福島競馬場の芝2000mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



福島芝2000mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

福島芝2000mのコース特徴

 

・右回りコース

・スタート後の直線は約505mと長い

・カーブはきつめで4つのコーナーを回る

・3~4コーナーにスパイラルカーブがある

通常、カーブでスピードが落ちるが、スパイラルカーブは下りながらカーブを曲がるので、曲線部分でもスピードが落ちにくい。

・最後の直線は290mと短い

・ゴール前の緩やかな上り坂を含めて3回の上り坂があり、そこそこスタミナを要求される

・内枠から中枠に好走傾向あり

・波乱含みのコース

 

福島芝2000mで開催される重賞レース

 

七夕賞・G3 3歳上

福島記念・G3 3歳上

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2011/01/01~2016/10/30のタイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 前半1000m 後半1000m 後半3F ペース
3歳 未勝利 35 2.01.7 35.1 60.4 61.3 36.4 M(-0.9)
3歳上
4歳上
500万 49 2.00.4 35.3 60.5 60.1 35.7 M(+0.4)
1000万 4 1.59.9 35.9 60.9 59.1 35.2 S(+1.8)
重賞・OP 10 1.58.4 34.5 58.8 59.5 35.6 M(-0.7)

 

最初の直線が長いこともあり、前半のペースはかなり速くなる傾向があります。

他の競馬場と比べても一番速いタイムとなっています。
以下、2000mのOP・重賞レースにおける前半3Fの平均タイム比較です。

  • 福島34.5
  • 小倉34.7
  • 函館35.0
  • 札幌35.2
  • 新潟35.8
  • 中山、東京36.0
  • 阪神36.2
  • 中京36.5
  • 京都36.7

 

OP・重賞の平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.2 11.1 11.3 12.1 12.2 12.1 11.8 11.8 11.6 12.2

 

福島芝2000mは前半3Fのタイムが速くなりがちですが、1コーナーと2コーナーの急カーブでペースダウンするので、2000m全体でみれば平均ペースの傾向となってます。

持続力勝負となる傾向があります。

 

コースレコード

 

2013/11/17 福島記念(G3) ダイワファルコン(牡6)1:57.3

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2011/01/01~2016/10/30の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 29 8 15 110 17.90% 22.80% 32.10%
先行 69 66 53 311 13.80% 27.10% 37.70%
差し 34 52 53 577 4.80% 12.00% 19.40%
追込 5 11 17 583 0.80% 2.60% 5.40%

 

逃げ・先行が活躍しています。

切れる脚がなくても、前の方で競馬ができてしぶといタイプが好走します。

持続力勝負となる展開で最後の直線が短いとあっては、追い込みタイプが活躍することはないでしょう。

 

血統の傾向

 

瞬発力勝負が得意なディープインパクト産駒の成績が悪く、逆に持続力勝負が得意な、ステイゴールド、ジャングルポケット、キングカメハメハ産駒が好成績を残しているのもうなずけます。

注目は新種牡馬コンデュイット。Kジョージ6世&QESを勝っているのでタフなコースもこなせそうだし、BCターフを勝っているので平坦小回りのスピードコースもこなせそう。

 

福島芝2000mコースまとめ

 

・前半のペースはかなり速いが全体的に平均ペース傾向

・持続力勝負の傾向あり

・完全な平坦コースではなく、緩やかな上り坂を3回上るためスタミナは要求される

・急カーブを4回曲がり最後の直線が短いコースなので、逃げ・先行は好走傾向あり

・内枠から中枠に好走傾向あり

・波乱含みのコース

・ステイゴールド、ジャングルポケット、キングカメハメハ、コンデュイット産駒に注目

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.