札幌2歳ステークス2016の傾向は?好走条件ピッタリの注目馬は?

スポンサーリンク



2016年札幌2歳ステークスの傾向を調べてみました。

好走条件ピッタリの注目馬が見つかったので、ご紹介したいと思います。

 

札幌2歳ステークスはどんなレース?

 

札幌2歳ステークスは2歳限定、札幌芝1800mのG3レースです。

札幌コースは洋芝なのでパワーが要求されるけど、クッションの役目となり脚元への負担を減らすコースとなっています。

成長途上の2歳馬ですから骨折するリスクを避けて札幌芝を選ぶのは良い選択ですね。

過去の札幌2歳S勝ち馬には、レッドリヴェール(阪神JF勝ち)、ロジユニヴァース(ダービー勝ち)などクラシックでも活躍する馬を輩出しているレースとなっています。

ゴールドシップは、このレースで負けたけど皐月賞で勝ちましたよね。

やはり将来のクラシックをねらうには1800mという距離を克服しなければなりません。

将来有望な馬たちが集結するレースでもあり、注目の一戦となるレースでもあります。

 

札幌2歳Sの脚質の傾向は?

 

まずは、過去10年の脚質データから。

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 1 1 10 0.00% 8.30% 16.70%
先行 5 6 5 18 14.70% 32.40% 47.10%
差し 4 2 4 45 7.30% 10.90% 18.20%
追込 1 1 0 34 2.80% 5.60% 5.60%

 

最後の直線が短く平坦なコースということもあり、先行タイプが圧倒的な好成績を残しています。

特に人気になった先行馬はかなりの確率で好走する傾向がみられます。

 

過去10年のデータ(2013年は函館開催)で調べると、4コーナーで5番手以内にいた1人気~3人気の成績は、19頭中、8頭が勝っています。

勝率42.1%、連対率57.9%、複勝率68.4%という好成績を残しています。

 

別の見方をすれば、過去10年で毎年、先行タイプの馬は連対していますし、4コーナーで5番手以内にいた馬は10回中8回勝っていて、勝った8頭はすべて1人気~3人気でした。

前に行ける馬がわかれば的中に一歩近づくのは間違いありません。

スポンサーリンク

 

前走の傾向は?

 

2013年(函館開催)を除く過去10年の札幌2歳S 1着、2着だった馬の前走を調べてみました。

 

データ

 

2015年

1着:新馬、函館、芝1800m、1着0.4差

2着:新馬、札幌、芝1800m、1着0.3差

2014年

1着:新馬、東京、芝1600m、1着0.2差

2着:新馬、福島、芝1800m、1着0.2差

2012年

1着:新馬、札幌、芝1800m、1着0.4差

2着:OP、札幌、芝1800m、1着0.1差

2011年

1着:未勝利、札幌、芝1800m、1着1.3差

2着:OP、札幌、芝1800m、1着0.1差

2010年

1着:未勝利、札幌、芝1800m、1着0.6差

2着:新馬、阪神、芝1600m、1着0.6差

2009年

1着:OP、札幌、芝1500m、1着0.2差

2着:新馬、札幌、芝1800m、1着0.1差

2008年

1着:新馬、阪神、芝1800m、1着0.1差

2着:OP、札幌、芝1800m、2着0.0差

2007年

1着:未勝利、札幌、芝1800m、1着0.0差

2着:新馬、札幌、芝1800m、1着0.1差

2006年

1着:OP、札幌、芝1800m、1着0.6差

2着:新馬、札幌、芝1500m、1着0.0差

 

考察

 

前走がOP戦で2着、3着というような中途半端な成績よりも、前走勝ちしている馬のほうが好走しています。

馬券の軸は前走勝ち馬から見つけたいところです。

 

やはり本番と同じ1800mという距離を勝った経験のある馬が多いですね。

 

あと、洋芝適正という点も大きなポイントとなります。

函館や札幌コースのみ洋芝100%となっており、他の競馬場と違いパワーが要求されます。

そのため、函館や札幌の洋芝コースで勝った実績は好材料となります。

 

タイムの傾向は?

 

札幌2歳ステークス勝ち馬のタイム

 

2015年 稍重 1.50.8

2014年 良 1.50.0

2012年 良 1.48.5(コディーノ)

2011年 稍重 1.50.8

2010年 良 1.49.8

2009年 良 1.49.7

2008年 良 1.49.1(ロジユニヴァース)

 

ペースなどの影響を受けますから、タイムが遅いから弱いということにはなりませんが、良いタイムを出した馬は将来が楽しみな一頭となりますね。

 
走破タイムの目安を調べました。(良馬場の場合)

予想の参考にしていただければ幸いです。

 

札幌芝1800m、新馬(1戦目)の走破タイム

 

1.53.x⇒普通レベル(楽勝しているなら見込みあり)

1.52.4より速い⇒見込みあり

1.51.x⇒優秀

 

札幌芝1800m、未勝利(2戦目以降)の走破タイム

 

1.51.6以上⇒普通レベル(楽勝しているなら見込みあり)

1.50.5~1.51.0⇒見込みあり

1.50.4より速い⇒優秀

 

札幌芝1800m、OPの走破タイム

 

1.50.5~1.51.0⇒普通レベル(楽勝しているなら見込みあり)

1.49.x⇒優秀

 

傾向まとめ

 

・前走負けている馬はおさえまで

・4コーナーで5番手以内にポジションをとれる馬は、圧倒的に有利!

・洋芝適正があれば、なお良し

・前走、札幌、芝1800mを勝っている馬は要注意!

 

傾向から注目馬を紹介!

 

タガノアシュラ

前走の函館芝1800m・新馬を逃げ切り勝ち。最後も余裕を見せて1.49.9のタイムは大物感たっぷり!

洋芝適正、先行力があり、最も注目したい1頭です。

 

アドマイヤウイナー

前走の函館芝1800m・新馬を先行して1.50.8のタイムで勝った。

インコースの中団で進み4コーナーで窮屈なところから反応よく抜け出した。

岩田騎手とのコンビで出れるのもいいですね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です