新潟競馬場のダート1200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



新潟ダート1200mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

新潟ダート1200mのコース特徴

 

・左回りで平坦なコース

・芝コーナーからのスタート

・最初のコーナーまで約525mの長い直線

・3コーナーから4コーナーにかけて急カーブ

・最後の直線は354mとダートコースの中では長いほう

・外枠のほうが好走傾向あり

・1人気の信頼性は高く、堅い決着が多い

 

新潟ダート1200mで開催される重賞レース

 

ダート1200m重賞は中山コースにしかありません。

OP戦でNST賞などがあります。

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2011/01/01~2016/10/16の平均タイム(良馬場のみ)

年齢 クラス 馬場 勝ちタイム 前半3F 後半3F
2歳
新馬 7 1.13.8 36.1 37.7
未勝利 21 1.12.9 34.8 38.1
3歳 未勝利 76 1.12.4 34.7 37.7
3歳上
4歳上
500万 104 1.11.7 34.4 37.3
1000万 16 1.11.1 34.1 37
1600万 6 1.11.1 34.2 36.9
OP 5 1.10.6 33.9 36.7

芝からのスタートで最初の直線も長く平坦なコースなので、前半のペースはかなり速くなります。

全体的にハイペース傾向です。

行われるレースのほとんどが、3歳未勝利と3歳以上500万のレースとなっています。

 

平均ラップ

年齢 クラス レース数 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
2歳
新馬 7 12.5 11.5 12.1 12.9 12.2 12.5
未勝利 21 12.1 11 11.8 12.7 12.3 13.1
3歳 未勝利 76 12.1 10.9 11.7 12.5 12.2 13
3歳上
4歳上
500万 104 12 10.9 11.5 12.4 12.1 12.8
1000万 16 12 10.7 11.5 12.3 12 12.6
1600万 6 11.9 10.8 11.5 12.3 12 12.6
OP 5 11.9 10.7 11.3 12.1 11.9 12.7

 

最初の長い直線では、速いラップを刻みますが、コーナーを曲がる地点(表の800m地点)で減速するので、ここで息が入り、最後の直線で前に行った馬でも粘りこみが可能なコースとなっています。

OPクラスになると、コーナーを曲がるときも、ほとんど減速しないので、前に行った馬にはかなり厳しい展開となりやすく、差しタイプにも注意が必要です。

 

コースレコード

2011/11/12(重)黒埼特別(1000万下) コウエイフラッシュ(せん5)1:09.2

 

1000万下でレコードを出したのはすごいが、その後の成績はさっぱりダメでした。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/16の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 119 73 42 177 29.00% 46.70% 56.90%
先行 197 211 187 865 13.50% 28.00% 40.80%
差し 74 109 146 2007 3.20% 7.80% 14.10%
追込 21 19 35 1749 1.20% 2.20% 4.10%

 

圧倒的に逃げタイプが有利!

クラスに関係なく、少なくとも前のほうで競馬できないと勝負になりません。

追い込みで勝つには、展開に助けられるか、相当な実力差がないと決まりません。

 

血統の傾向

 

出走数が多い割には好走しているのが、ゴールドアリュール、デュランダル、フレンチデピュティ、ストラヴィンスキー産駒です。

特にデュランダル産駒は、芝の短距離でも良く走るので、芝地点からのスタートはプラスに働いているのかもしれません。

 

新潟ダート1200mコースまとめ

 

・全体的にハイペース傾向

・圧倒的に逃げタイプが有利

・ゴールドアリュール、デュランダル、フレンチデピュティ、ストラヴィンスキー産駒に注目

・外枠のほうが好走傾向あり

・1人気の信頼性は高く、堅い決着が多い

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.