京都競馬場の芝1200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



京都芝1200mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

京都芝1200mのコース特徴

 

・内回り、右回りのコース

・スタートしてから、すぐに急な上り坂があり、極端なハイペースにはならない(最初のコーナーまでの直線は約316m)

・3、4コーナーは緩やかなカーブ

・全体的に平坦なコースだが、3コーナーに高低差3.1mの山がある(外回りより低い)

・3コーナーは下りながら曲がることになるが4コーナーから、ほぼ平坦なコース

・最後の直線は328mと短い

・内枠のほうが好走する傾向がある

 

京都芝1200mで開催される重賞レース

 

シルクロードS・G3 4歳上

京阪杯・G3 3歳上

 

タイムの傾向

開催月によって変化があります。
4月・5月:平均より速い
1月・2月・11月:平均より遅い

平均タイム

2011/01/01~2016/10/02の平均タイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 後半3F タイム
2歳
新馬 11 35.3 34.9 1.10.2
未勝利 12 34.6 34.8 1.09.4
500万 5 34.3 34.7 1.09.0
3歳
未勝利 12 34.6 34.6 1.09.2
500万 12 34.2 34.3 1.08.5
重賞・OP 6 34.1 34.2 1.08.3
3歳上
4歳上
500万 9 34.1 34.2 1.08.3
1000万 30 34.2 34.1 1.08.3
1600万 14 34.3 34.2 1.08.4
重賞・OP 28 33.9 33.8 1.07.7

3歳以上の500万クラス~1600万クラスまで、ほとんどタイムに差がありません。1分8秒前半のタイムで走ることができれば平均的なタイムです。

前半3Fを34秒台前半でとばして、後半3Fも34秒台前半をキープする展開がよくあるパターンです。

ということで、全体的に平均ペースの傾向があります。

他の競馬場だと芝1200m戦と言えば、前半のペースがかなり速くなり後半で遅くなる前傾ラップとなりがちですが、京都芝1200mはコースの形態上、前傾ラップの傾向はありません。

 

ラップタイム

年齢 クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
2歳
新馬 12.5 11.2 11.5 11.6 11.4 11.9
未勝利 12.3 11 11.3 11.5 11.5 11.8
500万 12.1 10.9 11.3 11.5 11.5 11.7
3歳
未勝利 12.3 10.9 11.3 11.4 11.4 11.8
500万 12.2 10.9 11.1 11.2 11.4 11.7
重賞・OP 12.3 10.7 11.1 11.3 11.2 11.7
3歳上
4歳上
500万 12.1 10.9 11.1 11.2 11.3 11.6
1000万 12.3 10.9 11.1 11.2 11.2 11.7
1600万 12.2 10.9 11.2 11.2 11.2 11.7
重賞・OP 12.2 10.8 11 11.1 11.1 11.6

スタートしてから息の入るところがないコースなので、スピードをどこまで持続できるかという持続力勝負のコースです。

最後は徐々にスピードが落ちていきますが、コースの形態上、極端なスピードダウンがないので前のほうへ行った馬が残る傾向があります。

 

コースレコード

 

京都芝1200m、3歳以上のレコードタイムです。

2014/10/12 オパールS (OP) ヘニーハウンド(牡6)1:06.7

ヘニーハウンドはレコードを出した後、惨敗続きで燃え尽きました。
ちなみに、他の競馬場のレコードで速いタイムが出たところは以下のとおりです。

  • 小倉 1:06.5 アグネスワールド
  • 中山 1:06.7 ロードカナロア
  • 中京 1:06.7 ビッグアーサー

小倉、京都、中山の芝1200mコースは速いタイムが出やすいですね。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/02の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 37 29 21 84 21.60% 38.60% 50.90%
先行 78 72 57 393 13.00% 25.00% 34.50%
差し 44 50 60 792 4.70% 9.90% 16.30%
追込 12 20 34 748 1.50% 3.90% 8.10%

全体的に、逃げ・先行が活躍していますが、注目したいのが逃げの複勝率5割越えという点です。

さらに驚きなのが逃げ馬の回収値。

単勝 回収値:257
複勝 回収値:204

2011年から京都芝1200mに出走した逃げ馬の単勝か複勝を全部買い続けたら元金が2倍以上になっていたという点は見逃せません。

短距離の逃げ馬を予測するのは難しいですが、狙っていきたいところです。

ただし、重賞レースになるとオーバーペースになりやすく、前に行った馬が総崩れで追い込みも決まるので注意が必要です。

 

血統の傾向

 

京都芝1200mは施行レースが少ないこともあり、はっきりとした傾向がみられませんが、短距離が得意なサクラバクシンオー、クロフネ、ストーミングホームや、フジキセキ、アドマイヤムーン、ダイワメジャーなどの産駒が良い結果を出しているようです。

 

京都芝1200mコースまとめ

 

・全体的に平均ペースの傾向。上り坂があるので前半のペースが速くなりすぎることがない(重賞は別)

・内枠の逃げ・先行が活躍する傾向あり

・スタートしてから息の入るところがないコースなので、スピードをどこまで持続できるかがポイント

・特に逃げ馬の回収値がよいので積極的に狙っていきたい!(重賞なら差し・追い込みにも注意)

・速いタイムが出やすいコース

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です