東京競馬場の芝1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



東京芝1600mと言えば安田記念やNHKマイルCやヴィクトリアマイルが行われるコースですね。

他にも数多く重賞レースが組み込まれており、しっかりとコースの特徴を把握しておきたいところです。

東京芝1600mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

東京芝1600mのコース特徴

 

・左回り

・最初の3コーナーまで約540mと長い直線、かつ、下り坂スタートのマイル戦なので前半のペースは速くなりがち

・カーブは緩やかで大回り

・最後の直線は約526mとかなり長い

・3コーナー途中から4コーナーにかけて、ダラダラと続く上り坂あり

・4コーナー回った直後くらいの位置からラスト300m地点くらいの間に急な上り坂あり

・波乱傾向のあるコース

 

東京芝1600mで開催される重賞レース

 

東京新聞杯・G3 4歳上

クイーンC・G3 3歳牝

NHKマイルC・G1 3歳牡牝

ヴィクトリアマイル・G1 4歳上牝

安田記念・G1 3歳上

サウジアラビアロイヤルC・G3 2歳

富士S・G3 3歳上

アルテミスS・G3 2歳牝

 

タイムの傾向

 

平均タイム

2011/01/01~2016/09/25(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 前半4F 後半4F 後半3F タイム ペース
2歳
新馬 44 37 49.8 47.4 34.6 1.37.2 S(+2.4)
未勝利 36 35.9 48.2 47.6 35 1.35.8 M(+0.6)
500万 8 35.6 47.8 47.2 34.7 1.35.0 M(+0.6)
重賞・OP 5 34.7 46.9 47.2 34.7 1.34.1 M(-0.3)
3歳
未勝利 49 35.4 47.5 47.7 35.3 1.35.2 M(-0.2)
500万 20 35.8 48 46.8 34.5 1.34.8 S(+1.2)
重賞・OP 10 35 47 46.7 34.6 1.33.7 M(+0.3)
3歳上
4歳上
500万 33 35.2 47 46.9 34.9 1.33.9 M(+0.1)
1000万 45 35.5 47.3 46.6 34.7 1.33.9 M(+0.7)
1600万 31 35.3 47.1 46.5 34.6 1.33.6 M(+0.6)
重賞・OP 24 34.7 46.4 46.1 34.4 1.32.5 M(+0.3)

500万~1600万クラスなら前半3F(スタートから600mまで)のタイムは35秒台、OP・重賞クラスなら34秒台の速いペースになる傾向があります。

全体的に前半と後半のタイム差のない平均ペースとなりやすいコースです。

 

ラップデータ

2011/01/01~2016/09/25(良馬場のみ)

年齢 クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
2歳
新馬 12.8 11.7 12.5 12.8 12.8 11.7 11.3 11.6
未勝利 12.6 11.3 12 12.3 12.6 11.7 11.4 11.9
500万 12.6 11.3 11.8 12.2 12.5 11.6 11.4 11.7
重賞・OP 12.4 10.9 11.5 12.2 12.5 11.7 11.4 11.7
3歳
未勝利 12.5 11.1 11.8 12.1 12.4 11.7 11.6 12
500万 12.6 11.3 11.9 12.2 12.3 11.5 11.3 11.7
重賞・OP 12.3 11 11.7 12 12.1 11.3 11.4 11.9
3歳上
4歳上
500万 12.5 11.1 11.6 11.8 12 11.5 11.5 12
1000万 12.6 11.2 11.6 11.8 11.9 11.4 11.4 11.8
1600万 12.5 11.2 11.6 11.8 11.9 11.3 11.4 11.9
重賞・OP 12.4 10.9 11.4 11.7 11.7 11.3 11.3 11.8

500万以下の下位クラスですと、ラスト600m(後半3F)から一気にペースアップする瞬発力勝負な展開となりやすいようです。

 

1000万以上のクラスになると、中間のペースは落ちず、息も入ることなく長い距離を速いペースで走ることになり、かなりタフなレース展開となります。ラスト600m(後半3F)は徐々にペースが落ちていく我慢比べの苦しい展開となります。

 

コースレコード

 

◆2歳

2015/05/10 NHKマイルC(G1)クラリティスカイ(牡2)1:33.5

クラリティスカイはNHKマイルCを勝った後、成績不振におちいっています。

 

◆3歳以上

2012/06/03 安田記念(G1)ストロングリターン(牡6)1:31.3

その前の年の安田記念は0.0差の2着(1:32.0)でした。

優れたスピードと瞬発力を持った馬でした。産駒に期待したくなりますね。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/09/25

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 39 34 35 267 10.40% 19.50% 28.80%
先行 130 109 123 979 9.70% 17.80% 27.00%
差し 156 174 127 1730 7.10% 15.10% 20.90%
追込 51 60 93 1494 3.00% 6.50% 12.00%

3コーナーは下りながらカーブを曲がるので息が入りづらく逃げ馬にとっては厳しいコース。

全体的にどのクラスでも差しタイプが活躍する傾向がありますが、先行や追い込みタイプも展開次第で食い込むので注意が必要です。

 

血統の傾向

順位 種牡馬 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
1 ディープインパクト 56 51 32 263 13.90% 26.60% 34.60%
2 ダイワメジャー 29 18 24 173 11.90% 19.30% 29.10%
3 ハーツクライ 24 15 9 147 12.30% 20.00% 24.60%
4 キングカメハメハ 19 23 17 209 7.10% 15.70% 22.00%
5 ステイゴールド 17 9 19 116 10.60% 16.20% 28.00%
6 シンボリクリスエス 16 17 17 130 8.90% 18.30% 27.80%
7 フジキセキ 11 9 14 92 8.70% 15.90% 27.00%
8 ネオユニヴァース 9 11 14 136 5.30% 11.80% 20.00%
9 クロフネ 9 7 6 70 9.80% 17.40% 23.90%
10 デュランダル 9 5 7 54 12.00% 18.70% 28.00%
11 ジャングルポケット 8 10 10 123 5.30% 11.90% 18.50%
12 ゼンノロブロイ 7 18 8 90 5.70% 20.30% 26.80%
13 アグネスタキオン 7 8 9 79 6.80% 14.60% 23.30%
14 メイショウサムソン 7 5 3 37 13.50% 23.10% 28.90%
15 ロージズインメイ 6 5 5 72 6.80% 12.50% 18.20%
16 ダンスインザダーク 5 5 6 74 5.60% 11.10% 17.80%
17 キングヘイロー 5 2 6 64 6.50% 9.10% 16.90%
18 タイキシャトル 5 2 3 49 8.50% 11.90% 17.00%
19 マンハッタンカフェ 4 12 15 105 2.90% 11.80% 22.80%
20 マツリダゴッホ 4 5 4 39 7.70% 17.30% 25.00%

ディープインパクト:勝率13.9% 連対率26.6% 複勝率34.6%

ダイワメジャー:勝率11.9% 連対率19.3% 複勝率29.1%

ハーツクライ:勝率12.3% 連対率20.0% 複勝率24.6%

注目は以上の3頭ですが、やっぱりディープインパクト産駒が圧倒的に強い!

 

 

東京芝1600mコースまとめ

・最後の直線は約526mとかなり長い

・500万以下のレースだと、ラスト600m(後半3F)から一気にペースアップする瞬発力勝負な展開となりやすい

・1000万以上のクラスになると、中間のペースは落ちず、長い距離を速いペースで走るタフなレース展開となりやすい。ゆえに、逃げ馬には厳しいコース

・マイル戦だが、スピードや瞬発力だけでなくスタミナも要求されるタフなコース。中距離で好走したことがある馬にも注目してみよう!

・ディープインパクト、ハーツクライ、ダイワメジャー産駒は活躍する

・差しタイプが活躍する傾向あり。でも展開次第で他の脚質にもチャンスあり。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です