スワンS2017の傾向は?好走する条件にピッタリな注目馬は?

スポンサーリンク



2017年スワンステークスの傾向を過去10年のデータを分析して調べてみました。

 

スワンステークスはどんなレース?

 

スワンステークスは京都芝1400m(外回りコース)で行われるG2 別定戦(3歳上)です。

スワンSと言えば、マイルチャンピオンシップの前哨戦として位置付けられてきたレースです。

今更な感じはありますが、2014年より、スワンSの1着馬にはマイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられるようになりました。

前哨戦というわりには、スワンSとマイルCSを連勝したのはタイキシャトルぐらいしか記憶にありませんが・・・

 

スワンステークスの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
合計 勝率 連対率
逃げ 3 2 2 3 10 30.00% 50.00%
先行 2 3 2 32 39 5.10% 12.80%
差し 4 3 3 48 58 6.90% 12.10%
追込 1 2 3 45 51 2.00% 5.90%

逃げ・先行・差しの活躍が目立ちます。

京都芝1400m外回りコースの特徴どおり、追い込みタイプには厳しいコースです。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝ちタイム 前半3F 後半3F ペース 1着 2着
2016 1.20.7 34.4 34.5 M(-0.1)
2015 1.20.2 34.6 34.1 M(+0.5)
2014 1.20.3 35.1 33.9 S(+1.2)
2013 稍重 1.20.8 35.3 34 S(+1.3)
2012 1.20.5 35.2 33.8 S(+1.4)
2011 1.19.4 34.4 34.1 M(+0.3)
2010 1.21.0 34.6 34.7 M(-0.1)
2009 1.20.3 34.7 34.2 M(+0.5)
2008 1.19.9 34.3 34.5 M(-0.2)
2007 稍重 1.20.7 33.7 35.5 H(-1.8)
2006 1.20.3 34.5 34.5 M(0)

 

前半3Fと後半3Fを34秒台で走る平均ペースとなるケースが多いようです。

前半3Fが35秒台のスローペースとなれば、前残りが濃厚となってきます。

 

年齢の傾向は?

年齢 1着 2着 3着 4着
以下
合計 勝率 連対率
3歳 3 1 0 16 20 15.00% 20.00%
4歳 4 4 4 20 32 12.50% 25.00%
5歳 1 4 4 41 50 2.00% 10.00%
6歳 2 1 1 34 38 5.30% 7.90%
7歳 0 0 1 11 12 0.00% 0.00%
8歳~ 0 0 0 7 7 0.00% 0.00%

3歳と4歳に活躍している馬が集中しています。

5歳と6歳までなら、そこそこ来ていますが、7歳以上になると厳しそうです。

 

過去実績の傾向は?

 

すべての勝ち馬に1200m~1600mの重賞(ほとんどがG1かG2)連対経験がありました。

スワンSで1着~3着だった馬は、すべて1400mか1600m(クラスは問わず)レースで勝った実績がありました。

気になる点としては、京都芝コースが得意でない馬や、京都芝コース実績がないような馬でも、たくさん好走例があるということです。

穴傾向としては、ダートから芝への転向馬です。

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

1着 2着 3着
1 1 1 1
2 0 1 0
3 0 0 2
4 0 1 1
5 0 1 2
6 4 3 0
7 3 1 3
8 2 2 1

 

外枠が好走傾向にありますが、たまたまだと思います。

スタートしてから最初の直線は長いので枠順の影響はないと思われます。

 

人気の傾向は?

 

過去10年のスワンS人気

人気 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率
1 2 1 0 20.00% 30.00% 30.00%
2 2 0 1 20.00% 20.00% 30.00%
3 3 2 1 30.00% 50.00% 60.00%
4 1 2 1 10.00% 30.00% 40.00%
5 1 0 1 10.00% 10.00% 20.00%
6 0 1 1 0.00% 10.00% 20.00%
7 0 0 1 0.00% 0.00% 10.00%
8 1 1 1 10.00% 20.00% 30.00%
9 0 1 0 0.00% 10.00% 10.00%
10 0 1 3 0.00% 10.00% 40.00%

以前の傾向だと、14人気、16人気が連対するなど波乱含みのレースでしたが、最近では10人気以内の決着が多いようです。

1人気は2勝(2着は1回)のみで信頼性に乏しい結果となっています。

人気馬の信頼性が低いレースという傾向があります。

 

スワンステークスの傾向まとめ

 

・平均ペースの展開が多く、先行、差しタイプが活躍する。スローペースなら逃げ残り要注意

・3歳と4歳が活躍している

・人気馬の信頼性は低い!波乱含みのレース

・すべての勝ち馬に1200m~1600mの重賞(ほとんどがG1かG2)連対経験あり

・1400mか1600m勝ち経験は必須

・京都コースが得意な馬にこだわりすぎないほうがよい

・穴傾向としては、ダートから芝への転向馬

 

スワンSの注目馬は?

1200m~1600mの重賞連対経験があるのが、(6歳以上は除外)

レッツゴードンキ、セイウンコウセイ、カラクレナイ、ミスエルテ、キャンベルジュニア、ジューヌエコール

勝ち馬候補は、この中から選びたい。

レース傾向から選ぶと、先行できる、セイウンコウセイ、キャンベルジュニア、ジューヌエコールの3頭が良いですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です