東京競馬場のダート1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



東京ダート1400mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

3歳未勝利と500万クラスのレースが多く組み込まれているので、傾向をつかんで的中率をアップさせたいですね。

 

東京ダート1400mのコース特徴

 

・スタートしてから3コーナーまで約440mと長い

・カーブは大回りで緩やか

・最後の直線は約500mと長い

・最後の直線に急な上り坂がある

・京都、阪神、中京のダート1400mと違い芝スタートではなくダート地点からのスタート

 

東京ダート1400mで開催される重賞レース

根岸S・G3 4歳上

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2011/01/01~2016/10/02の平均タイムデータ(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 後半3F タイム
2歳
新馬 11 36.5 37.7 1.27.1
未勝利 34 36.3 37.9 1.27.1
3歳
新馬 8 36.6 37.9 1.27.6
未勝利 88 36.3 37.8 1.26.9
500万 30 35.7 37.3 1.25.5
3歳上
4歳上
500万 72 35.9 37.1 1.25.4
1000万 44 35.6 36.7 1.24.6
1600万 23 35.5 36.5 1.24.1
重賞・OP 15 35 36.2 1.23.3

スタートしてから最初の直線は長いので前半のペースは速くなりがちです。

どのクラスでもハイペース傾向があります。

500万クラスと1000万クラスでタイム差が大きく、実力差を感じます。

 

ラップデータ

年齢 クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
2歳
新馬 12.7 11.4 12.4 12.9 12.5 12.3 12.9
未勝利 12.7 11.4 12.2 12.9 12.6 12.4 12.9
3歳
新馬 12.8 11.5 12.4 13.1 13 12.3 12.6
未勝利 12.7 11.4 12.2 12.8 12.6 12.4 12.9
500万 12.6 11.2 12 12.5 12.4 12.3 12.7
3歳上
4歳上
500万 12.6 11.3 12 12.4 12.3 12.1 12.7
1000万 12.6 11.2 11.9 12.3 12.1 12 12.5
1600万 12.5 11.1 11.8 12.1 12 12 12.5
重賞・OP 12.4 11 11.6 12.1 12.1 11.9 12.3

新馬・未勝利・500万クラスだと、3、4コーナー中間地点でペースダウンして息が入り、前のほうへ行った馬に有利な展開となっています。

1000万クラス以上のレースになると、息の入るところがなく速いラップを刻む流れになるので、前に行った馬がバテやすくなり差し・追い込みが決まりやすくなっています。

 

コースレコード

2018年(重)の根岸S(G3)でノンコノユメ(せん4)1:21.5がフェラーリピサの記録を塗り替えました。

2008/05/31(不良)欅S(OP) フェラーリピサ(牡4)1:21.9

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/02脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 81 62 41 326 15.90% 28.00% 36.10%
先行 220 227 195 1255 11.60% 23.60% 33.80%
差し 147 159 195 2393 5.10% 10.60% 17.30%
追込 64 66 81 2396 2.50% 5.00% 8.10%

新馬~500万クラスの下位レースで、逃げ・先行が活躍する傾向が強いようです。3歳の未勝利レースや500万レースの施行レースが多いため、「逃げ・先行」の割合が高くなっています。

 

1000万以上のクラスに上がると「差し」「追い込み」タイプのほうが活躍する傾向があります。最後の直線は長いので、実力馬同士の戦いになると決め手勝負となりやすい。

 

血統の傾向

 

とびぬけて良い成績を収めている種牡馬はいませんが、あえて注目するならフレンチデピュティ産駒でしょうか。

多く出走している種牡馬の中で東京ダート1400mの勝率・連対率・複勝率がトップクラスで1800m以内の札幌・新潟・東京ダートなら毎年良い成績を残しています。

 

東京ダート1400mコースまとめ

 

・ほかの競馬場と違い芝スタートではなくダート地点からのスタート

・どのクラスでも前半のペースは速くなりがちでハイペース傾向あり

・500万クラス以下のレースと1000万クラス以上のレースでは傾向が異なる

・500万クラス以下⇒「逃げ」「先行」が活躍

・1000万クラス以上⇒「差し」「追い込み」が活躍

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.