東京競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



東京芝1800mと言えば毎日王冠が行われるコースですね。

重賞レースも多く組み込まれており、しっかりとコースの特徴をつかんでおきたいところです。

東京芝1800mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

東京芝1800mのコース特徴

 

・左回りで2コーナーからのスタート

・最後の直線を意識してか前半ペースは抑え気味

・カーブは緩やかで大回り

・最後の直線は約526mとかなり長い

・3コーナー途中から4コーナーにかけて、ダラダラと続く上り坂あり

・4コーナー回った直後くらいの位置からラスト300m地点くらいの間に急な上り坂あり

・内枠が好走する傾向あり

 

東京芝1800mで開催される重賞レース

 

共同通信杯・G3 3歳

エプソムC・G3 3歳上

毎日王冠・G2 3歳上

府中牝馬S・G3 3歳上牝

東京スポーツ杯2歳S・G3 2歳

 

タイムの傾向

 

平均タイム

 

2011/01/01~2016/09/25(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 前半4F 後半4F 後半3F タイム ペース
2歳
新馬 22 38 51.1 47.2 34.4 1.51.3 S(+3.9)
未勝利 26 36.2 48.8 47.7 34.9 1.49.3 S(+1.1)
500万 3 36.2 48.7 47 34.4 1.48.2 S(+1.7)
重賞・OP 8 35.7 48 47.3 34.5 1.47.8 S(+1.3)
3歳
新馬 13 37.5 50.6 47.4 34.4 1.51.1 S(+3.2)
未勝利 42 35.9 48.3 47.7 35.2 1.48.4 M(+0.6)
500万 24 36.5 49 46.8 34.3 1.48.3 S(+2.2)
重賞・OP 11 36.3 48.7 46.5 34.3 1.47.6 S(+2.2)
3歳上
4歳上
500万 27 36.2 48.4 46.7 34.5 1.47.5 S(+1.7)
1000万 36 36.4 48.7 46.5 34.4 1.47.4 S(+2.2)
1600万 15 35.6 47.6 46.6 34.6 1.46.2 S(+1.0)
重賞・OP 20 35.7 47.8 46.2 34.3 1.46.0 S(+1.6)

全体的に後傾ラップで、スローペースになりやすい傾向があります。

また、1600万クラスから一気にレベルアップしているのも特徴的です。

 

ラップデータ

年齢 クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
2歳
新馬 13.2 12 12.7 13.1 13 12.8 11.7 11.1 11.6
未勝利 12.9 11.3 12 12.6 12.7 12.8 11.7 11.4 11.7
500万 12.8 11.3 12 12.5 12.6 12.6 11.6 11.2 11.6
重賞・OP 12.8 11.2 11.7 12.3 12.6 12.8 11.8 11.1 11.7
3歳
新馬 13 11.8 12.6 13.1 13.2 13 11.7 11.2 11.5
未勝利 12.8 11.3 11.9 12.4 12.4 12.5 11.7 11.6 11.9
500万 12.9 11.6 12.1 12.5 12.6 12.5 11.4 11.2 11.6
重賞・OP 12.9 11.5 11.9 12.4 12.4 12.2 11.4 11.2 11.7
3歳上
4歳上
500万 12.9 11.4 11.8 12.2 12.3 12.2 11.4 11.3 11.7
1000万 13 11.5 11.9 12.3 12.2 12.1 11.4 11.3 11.8
1600万 12.8 11.2 11.6 12 12 12 11.5 11.3 11.9
重賞・OP 12.8 11.2 11.7 12.1 12 11.9 11.3 11.2 11.8

データを見てわかるとおり、ラスト600m(後半3F)で急なペースアップがあり、瞬発力勝負になりやすいコースとなっています。

 

コースレコード

 

◆2歳

2013/11/16 東京スポーツ杯2歳S(G3) イスラボニータ(牡2)1:45.9

イスラボニータはスピード力をいかして皐月賞も制覇しました。

 

◆3歳以上

2007/10/07 毎日王冠(G2) チョウサン(牡5)1:44.2

チョウサンはレコードを出したあと燃え尽きたのか、その後の成績は全くダメでした。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/09/25

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 39 34 26 247 11.30% 21.10% 28.60%
先行 121 110 98 761 11.10% 21.20% 30.20%
差し 101 111 133 1179 6.60% 13.90% 22.60%
追込 46 53 50 1178 3.50% 7.50% 11.20%

どの脚質でもチャンスがあるコースです。

スピードと瞬発力があれば、どの位置からでも勝つチャンスがあります。

2歳戦や3歳までの新馬・未勝利なら逃げ・先行がやや優勢のようです。

クラスが上がると逃げよりも、先行・差し・追い込みが決まりやすくなっていく傾向があります。

 

血統の傾向

 

ディープインパクト:勝率14.9% 連対率25.9% 複勝率37.9%

ハーツクライ:勝率10.4% 連対率24.5% 複勝率30.2%

ダイワメジャー:勝率11.7% 連対率20.0% 複勝率25.8%

以上の3頭の産駒が特に好走する傾向がみられます。

スピード力があって、決め手もある種牡馬は要注意です。

 

東京芝1800mコースまとめ

 

・1枠~4枠までの内枠は好走する傾向があります

・全体的に後傾ラップで、スローペースになりやすい

・最後の直線は約526mとかなり長い

・ラスト600m(後半3F)で急なペースアップがあり、瞬発力勝負になりやすい

・2歳戦や3歳までの新馬・未勝利なら逃げ・先行がやや優勢

・クラスが上がると逃げよりも、先行・差し・追い込みが決まりやすくなる

・ディープインパクト、ハーツクライ、ダイワメジャー産駒は活躍する

・上り3ハロンのタイムが優秀な馬を狙っていこう!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です