10月9日のWIN5予想!毎日王冠のルージュバックは危険な人気馬?

スポンサーリンク



先週のWIN5の結果は、6⇒6⇒2⇒3⇒3人気で13,520,050円という結果でした。

1人気が3着以内に来たのは中山9Rのみ、という波乱含みのレースが続き、高配当が連発しましたね。

東京・京都開催に変わり、気分一新して予想してみたいと思います。

 

第1戦 東京9R 六社特別

14:35発走 3歳上・1000万下 芝1600m 定量

 

逃げ馬不在で前半のペースは落ち着きそうです。

平均ペースで流れて最後は瞬発力勝負となりそうです。

 

本命はロイカバード。

 

東京のマイル戦はスピードだけでは勝ちきれません。中距離実績もあって、切れ味鋭いロイカバードなら、ここでは上位でしょう。

京都新聞杯ではスマートオーディンの脅威の末脚に負けましたが、すでにOP勝ちしているブラックスピネルに切れ味では勝っていました。

1000万にもたついているような馬ではないはず。

あと、ルナプロスペクターは湘南S(1600万・東京1600m)を4着と負けましたが、スローペースを後ろから行って大外に回して0.1差。

メンバー最速上りを出しており、位置取りとコース取りの差で負けただけで巻き返しは可能と思う。

 

◎9 ロイカバード 1着

○8 ルナプロスペクター 2着

– – 2 ビップライブリー

– – 5 ヒーズインラブ

– – 13 チョコレートバイン 3着

– – 6 カトルラポール

– – 3 エクラミレネール

予想の印 — は当日買い目を増やすかもしれないことを意味してます

 

第2戦 京都10R 清滝特別

15:00発走 3歳上・1000万下 芝1800m ハンデ

 

難解なハンデ戦のレースですが、京都芝1800mということもあり前残りな展開を期待したいと思います。

平坦コースをスピードで押し切る戦法が良さそうなノーブルマーズを本命にしました。

白百合ステークス(京都1800m・OP)は内側の経済コースを逃げ粘ってゴール直前で差し込まれて3着。今度は7枠に入ったので内側を通れない可能性はありますが、1000万をなかなか勝ちきれないメンバー相手なら好勝負。

先行力があって京都は良く走るヒルノマゼラン、前走500万を何とか勝ったばかりだけど先行力のあるルナーランダーの前残りは可能性は十分あると思います。

 

◎10 ノーブルマーズ 3着

○13 ヒルノマゼラン 2着

▲3 ルナーランダー

– – 4 ブレイクザポケット 1着

– – 5 ディープウェーブ

– – 2 メイショウオオゼキ

 

第3戦 東京10R テレビ静岡賞

15:10発走 3歳上・1600万下 ダ1400m 定量

 

明日の馬場状態がやや重と想定して予想すると、差し・追い込みに有利な展開となりそうです。

人気になりそうなビッグリバティやサウススターマンは先行して勝ちきれないレースが続いているところを見ると東京向きではないと思う。

ならば、切れ味鋭いトウカイビジョンに期待。2走前の末脚は芝並みに速かったですね。

あと、前のほうへポジションとれて良い脚を使うアールプロセス。長い直線のコースで馬場が湿ったときの走りっぷりが良いので〇。

 

◎1 トウカイビジョン

○7 アールプロセス

– – 15 プレスティージオ 2着

– – 2 ビッグリバティ

– – 9 サウススターマン

– – 8 イクラトロ

– – 5 ニットウスバル

 

第4戦 京都11R オパールS

15:35発走 3歳上・オープン 芝1200m ハンデ

京都競馬場の芝1200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.07

これまたハンデ戦で大波乱までありそうな難解なレース。

人気になりそうなラヴァーズポイントは平坦なコースだとスピード負けすることが多く信頼性は薄いとみています。

内枠で先行できそうなセカンドテーブルとジャストドゥイングに期待したいと思います。

 

◎5 セカンドテーブル 2着

○2 ジャストドゥイング 3着

– – 3 ラヴァーズポイント

– – 11 アクティブミノル

– – 10 ナックビーナス

スポンサーリンク

 

第5戦 東京11R 毎日王冠

15:45発走 3歳上・G2 芝1800m 別定

毎日王冠2017の傾向は?ソウルスターリングは好走するのか?

2016.10.03

ルージュバックが1人気のようですが、なんかこの馬は信用できないんですよね。

弱いメンバーの重賞しか勝てないルージュバックは人気ほど実力はないとみています。

パンパンの良馬場とはなりそうもないし、前走のような末脚も鈍りそう。

 

アンビシャス、ステファノス、ロゴタイプ。実績だけみれば、この3頭のいずれかが勝つとみるのが妥当でしょう。

逃げ馬不在の毎日王冠で先行してしぶとく粘りそうなロゴタイプも怖い存在ですが、最後は決め手で上回るステファノスに期待したくなります。

アンビシャスは気性と道悪不安が気になるので評価を下げざるを得ません。

 

◎2 ステファノス

○9 ロゴタイプ

– – 7 アンビシャス 2着

– – 10 ルージュバック 1着

– – 6 マイネルミラノ

– – 5 ディサイファ

– – 11 ウインフルブルーム

 

以上の48点でWIN5勝負です。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.