神戸新聞杯2017の傾向は?好走する条件に当てはまる穴馬は?

スポンサーリンク



神戸新聞杯の過去10年のデータから傾向を調べてみました。

好走する条件にピッタリの馬はどの馬でしょうか!?

 

神戸新聞杯はどんなレース?

 

阪神 芝2400m(外回り)・G2、3歳限定のレース。

3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられる重要なレースです。

2007年から芝2400m・外回りコースに変更されました。

 

過去にはゴールドシップ、オルフェーヴル、ディープインパクトといった名馬たちが神戸新聞杯~菊花賞を勝っていますよね。

菊花賞は京都で行われますが、セントライト記念(中山芝2200m)よりも阪神芝2400mの距離とコースが菊花賞のステップレース向きな感じがします。

 

 

人気の傾向

 

過去9年の1人気~3人気までのデータです。

人気 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1 6 2 0 2 60% 80% 80%
2 1 1 4 4 10% 20% 60%
3 2 2 1 5 20% 40% 50%

人気どおりの決着となっています。

特に1人気の信頼度は高く連対率80%となっています。

 

神戸新聞杯の脚質の傾向は?

 

過去10年の脚質のデータです。

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
合計 勝率 連対率
逃げ 1 1 1 8 11 9.10% 18.20%
先行 2 1 2 30 35 5.70% 8.60%
差し 6 6 4 41 57 10.50% 21.10%
追込 1 2 3 40 46 2.20% 6.50%

基本的に前に行ったほうが好走することが多いコースですが、重賞レベルとなると、外回りコースなので、やはり差しが決まりやすいようですね。

ただ、逃げるのがうまい騎手が乗ったときには逃げ残りにも警戒が必要です。

 

タイムの傾向は?

 

過去10年のタイム&ラップ・データです。

開催年 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m
2016 12.7 11.4 12.2 12.8 12.3 12.7 12.8 12.6 11.6 11.5 11.4 11.7
36.3 37.8 37 34.6
koube

基本的にスローペースとなる傾向があります。

前半1000m通過が60秒以上掛かる流れから最後の上り3Fで一気にペースアップする瞬発力勝負となることが多いみたいです。

(2009年、2010年、2011年、2013年、2015年、2016年該当)

 

ラスト1000mくらいから速いペースが続く持続力勝負となる場合も時々あります。

(2008年、2012年、2014年該当)

 

好走する条件とは?

 

圧倒的に好走するパターンは、ダービー1着or2着馬。

他では、皐月賞1着or2着馬、1600mのG1の1着馬、1800~2400mの重賞を連対した馬が好走する傾向があります。

当然、これらの馬は人気になるので、神戸新聞杯1着~3着に来ても不思議はないところですが、人気薄の馬が1着~3着に来るパターンは何か傾向があるのでしょうか?

 

サンプルが少なくてデータとしては微妙ですが、2007年以降に6人気~9人気が1着~3着に来るパターンを調べてみると、差しor追い込みタイプという共通点があります。

500万か1000万クラスの1600m~2000m勝ち実績があり、かつ、メンバー中2番目以内の速い上りタイムで勝っているという傾向がみられました。

2016年:ミッキーロケット2着(6人気)、3走前で500万クラスの2000mを最速上がりで勝っていた

2015年:トーセンバジル3着(7人気)、4走前で500万クラスの2000mを最速上がりで勝っていた

 

スポンサーリンク

 

血統

 

阪神芝2400mはステイゴールド、キングカメハメハ産駒が得意とするコースですが、神戸新聞杯でも、その傾向はあるようです。

 

神戸新聞杯の傾向まとめ

 

・外回りコースで最後の直線が長く、実力馬が多いので、差しタイプが活躍!

・1人気の信頼度は高い

・基本的にスローペースとなる傾向あり

・瞬発力勝負となることが多い

・ダービーか皐月賞の1着or2着馬、1600mのG1の1着馬、1800~2400mの重賞を連対した馬が好走

・人気薄の差しor追い込みタイプにも警戒

・ステイゴールド、キングカメハメハ産駒は要注意

 

競馬場の阪神芝2400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.22

 

注目馬は?

 

◆好走条件にピッタリ!最も注目したい馬

レイデオロ

ダービー馬で実績上位!

カデナ

弥生賞の切れ味はすごかった

 

◆穴馬ならこれ!

キセキ

人気になりそうなので穴馬とは言えないかもしれませんが、1000万を凄い上がりで差し切った脚は重賞でも通用しそう!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.