京都競馬場の芝2200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



京都芝2200mと言えばエリザベス女王杯のイメージが強いコースですね。

コース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

京都芝2200mのコース特徴

 

・外回り、右回りのコース

・スタート後の直線は約397mと長い

・コーナーは4つあるが、1・2コーナーは多少きつめのカーブ、3・4コーナーは緩やかなカーブとなっています

・全体的に平坦なコースだが、3コーナーに高低差4.3mの山があるのが最大の特徴

・ラスト800mから急な下り坂となっており、4コーナーは下りながら曲がることになる

・最後の直線は約400mあり、ラスト300mから緩やかな上り坂

・内枠のほうが好走する傾向がある(特に1月・5月・10月の開幕週)

・波乱含みのコース

 

京都芝2200mで開催される重賞レース

 

京都記念・G2 4歳上

京都新聞杯・G2 3歳

エリザベス女王杯・G1 3歳上牝

 

タイムの傾向

開催月によって変化があります。
4月・5月:平均より速い
1月・2月・11月:平均より遅い

平均タイム

2011/01/01~2016/10/10(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 前半1000m 後半1000m 後半3F ペース
3歳
未勝利 17 2.15.5 36.2 62.1 60.6 35.3 S(+1.5)
500万 2 2.13.1 36.6 61.6 59.2 35 S(+2.4)
重賞 6 2.11.9 35.1 59.3 59.9 35.1 M(-0.6)
3歳上
4歳上
500万 21 2.13.6 36.2 61.1 59.8 34.9 S(+1.3)
1000万 15 2.13.4 36.6 61.7 59 34.4 S(+2.7)
1600万 5 2.13.7 37.2 62.7 58.3 33.7 S(+4.4)
重賞 6 2.12.4 36.1 60.5 59.5 35 M(+1.0)

 

3歳以上、重賞クラスの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m
12.5 11.2 12.4 12.3 12.1 12.4 12.5 12 11.6 11.6 11.8

 

京都芝2200mにはOP戦がないので、表の「3歳重賞」は京都新聞杯、「3歳以上重賞」はエリザベス女王杯と京都記念のデータとなります。

スタート後の400mは直線が長いこともあり、先行争いが激しくなりペースは速くなりますがコーナーを回ってからペースが落ち着きます。

ラスト800m(表の1600m区間)から急な下り坂があり、この地点からペースが速くなってきます。

下りならが3コーナーと4コーナーをまわるので外に膨れやすい。

内側を突くことができる器用なタイプが好走しやすい。

 

1600万以下のクラスではスローペースの傾向で、ラスト600m(後半3F)の上がり勝負となっています。

重賞レースになると、全体的にペースが緩むことなく平均ペースで流れて、最後まで速いペースを持続させる展開となりやすい傾向があります。

 

コースレコード

 

2012/05/05 京都新聞杯(G2) トーセンホマレボシ(牡3)2:10.0

 

母エヴリウィスパーの血統がすごいと思ったのが、この馬の活躍です。

天皇賞・秋でものすごいレコードタイムを出したトーセンジョーダンも、この母から生まれました。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/10

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 12 8 7 66 12.90% 21.50% 29.00%
先行 36 43 24 209 11.50% 25.30% 33.00%
差し 33 26 40 301 8.30% 14.80% 24.80%
追込 4 8 14 334 1.10% 3.30% 7.20%

 

下位クラスなら、逃げ・先行が活躍していますが、重賞レースになると先行か差しが活躍します。(逃げ切り勝ちは難しくなっていきます。)

全体的に言えることは、追い込みタイプは苦戦するということ。

 

血統の傾向

行われるレース数が少ないので、何とも言えませんが、ディープインパクト産駒は、やはり優秀ですね。瞬発力勝負となる展開なら、この産駒は活躍します。

ジャングルポケット産駒の牡馬も活躍しています。速い時計勝負となるようであれば勝負強いところを見せてくれます。

 

京都芝2200mコースまとめ

 

・波乱含みの難解なコース

・1600万以下のクラスではスローペースの傾向で瞬発力勝負となりやすい(ディープインパクト産駒タイプが良い)

・重賞レースでは平均ペースで流れ、持続力勝負となりやすい(ジャングルポケット産駒タイプが良い)

・内枠のほうが好走する傾向あり

・内側を突くことができる器用なタイプが好走しやすい

・下位クラスなら、逃げ・先行!重賞レースなら先行か差し!

・追い込みタイプは苦戦

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.