中山競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



中山芝1800mと言えば、3月に重賞レースが多く組み込まれている重要なコースです。

しっかりとコース特徴を把握しておきたいですね。

中山芝1800mのコース特徴、平均タイム、脚質や血統などの傾向を調べてみました。

 

中山芝1800mのコース特徴

 

・右回りで、内回りコース

・急坂手前からのスタート

・コーナーは4つあり、カーブはきつく小回りコースで、器用さも必要!

・最後の直線は約310mと短い

・ゴール前に急な上り坂(2回目)あり

・人気どおりの決着となりやすいコース

・内枠の好走傾向あり

2014年9月の中山開催は改修工事のため中止。エアレーションを導入してクッション性が高くなったのと、水はけが良くなった。2014年12月以降の中山芝コースは以前とは違うので傾向は変わってくると思われます。
エアレーションとは、 地面(馬場)に穴を開けて、地中に空気を入れて芝の成長を促すのが目的。

中山芝1800mで開催される重賞レース

 

中山記念・G2 4歳上

中山牝馬S・G3 4歳上牝

スプリングS・G2 3歳牡・牝

フラワーC・G3 3歳牝

 

3月に重賞レースが多く組み込まれています。 

 

血統の傾向

 

ディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァース産駒が好成績を残しています。

 

タイムの傾向

 

平均タイム

 

2011/01/01~2016/09/25の平均タイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 前半3F 前半4F 後半4F 後半3F タイム ペース
2歳
新馬 17 38.9 52.4 47.9 35.3 1.53.0 S(+4.5)
未勝利 21 36.9 49.6 48.2 35.8 1.50.2 S(+1.4)
3歳
未勝利 21 37.1 49.8 48.4 36 1.50.5 S(+1.4)
500万 16 36.8 49.4 47.8 35.4 1.49.4 S(+1.6)
重賞・OP 9 36.4 48.9 47.8 35.7 1.48.9 S(+1.1)
3歳上
4歳上
500万 15 36.3 48.6 47.5 35.5 1.48.1 S(+1.1)
1000万 29 36.9 49.2 47.3 35.3 1.48.4 S(+1.9)
1600万 14 36.5 48.6 47.6 35.8 1.47.9 S(+1.0)
重賞・OP 10 36.6 48.6 47.2 35.5 1.47.6 S(+1.4)

全体的にスローペースになる傾向があります。

スタートして、急坂を上りながら、すぐにコーナーを回るので前半のペースは上がりにくいコースです。(最初の直線は約205mと短い)

多頭数のレースで外枠に入った逃げ・先行馬には、多少、不利があります。

 

平均ラップ

 

スマホで見る場合、横にしてね!

年齢 クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
2歳
新馬 12.9 12.8 13.2 13.5 12.7 12.6 12.2 11.6 11.6
未勝利 12.7 12 12.2 12.7 12.3 12.4 12.1 11.7 12
3歳
未勝利 12.7 11.9 12.4 12.7 12.4 12.4 12.1 11.7 12.1
500万 12.5 12.2 12.1 12.6 12.3 12.4 12 11.6 11.9
重賞・OP 12.6 11.6 12.2 12.5 12.2 12.1 12.1 11.5 12.1
古馬
500万 12.5 12 11.9 12.3 12 12 11.9 11.7 11.9
1000万 12.7 12.1 12.1 12.3 12 12 11.8 11.5 12
1600万 12.6 12.1 11.9 12.1 11.7 11.8 11.9 11.7 12.3
重賞・OP 12.8 11.9 11.9 12 11.7 11.7 11.9 11.6 12.1

前半3Fと後半3Fに関しては、どのクラスでも同じくらいのタイムですが、クラスが上がるにつれて中間のタイムが上がります。

 

コースレコード

 

2004/02/29 中山記念(G2) サクラプレジデント(牡4)1:44.9

 

朝日杯FS(G1)で2着、皐月賞を2着と好走して将来を期待されるも、その後いまいちな走りを続けた後に中山記念で大激走!

高いスピード能力を秘めた馬でした。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

 

2011/01/01~2016/09/25までの脚質データ(良馬場のみ)

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 32 27 24 144 14.10% 26.00% 36.60%
先行 88 84 79 452 12.50% 24.50% 35.70%
差し 57 69 62 706 6.40% 14.10% 21.00%
追込 18 17 29 749 2.20% 4.30% 7.90%

逃げ・先行が圧倒的に好走しています。

急カーブが4つあり、最後の直線も短いとあっては、当然、前に行ったほうが有利なのは明白です。

ただ、重賞・OPクラスになると、差しタイプが優勢になるので、強烈な末脚をもっている馬には注意が必要です。

 

中山芝1800mコースまとめ

 

・コーナーは4つあり、カーブがきつい小回りコースなので器用さは必要

・急な上り坂を2回超えるタフなコース

・最後の直線は短いので、逃げ・先行が有利(下位クラスだと特に顕著)

・ただ、重賞・OPクラスになると、差しタイプが優勢

・内枠の好走傾向あり

・人気どおりの決着となりやすいコース

・ディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァース産駒が好走する傾向あり

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です