東京競馬場の芝2400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



東京芝2400mと言えばダービーなどG1レースが多く行われる重要なコースです。

東京芝2400mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

競馬予想の参考にしていただければ幸いです。

 

東京芝2400mのコース特徴

 

・左回りでスタンド前からのスタート

・最初の1コーナーまでの直線は約350mと長い

・4つのコーナーを回るが、カーブは緩やかで大回り

・最後の直線は約526mとかなり長い

・3コーナー途中から4コーナーにかけて、ダラダラと続く上り坂あり

・4コーナー回った直後くらいの位置からラスト300m地点くらいの間に急な上り坂あり

・内枠が好走する傾向あり

 

東京芝2400mで開催される重賞レース

 

青葉賞・G2 3歳

オークス・G1 3歳牝

日本ダービー・G1 3歳牡牝

ジャパンC・G1 3歳上

 

東京芝2400mで行われるレースは少ないのですが、G1レースが3つもある特別なコースです。

過酷なコースゆえに2歳戦はありません。

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2011/01/01~2016/10/02(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 中間3F前 中間3F後 後半3F タイム ペース
3歳
未勝利 13 36.6 38.5 38.2 35.3 2.28.6 S(+1.6)
500万 10 36.8 38.5 38 34.6 2.27.9 S(+2.7)
重賞・OP 17 35.7 37.4 37.2 35 2.25.3 M(0.9)
3歳上
4歳上
500万 27 36.7 37.6 37.3 35.2 2.26.8 S(+1.8)
1000万 33 36.6 37.4 36.9 35.1 2.26.0 S(+2.0)
1600万 13 36.3 37.8 37.6 34.8 2.26.5 S(+1.7)
重賞・OP 11 36.4 37 36.8 35 2.25.2 S(+1.6)

全体的に後傾ラップで、スローペースになりやすい傾向があります。

瞬発力勝負に強い馬をねらうべきコースです。

 

ラップデータ

重賞・OPレースの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
12.8 11.3 12.3 12.5 12.1 12.4 12.6 12.2 12 11.5 11.5 12

3コーナー付近まではペースを上げずラスト600m地点から一気にペースアップする展開となっており、勝つには上り3F・34秒台の末脚が必要でしょう。

ただ、G1レースになると中間のペースを落とすことなく流れるタフな展開になることが多く、長い距離を速いペースで走れる持続力タイプも活躍します。

 

コースレコード

 

2005/11/27 ジャパンC (G1)  アルカセット(牡5)2:22.1

 

1989年ジャパンカップで外国馬ホーリックスがオグリキャップとの激闘を制して、当時のレコードタイムである2分22秒2で優勝したタイムも凄かったですけど、2005年のジャパンカップで外国馬のアルカセットがその記録をぶち破りました。

やはり外国にはすごい馬が一杯いますね。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/02

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 10 18 14 116 6.30% 17.70% 26.60%
先行 52 38 52 385 9.90% 17.10% 26.90%
差し 63 58 47 542 8.90% 17.00% 23.70%
追込 22 33 35 519 3.60% 9.00% 14.80%

追い込みの率が悪いですが、どの脚質でもチャンスがあるコースです。

 

血統の傾向

2011/01/01~2016/10/02の血統データ

順位 種牡馬 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値 複勝 回収値
1 ディープインパクト 29 16 18 112 16.60% 25.70% 36.00% 87 80
2 ステイゴールド 17 12 15 113 10.80% 18.50% 28.00% 60 60
3 ハーツクライ 13 14 11 73 11.70% 24.30% 34.20% 104 79
4 キングカメハメハ 12 6 9 95 9.80% 14.80% 22.10% 48 52
5 ゼンノロブロイ 9 5 8 56 11.50% 18.00% 28.20% 112 96
6 ジャングルポケット 7 9 8 77 6.90% 15.80% 23.80% 79 89
7 シンボリクリスエス 5 10 6 61 6.10% 18.30% 25.60% 89 89
8 ネオユニヴァース 5 8 3 50 7.60% 19.70% 24.20% 89 59
9 ハービンジャー 5 1 3 26 14.30% 17.10% 25.70% 77 95
10 ダンスインザダーク 4 4 6 51 6.20% 12.30% 21.50% 43 114

ディープインパクトとハーツクライ産駒が好走する傾向があります。

人気になりがちなディープインパクトよりもハーツクライのほうが馬券的においしいようです。

 

東京芝2400mコースまとめ

 

・全体的に後傾ラップで、スローペースになりやすい

・最後の直線は約526mとかなり長い

・ラスト600m(後半3F)で急なペースアップがあり、瞬発力勝負になりやすい

・内枠が好走する傾向あり

・上り3ハロンのタイムが優秀な馬を狙っていこう!

・ディープインパクトとハーツクライ産駒が好走

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.