12.3 12.3 12.2 11.8 11.7 11.2 11.8
2013 12 10.9 10.8 11.7 12.1 12.6 12.3 11.6 11.2 12.1
2012 12 11.3 11.5 12.5 12.6 12.7 11.8 11.8 11.3 12
2011 12.5 11 12 11.9 12 12.8 12.3 11.6 11.1 11.9
2010 12 11.1 12.3 11.6 12 12.6 11.7 12.1 11.7 11.8
2009 11.8 11.1 11.1 11.6 11.9 12.3 12.4 12.4 11.6 12.4
2008 12.1 11.3 11.5 12.1 12.1 12.3 12.3 12 11.6 12.8
2007 12.3 11.5 11.9 11.9 12 12.4 12.1 12.1 11.7 12.7
2006 12.3 11.2 12.1 12.2 12.6 12.8 12.6 12.4 12.4 13.3

ラップデータを見ると、全体的にゆるむことなく速いラップを刻んでいく展開となりやすいことがわかります。

2011年は新潟競馬場
前傾ラップでハイペース傾向となっています。スローペースになることは、まずありません。

福島コースの特性上、そんな展開でも前に行った馬が持ちこたえるケースが多い。

コース特徴はこちらの記事を見てね

福島競馬場の芝2000mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.11.04

 

年齢の傾向は?

年齢 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率 単勝
回収値
3歳 3 2 2 10 17.60% 29.40% 41.20% 163
4歳 3 1 2 14 15.00% 20.00% 30.00% 147
5歳 1 4 2 36 2.30% 11.60% 16.30% 11
6歳 2 2 2 35 4.90% 9.80% 14.60% 43
7歳 0 1 1 24 0.00% 3.80% 7.70% 0
8歳~ 1 0 1 11 7.70% 7.70% 15.40% 495

高齢馬でも活躍できるレースとなっています。

3歳と4歳の単勝が狙い目ですね。

4歳以上の牝馬の成績は[ 0 – 0 – 1 – 17 ]とかなり成績が悪い。

 

福島記念の過去実績の傾向は?

 

2010年のダンスインザモア(8歳)を除く福島記念1着~3着までの馬は、5走前までに3着以内の実績があったので、近走負けすぎている馬はさすがに厳しいか。

福島記念勝ち馬のほとんどにG2連対実績がありました。さすがにG2レベルで好走していると軽視できないということでしょうか。

G3連対経験馬は数多くいますが、思ったほど成績は良くありません。大抵がローカルのG3レベルなので、さほど実力がないのにハンデが重くなると少し厳しい。

逆に重賞未連対で1000万か1600万を勝ち上がってきた好調馬は、ハンデに恵まれることが多く、2着・3着に好走している傾向がみられます。

あと、意外なところでは、ダートで好走した馬も、たまに激走することがあります。切れる脚が不要な展開となりやすいことが影響していると思われます。

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

 

1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1 2 3 2 12 10.50% 26.30% 36.80%
2 2 0 3 15 10.00% 10.00% 25.00%
3 4 0 0 16 20.00% 20.00% 20.00%
4 0 1 0 19 0.00% 5.00% 5.00%
5 2 2 0 16 10.00% 20.00% 20.00%
6 0 1 1 18 0.00% 5.00% 10.00%
7 0 3 1 17 0.00% 14.30% 19.00%
8 0 0 3 17 0.00% 0.00% 15.00%

内枠の好走率が高いようです。脚質に関係なくインコースをキープしやすい内枠の馬が活躍しやすい。

(新潟開催だった2011年は内枠が来ていません)

 

人気の傾向は?

人気 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率
1 2 3 1 20.00% 50.00% 60.00%
2 1 1 1 10.00% 20.00% 30.00%
3 1 1 2 10.00% 20.00% 40.00%
4 0 0 1 0.00% 0.00% 10.00%
5 1 1 0 10.00% 20.00% 20.00%
6 1 0 1 10.00% 10.00% 20.00%
7 2 1 1 20.00% 30.00% 40.00%
8 1 1 0 10.00% 20.00% 20.00%
9 0 0 1 0.00% 0.00% 10.00%
10 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%
11 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%
12 1 0 1 10.00% 10.00% 20.00%
13 0 1 0 0.00% 10.00% 10.00%
14 0 0 1 0.00% 0.00% 10.00%
15 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%
16 0 1 0 0.00% 12.50% 12.50%
17 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%
18 0 0 0 0.00% 0.00% 0.00%

ハンデ戦らしく波乱傾向のレースとなっています。

馬体重の傾向は?

馬体重 1着 2着 3着 4着
以下
合計 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 1 0 0 4 5 20.00% 20.00% 20.00%
440~459kg 0 0 2 15 17 0.00% 0.00% 11.80%
460~479kg 1 1 6 29 37 2.70% 5.40% 21.60%
480~499kg 2 7 2 47 58 3.40% 15.50% 19.00%
500~519kg 4 2 0 23 29 13.80% 20.70% 20.70%
520~539kg 2 0 0 10 12 16.70% 16.70% 16.70%
540~kg 0 0 0 2 2 0.00% 0.00% 0.00%

出走数が少ない割には成績が良いのが、500~519kgの馬体重の馬。

この偏りは無視できない数字です。

 

血統の傾向は?

 

福島芝2000mで良く走るのが、スタミナ・パワー系の血統です。

ジャングルポケット、ステイゴールド、キングカメハメハのような産駒が活躍しやすいコースです。

ディープインパクト産駒のような瞬発力勝負タイプは成績が悪いようです。

 

ハンデの傾向は?

 

ハンデの傾向を調べてみました。

  • 58kg[ 0 – 1 – 0 – 3 ]
  • 57.5kg[ 1 – 1 – 1 – 5 ]
  • 57kg[ 1 – 0 – 1 – 19 ]
  • 55,56kg[ 4 – 4 – 3 – 51 ]
  • 54kg[ 2 – 2 – 1 – 21 ]
  • 53kg[ 0 – 1 – 1 – 15 ]
  • 52kg[ 0 – 0 – 3 – 7 ]
  • 51kg[ 2 – 1 – 0 – 8 ]

 

51kgと57.5kgの好走率が高い。とにかくこの2つのレンジがハンデに恵まれていることは間違いない。

特に51kgハンデに注目したい。

51kgで連対した3頭はすべて3歳馬でした。51kgで凡走した8頭中、4頭が5歳以上の牝馬だったので、狙いは51kgの3歳馬ということになります。

逆に期待を裏切っているのが、52,53,57kgという結果になっています。

 

福島記念の傾向まとめ

 

・ハイペース傾向

・先行タイプの好走が目立つ

・高齢馬でも活躍できるレースだが、単勝でおいしいのは3歳と4歳

・4歳以上の牝馬は軽視

・勝ち馬に多いのがG2連対実績ありの馬。G3連対実績までの馬は意外と凡走しやすい。

・内枠の好走率が高い

・波乱傾向のレース

・500~519kgの馬体重の好走率が高い

・スタミナ・パワー系の血統が良い

・51kgの3歳馬と57.5kgのハンデは好走率が高い

 

福島記念の注目馬は?

◎ウインブライト

G2の連対馬はウインブライトスズカデヴィアスしかいません。近走で負けていますが、G1や古馬相手のレースでした。実績上位でハンデ54kgは恵まれているし、活躍する傾向のステイゴールド産駒というのも良い。

内枠の好走率が高いレースなので、2枠に入ったのは好材料。

スズカデヴィアス

実績上位でハンデ56kgは恵まれているし、キングカメハメハ産駒なのもよい。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です