セントライト記念2016のこじはる競馬3連単の予想は?本命ディーマジェスティ?

スポンサーリンク



うまズキッで競馬予想している小嶋陽菜こと、こじはるの3連単5頭ボックスならだいたい当たる~のコーナー!

こじはるのセントライト記念の予想になります。

 

セントライト記念出走馬

朝日セントライト記念

3歳・G2 芝2200m 12頭だて

sento

 

馬場状態

 

中山競馬場

芝の状態 :先週の競馬による傷みはほとんど無く、引き続き良好な状態です。
芝の草丈 :(芝コース)野芝約12~14cm
使用コース:Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)
引用:JRA http://www.jra.go.jp/

昼から雨の予報で、微妙な天気です。

土曜日のタイムも平均的なタイムで馬場状態は良さそうです。

 

うまズキッ番組内容

今週は小嶋陽菜(AKB48)が久々に番組に出演してくれました。

足の怪我がニュースになってましたけど、本人いわく、「うまズキッには出れるくらいの怪我です(笑)」だって。

なんか、こじはるらしくて笑っちゃいました。

 

凱旋門賞

 

マカヒキが凱旋門賞の前哨戦で勝った内容について細江純子さんは、超スローペースの中、3番手で折り合って疲労を残さず勝てたことが大きいと解説。

現在、凱旋門賞では8.5倍の4人気(イギリスブックメーカーによる)のマカヒキ。

強豪相手にかなり人気になってます。

1人気:ポストポンド4倍
2人気:アルマンゾル6倍
3人気:ラクレソニエール7倍
4人気:マカヒキ8.5倍

 

セントライト記念

 

本命は?

矢作は、メートルダール。小木はゼーヴィント。

こじはるは、ディーマジェスティ!

皐月賞のときからイチオシの馬で、蛯名騎手だし自信の◎。

えっ!?ヒモは?と思ったら番組後半で発表してくれました。

千鳥ノブが美浦トレセン取材

ゼーヴィントの追い切りを見て「大仕上がりじゃ~」と興奮気味に語っていたが、ディーマジェスティの追い切りで相手を抜くことができず「わからんのじゃ!専門家を呼んでくれ~」ぼやくノブ。

そんな中、追い切りを終えた蛯名騎手に質問するチャンスが!

ノブ「3頭で併せて抜けなかったのはなぜ?」

蛯名騎手「先週しっかり追い切りをやってあるので今週は並べばいいなというくらい」

ノブ「ディーマジェスティの良いところは?」

蛯名騎手「非常に乗りやすい馬。コントロールがきくのは上のクラスのレースで大きい」

番組でこじはるが「迷ったら蛯名さん」と言っることを告げると、普段クールな蛯名騎手がめっちゃ喜んでました。

ゼーヴィントの戸崎騎手にも話を聞けたノブ。

リーディング独走ですごいとヨイショするも、「いえまだまだです」と戸崎騎手。

ポジションはどのあたりになるのか質問すると、「枠順とかあるので何とも言えないが、それをなしに考えると中団前くらいかと思います」と戸崎騎手。

「操縦性に問題はないので強気に乗ってもなんとかなる馬」とも語ってくれました。

 

ローズS

 

細江さんの予想は、

◎7シンハライト

○3カイザーバル

▲13アドマイヤリード

穴5レッドアヴァンセ

 

細江さん「馬の良さを把握している池添騎手が乗れるのは良い点。カイザーバルは乗り方の難しい馬で、そういう馬の乗り方がうまい四位騎手なので期待。アドマイヤリードは新馬の内容が良かったのが忘れられない。ジュエラーはこれまでの過程を見ると本番でかかってしまうのではないかと心配があり評価下げ。」と解説してました。

 

 

スポンサーリンク

 

レース展開は?

 

ローズS

前走の紫苑Sは17番の外枠で前に行けなかったクィーンズベストが今回は逃げるのではないかと思います。

ヘイハチハピネス、フロムマイハートは先行して結果を出してきた馬なので前のほうへ行きそうです。

内枠を引いたカイザーバルも今回先行するかも。

他、バレエダンサー、ラベンダーヴァレイも先行する形かなと。

人気馬が後ろに集中しているので、穴をあけるなら前残りか!?

 

ローズS2017の傾向は?過去10年のデータから好走条件を探る

2016.09.13

 

セントライト記念

キークラッカーが逃げて、ピースマインド、ケンホファヴァルト、ノーブルマーズが他を引き離して先行する展開でしょうか。

ゼーヴィントとしては、この後ろあたりにつけたいところか。

ディーマジェスティはいつもどおり後ろから差す競馬でしょう。

 

セントライト記念2017の傾向は?好走する条件とは?

2016.09.12

 

セントライト記念こじはる3連単の予想

 

◎4ディーマジェスティ

○10ゼーヴィント

▲1メートルダール

△12ステイパーシスト

穴3プロフェット

 

セントライト記念の結果

 

結果

1着 ◎4 ディーマジェスティ

2着 ○10 ゼーヴィント

3着  無印  9 プロディガルサン

結果、残念はずれ。的中していてもトリガミだったし、攻めの予想をした結果だから仕方がないかと思います。

 

レース回顧

スタート後、となりの馬に寄って来られたので最後方からの競馬となったディーマジェスティ。

ゼーヴィントはスタート良く4番手追走。中山2200mというコースを考えると理想的なポジション。

ディーマジェスティはスタートがうまくいけばもっと楽に勝てたんでしょうけど、3コーナーから徐々に押し上げていき4コーナーで大外へ出して一気にまくり差し切るという強い内容の競馬でした。

ゼーヴィントとは着差以上に強さを感じたレースでした。

問題は菊花賞3000mという距離ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.