中山競馬場の芝1200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



中山芝1200mと言えばスプリンターズSが行われるコースです。

コース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

中山芝1200mのコース特徴

 

・右回りで、外回りコース

・スタートしてから最初の3コーナーまで275mと短いが緩やかな弧を描くカーブでほぼ直線。急な下り坂となっている

・コーナーは実質4コーナーだけで急カーブ

・最後の直線は310mと短い

・ゴール前に急な上り坂あり

・1人気の勝率が悪く荒れやすいコース

2014年の9月の中山開催は改修工事のため中止。エアレーションを導入してクッション性が高くなったのと、水はけが良くなった。2014年12月以降の中山芝コースは以前とは違うので傾向は変わってくると思われます。
エアレーションとは、 地面(馬場)に穴を開けて、地中に空気を入れて芝の成長を促すのが目的。

中山芝1200mで開催される重賞レース

 

オーシャンS・G3 4歳上

スプリンターズS・G1 3歳上

 

血統

 

ダントツでサクラバクシンオー産駒が好成績を残しています。

 

タイム

 

平均タイム

2011/01/01~2016/09/11

年齢 クラス レース数 前半3F 後半3F タイム
2歳
新馬 17 35 35.4 1.10.4
未勝利 22 33.9 35.6 1.09.5
500万 4 34.1 35.4 1.09.5
重賞・OP 7 33.7 35.1 1.08.8
古馬
500万 9 33.4 34.8 1.08.2
1000万 34 33.9 34.7 1.08.6
1600万 23 33.4 34.6 1.08.0
重賞・OP 15 33.5 34.4 1.07.9

 

重賞・OPの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.9 10.6 11 11.3 11.3 11.8

スタートから下り坂となっており、かつスプリント戦ということで当然かなりペースは速くなります。

ペースは緩むことなくスピードで押し切るレースとなるので持続力とスピード力が必要。

 

コースレコード

2012/09/30 スプリンターズS(G1) ロードカナロア(牡4)1:06.7

ロードカナロアは翌年のスプリンターズSも勝ち連覇達成!

 

スポンサーリンク

 

脚質

 

2011/01/01~2016/09/11までの脚質データ(良馬場のみ)

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 28 17 19 118 15.40% 24.70% 35.20%
先行 73 74 57 453 11.10% 22.40% 31.10%
差し 63 70 73 797 6.30% 13.30% 20.50%
追込 18 21 34 807 2.10% 4.40% 8.30%

 

逃げ・先行が優勢という傾向がみられますが、差しも結構決まる印象のあるコース。

下位クラスは逃げ・先行、上位クラスだと差しが決まる傾向があります。

最後の直線だけで追い込むのは厳しいコースです。

外枠の先行馬はカーブが続くので多少の不利あり。

 

中山芝1200mコースまとめ

・1人気の勝率が悪く荒れやすいコース

・逃げ・先行が優勢も、上位クラスだと差しが決まる傾向あり

・サクラバクシンオー産駒が好走する

・外枠の先行馬は不利

・ペースは緩むことなくタフなレースとなるので持続力とスピード力が必要

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.