京都競馬場のダート1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



京都ダート1800mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

京都ダート1800mは3歳未勝利や500万のレースが多く組み込まれているコースです。

昔は、平安SやアンタレスSが行われていたコースでした。

 

京都ダート1800mのコース特徴

 

・右回り

・スタートしてから1コーナーまでの直線は約285mと短い

・向こう正面から3コーナーにかけて高低差3mの山があるが、その他は平坦なコース

・1コーナーと2コーナーは急カーブだが、3コーナーと4コーナーは緩やかなカーブでスピードは出しやすい

・内枠にやや好走傾向あり

 

京都ダート1800mで開催される重賞レース

 

みやこS・G3 3歳上

 

タイムの傾向

 

平均タイム

 

2011/01/01~2016/10/02の平均タイムデータ(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 中間3F 後半3F タイム
2歳
新馬 7 37.8 39.9 38.1 1.55.8
未勝利 30 37.2 39.2 38.6 1.55.0
3歳
新馬 15 38.2 40.2 37.9 1.56.3
未勝利 132 37.1 39.4 38.4 1.54.9
500万 35 36.7 38.6 37.8 1.53.1
重賞・OP 5 36.6 37.8 37.1 1.51.5
3歳上
4歳上
500万 103 37.1 38.4 37.5 1.53.0
1000万 60 36.6 38.2 37.4 1.52.2
1600万 25 36.4 37.7 37.1 1.51.2
重賞・OP 5 35.9 37.1 37.1 1.50.1

1600万クラス以上になると前半のペースが速くなることが多い。

スローペースになることは少なく、全体的に平均ペースの傾向があります。

平均ラップ

年齢 クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
2歳
新馬 12.6 11.7 13.5 13.2 13.3 13.3 12.9 12.6 12.7
未勝利 12.5 11.6 13.2 13.1 13.2 12.9 12.9 12.8 13
3歳
新馬 12.5 11.8 13.9 13.7 13.4 13 12.7 12.5 12.7
未勝利 12.4 11.5 13.1 13.2 13.2 12.9 12.7 12.7 12.9
500万 12.3 11.4 13 13 12.9 12.7 12.5 12.5 12.8
重賞・OP 12.3 11.5 12.8 12.7 12.8 12.3 12.2 12.2 12.7
3歳上
4歳上
500万 12.4 11.6 13 12.9 12.9 12.6 12.4 12.3 12.8
1000万 12.3 11.4 12.9 12.8 12.7 12.6 12.4 12.3 12.6
1600万 12.3 11.4 12.7 12.7 12.6 12.4 12.2 12.2 12.7
重賞・OP 12.1 11.2 12.6 12.4 12.4 12.3 12.2 12.3 12.6

500万クラス以上なら後半のラップは、そんなに変わりはありません。

上位クラスほど前半のラップが速い傾向がみられます。

 

コースレコード

 

2009/04/26(重)アンタレスS (G3) ウォータクティクス(牡4)1:47.8

ここまで6連勝してレコード勝ちしたウォータクティクスでしたが、その後は惨敗続きで燃え尽きました。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/02の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 148 97 57 404 21.00% 34.70% 42.80%
先行 318 307 283 1220 14.90% 29.40% 42.70%
差し 125 171 211 2375 4.30% 10.30% 17.60%
追込 24 40 66 2619 0.90% 2.30% 4.70%

全体的に逃げ・先行が圧倒的に優勢です。

データの内容はほぼ3歳未勝利と500万のレースなので、下位クラスの傾向が色濃く出ています。

OP・重賞クラスや、道悪といった条件になると差しも良く決まるので注意が必要です。

 

 

血統の傾向

 

キングカメハメハ産駒が圧倒的に強い!

京都ダート1800mにキングカメハメハ産駒が出走してきたら注意が必要です。

他には、ゴールドアリュール、クロフネ、ネオユニヴァース、マンハッタンカフェ、アグネスデジタル産駒あたりも活躍していますが、馬券的においしいのがアグネスタキオンです。

 

京都ダート1800mコースまとめ

 

・スタートしてから1コーナーまでの距離が短いので内枠の逃げ・先行は有利です。

・全体的に平均ペースの傾向あり。スローペースにはなりにくいコースです。

・1600万クラス以上になると前半のペースが速くなることが多い。

・逃げ、先行が好走することが多いのですが、道悪になると差しも決まりやすくなります。

・キングカメハメハ産駒が圧倒的に強い

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.