京都競馬場の芝2400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



京都芝2400mと言えば京都大賞典のイメージが強いコースですね。

コース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

京都芝2400mのコース特徴

 

・外回り、右回りのコース

・スタート後の直線は約600mと長い

・コーナーは4つあるが、1・2コーナーは多少きつめのカーブ、3・4コーナーは緩やかなカーブとなっています

・全体的に平坦なコースだが、3コーナーに高低差4.3mの山があるのが最大の特徴

・ラスト800mから急な下り坂となっており、4コーナーは下りながら曲がることになる

・最後の直線は約400mあり、ラスト300mから緩やかな上り坂

・内枠のほうが好走する傾向がある

・1人気の信頼度が低く波乱含みの難解なコース

 

京都芝2400mで開催される重賞レース

 

日経新春杯・G2 4歳上

京都大賞典・G2 3歳上

 

タイムの傾向

開催月によって変化があります。
4月・5月:平均より速い
1月・2月・11月:平均より遅い

平均タイム

 

2011/01/01~2016/10/02(良馬場のみ)

500万 6 35.1 38 38.2 34.9 2.26.2
1000万 20 35.9 38 37.4 35 2.26.3
1600万 15 35.3 37.4 37.2 35.2 2.25.1
重賞・OP 11 35.5 37.3 36.8 34.6 2.24.2

 

重賞・OPの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.7 11.3 11.5 12.5 12.5 12.3
1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
12.5 12.4 11.9 11.5 11.4 11.7

スタート後の直線が長いこともあり、先行争いが激しくなり前半3F(600m)のペースは速くなりがちです。

ただ、その後はペースが落ち着き、ゆったりとしたペースが続きます。

ラスト800m(スタートから1800m地点)から急な下り坂があり、この地点からペースが速くなってきます。

ラスト600mから一気にペースが上がり瞬発力勝負となることが多いようです。

どのクラスでも、この傾向がみられます。

 

コースレコード

 

2000/10/15 比叡S(1600万下) サンエムエックス(牡4)2:22.6

8馬身ぶっちぎって勝ったサンエムエックスは、結局1つも重賞を勝てませんでした。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/10/02

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 17 8 4 74 16.50% 24.30% 28.20%
先行 37 43 36 182 12.40% 26.90% 38.90%
差し 23 27 31 210 7.90% 17.20% 27.80%
追込 12 11 18 285 3.70% 7.10% 12.60%

全体的に、逃げ・先行が活躍していますが、重賞レースになると逃げ切るのは難しくなってきます。

下位クラスなら逃げ・先行が好走

上位クラスなら先行・差しが好走

という傾向がやや見られますが、はっきりとは出ていません。

 

血統の傾向

 

中距離~長距離が得意でスピードと瞬発力に優れた血統が良さそうです。

施行レースが少ないので、何とも言えませんが、ディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハ産駒は、やはり優秀ですね。

 

京都芝2400mコースまとめ

 

・1人気の信頼度が低く波乱含みの難解なコース

・前半3Fは速くなるが、中間は遅いペースとなり一旦落ち着き、後半3Fは一気に速くなるという展開となる傾向あり

・コースの形態上、4コーナーでスピードが上がり外へ膨れるので、内側が空きやすい。内をついて器用に回ってこれる馬なら大逆転もありえる。

・内枠のほうが好走する傾向あり

・重賞レースになると逃げ切るのは難しい

・ディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハ産駒は好走する

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です