京都競馬場の芝1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



京都芝1400mコースには外回りと内回りがあります。

特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

京都芝1400mのコース特徴

 

・右回りのコース

・外回りは重賞などの上位クラス(3歳以上、500万クラス以上)で利用される

・内回りは下位クラス(2歳・3歳、500万クラス以下)で利用される

・スタートしてから、最初のコーナーまでの直線は内・外どちらも500m以上あり、かなり長い

・3、4コーナーは緩やかなカーブ

・全体的に平坦なコースだが、3コーナーに山がある(外=高低差4.3m、内=3.1m)

・最後の直線は、外=404mと長く、内=328mと短い

・内回りのほうが1人気が堅実に活躍している

 

京都芝1400m(外回り)で開催される重賞レース

 

京都牝馬S・G3 4歳上牝

スワンS・G2 3歳上

ファンタジーS・G3 2歳牝

 

タイムの傾向

開催月によって変化があります。
4月・5月:平均より速い
1月・2月・11月:平均より遅い

平均タイム

2011/01/01~2016/10/23の平均タイム(良馬場のみ)

外回り

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 後半3F
3歳上
4歳上
500万 9 1.25.3 34.9 34.7
1000万 27 1.21.3 35.4 34.3
1600万 21 1.21.1 35.2 34.3
重賞・OP 11 1.20.3 35.1 33.8

外回りは最後の直線が長いこともあり、瞬発力勝負となっています。
内回り

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 後半3F
2歳
新馬 23 1.22.2 35.2 35.2
未勝利 26 1.21.9 34.9 35.3

内回りは平均ペース傾向で、前のほうに行ってどれだけ粘れるかというレース傾向となっています。
内・外どちらも前半の3F(スタートしてから600m)タイムは、他のコースと比べて遅い部類に入ります。

他の競馬場1400mコースの前半3F平均タイム速い順は以下のとおり。

  • 1位 新潟
  • 2位 阪神
  • 3位 中京
  • 4位 京都と東京

短距離の割に前半のペースがさほど速くならず、後半が平坦なコースなので、逃げ・先行は有利な展開に持ち込みやすいコースです。

ただ、実力のある差しタイプは確実に強烈な末脚を使えるので、前に行った馬がもたついていると差し切られてしまします。

 

3歳以上の重賞・OPのラップタイム

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.4 11.2 11.5 11.4 11.1 11.1 11.6

重賞レベルになると、スピード力と瞬発力、そしてインコースを突くことができる器用なタイプが活躍します。

重賞レースで差しタイプが勝つには、上がり3Fを33秒台の末脚で差し切る能力が必要です。

 

コースレコード

 

外回り:2015/05/31 安土城S(OP) ウリウリ(牝5)1:19.0

内回り:2014/04/26 3歳未勝利 エイシンペペラッツ(牡3)1:19.9

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2011/01/01~2016/10/23の脚質データ(良馬場のみ)

外回り

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 17 12 12 67 15.70% 26.90% 38.00%
先行 35 29 24 293 9.20% 16.80% 23.10%
差し 44 49 47 437 7.60% 16.10% 24.30%
追込 12 18 25 430 2.50% 6.20% 11.30%

内回り

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 20 13 9 67 18.40% 30.30% 38.50%
先行 43 45 40 269 10.80% 22.20% 32.20%
差し 37 42 48 457 6.30% 13.50% 21.80%
追込 9 9 13 485 1.70% 3.50% 6.00%

内回りのほうが直線が短いので、逃げ・先行が外回りよりも活躍してます。

 

血統の傾向

外回りなら、ディープインパクト、サクラバクシンオー、キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、ダイワメジャー産駒

内回りなら、ダイワメジャー、ディープインパクト、フジキセキ、キングカメハメハ産駒

 

京都芝1400mコースまとめ

・京都芝1400mは外回りと内回りの2つのコースがあり、クラスによって使い分けている

・3コーナーに大きな山がある以外は平坦なコース

・スタートしてから、最初のコーナーまでの直線は内・外どちらも500m以上あり、かなり長い

・他の競馬場に比べて前半3Fタイムが遅く、最後の直線は平坦なコースなので逃げ・先行のスピードが止まらず有利な展開に持ち込めるコース

・重賞レースで差しタイプが勝つには、上がり3Fを33秒台の末脚で差し切る能力が必要(ただし先行馬がバテた場合)

・ディープインパクト産駒は京都コース強い!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.