9月25日のWIN5予想!オールカマーや神戸新聞杯は何が来る?

スポンサーリンク



秋のG1シーズンが近づいてきましたね。なんだかワクワクしてきます。

先週のWIN5は、3戦まで的中していれば4戦のシンハライトと5戦のディーマジェスティは1点でとれると思っていましたが、まさかの1戦目に13人気キープレイヤー!

早々と散りました。

13⇒1⇒5⇒1⇒1人気で729,040円という結果でした。

人気決着になりそうなところは1点買い、荒れそうなレースは複数買いというスタイルが買い目も抑えられて効率が良いと感じました。

今回もそのスタイルの買い方は使えそうです。

 

第1戦 中山9R 芙蓉ステークス

14:35発走 2歳・オープン 中山芝・内2000m 別定

 

逃げ馬が不在でペースは遅くなりそうです。

エトルディーニュあたりが逃げるか?中山2000mだし、今回サトノクロノスは先行策でしょう。

ペースの遅い中山2000mなら前につけたほうが有利です。

ただ頭数が少ないので、一番後ろにつけない限り、位置取りはあまり関係ないかと思います。

本命◎は、レジェンドセラー。

父ルーラーシップはキングカメハメハ x エアグルーヴの良血とあって活躍が期待されている新種牡馬。

父譲りの末脚の爆発力が魅力な馬です。中山2000mのようなタフなコースが似合いそうな血統です。

サトノクロノスは新馬戦の余裕のある勝ち方に大物感が漂っていましたが、中京2歳Sで後ろから行ったわりには伸びなかったので評価下げました。

小頭数なので、ここは1点で!

 

◎レジェンドセラー

 

第2戦 阪神10R ムーンライトハンデキャップ

15:00発走 1600万下 阪神芝・内2000m ハンデ戦

 

阪神芝2000mはスローペースになりやすく、しかも内回りで最後の直線も短く、前残りがよくあるコースです。

狙いは、軽量ハンデの前に行ける馬。

逃げ馬はグッドスピリッツのみですが、テンのスピードが遅く、逃げれないこともしばしば。

今回、先行する馬はテンのスピードが速い馬が揃ったので、グッドスピリッツは逃げれるか心配です。

ひょっとしたらティーエスネオのほうが逃げるかも?

グランアルマダ、プリメラアスール、マキシマムドパリが先行する展開となるのではないでしょうか。

重賞レースで好走してきたマキシマムドパリの実績が上ですが、プリメラアスールの軽量ハンデ52kgと先行力が魅力的です。

前にポジションとれる馬を手広くおさえたいと思います。

 

◎プリメラアスール

○マキシマムドパリ

▲グッドスピリッツ

△ティーエスネオ

– – グランアルマダ

– – カゼルタ

予想の印 — は当日買い目を増やすかもしれないことを意味してます

 

第3戦 中山10R 外房特別

15:10発走 1000万下 中山芝・外1600m 定量

 

中山芝1600m・1000万下であれば、逃げ馬が前半3ハロンを35秒台よりも速いペースにならなければ先行勢に有利な展開となります。

逃げそうなのがオルレアンローズ。

内枠を引いたこともあり、過去の実績から考えると前半3ハロンを35秒台のペースとなりそうです。

ナムラバイオレット、タガノカムイ、シベリアンタイガーあたりが先行する展開でしょうか。

ブランドベルグは先行したいところですが、先行に不利な外枠を引いたので割引が必要かと。

展開とコースが味方しそうなオルレアンローズの逃げ切りに期待したいですね。

あとは、ディープ産駒の強烈な末脚をもつメイショウメイゲツまでおさえたいと思います。

 

◎オルレアンローズ

○メイショウメイゲツ

 

スポンサーリンク

 

第4戦 阪神11R 神戸新聞杯

15:35発走 G2 芝2400m

 

サトノダイヤモンドとエアスピネルの2強の戦いとなりそうです。

どちらも違う展開で2度対戦して、サトノダイヤモンドのほうが先着しています。

 

◆皐月賞:ハイペースで先行バテの展開

サトノダイヤモンド:4コーナー5番手で上り34.8を使い3着

エアスピネル:4コーナー3番手で上り35.5を使い4着

◆ダービー:スローで上り勝負な展開

サトノダイヤモンド:4コーナー7番手で上り33.4を使い2着

エアスピネル:4コーナー5番手で上り34.0を使い4着

 

道悪の対決ならわかりませんが、良馬場なら勝負づけは済んだかに思えます。

先行馬も揃ったし、超スローになるとは考えづらい。

ここはサトノダイヤモンド1点で!

 

◎サトノダイヤモンド

神戸新聞杯2017の傾向は?好走する条件に当てはまる穴馬は?

2016.09.19

 

第5戦 中山11R オールカマー

15:45発走 G2 芝2200m 別定

 

本命◎はゴールドアクター。

有馬記念を含む中山芝 [3 – 1 – 0 – 1] という中山巧者。

マリアライト、サトノノブレスといった強敵はいるが、どちらも中山コースを得意としていない。

怖いのはAJCCを勝った経験があるクリールカイザーくらいで、7歳と高齢なのと最近の成績が悪いので、まず大丈夫かと思います。

ここは1点で!

 

◎ゴールドアクター

 

以上の8点で勝負です。

オールカマー2017の傾向は?好走する条件は?

2016.09.19

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です