オークス2018年の傾向は?過去データを分析した結果は?

レースの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2018年オークスの傾向を調べてみました。

 

オークスはどんなレース?

正式レース名が「優駿牝馬」のオークス。

クラシックレースの一つであり、伝統的な一戦である。

東京芝2400mで行われる3歳牝馬限定のG1レースです。

優先出走権は、桜花賞5着以内(4着⇒5着に2018年より変更)、フローラS2着以内(3着⇒2着に2018年より変更)、スイートピーS1着(2着⇒1着に2018年より変更)となっています。

過去にはジェンティルドンナやブエナビスタといった名馬が勝ったレースです。

着順 馬名 人気 所属 1角 2角 3角 4角
17
1 ソウルスターリング 1 (美) 3 4 2 2
2 モズカッチャン 6 (栗) 6 6 6 5
3 アドマイヤミヤビ 2 (栗) 13 13 13 12
16
1 シンハライト 1 (栗) 15 14 13 14
2 チェッキーノ 2 (美) 12 13 13 14
3 ビッシュ 5 (美) 7 8 8 5
15
1 ミッキークイーン 3 (栗) 12 12 9 9
2 ルージュバック 1 (美) 6 5 5 4
3 クルミナル 6 (栗) 9 8 6 6
14
1 ヌーヴォレコルト 2 (美) 7 9 9 8
2 ハープスター 1 (栗) 14 14 16 16
3 バウンスシャッセ 3 (美) 5 7 7 8
13
1 メイショウマンボ 9 (栗) 9 9 7 7
2 エバーブロッサム 5 (美) 7 8 9 9
3 デニムアンドルビー 1 (栗) 18 17 14 11
12
1 ジェンティルドンナ 3 (栗) 13 14 14 15
2 ヴィルシーナ 2 (栗) 6 8 8 9
3 アイスフォーリス 9 (美) 8 6 6 7
11
1 エリンコート 7 (栗) 9 9 7 6
2 ピュアブリーゼ 8 (美) 1 1 1 1
3 ホエールキャプチャ 2 (美) 12 13 14 12
10
1 アパパネ 1 (美) 9 13 13 11
1 サンテミリオン 5 (美) 7 10 10 8
3 アグネスワルツ 8 (栗) 2 2 2 2
9
1 ブエナビスタ 1 (栗) 15 16 15 14
2 レッドディザイア 2 (栗) 9 10 9 6
3 ジェルミナル 4 (栗) 5 7 10 10
8
1 トールポピー 4 (栗) 9 7 8 7
2 エフティマイア 13 (美) 7 7 6 5
3 レジネッタ 5 (栗) 11 11 10 10

コース特徴はこちらの記事を見てね

東京競馬場の芝2400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.09

オークスの脚質の傾向は?

脚質 着別 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-1-0-9 0.00% 10.00% 10.00%
先行 1-1-1-33 2.80% 5.60% 8.30%
差し 7-5-9-64 8.20% 14.10% 24.70%
追込 3-2-0-42 6.40% 10.60% 10.60%

差し・追込みタイプが活躍するレースです。

逃げ・先行して前残りというパターンが少ない。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝時計 前3F 前5F 後5F 上3F ペース
17 2.24.1 37.1 61.7 57.8 34.1 S
16 2.25.0 35.1 59.8 59.8 34.5 M
15 2.25.0 35.6 61.3 58.6 34.8 S
14 2.25.8 35.2 60.7 59.6 35.1 M
13 2.25.2 35.7 59.6 61.4 35.7 M
12 2.23.6 35.1 59.1 60.2 35.7 H
11 2.25.7 35.9 60.7 60 35.3 M
10 2.29.9 35.4 60.6 62.9 35.9 H
9 2.26.1 36 61 60 34.8 S
8 2.28.8 35.9 61.4 61.5 35.7 M

勝ちタイムは良馬場なら2分25秒あたりの決着が多い。

平均ペースかスローな展開からの上がり勝負となりやすい

上がり3Fが速い馬が好走する傾向がはっきりでている。

ちなみに2012年のジェンティルドンナの勝ちタイム2.23.6は、同年開催のダービー2.23.8よりも速く、この馬の強さが際立っていました。

 

過去実績の傾向は?

勝ち馬に共通しているのは、芝1600m以上のレース勝ち実績があり、馬体重が480kg以下ということ。

とにかく重賞で速い上がりを使い好走している馬は要注意!そこそこ強い相手に凄い脚を使って勝ち負けしたような馬をチェックすべき!

スポンサーリンク

枠の傾向は?

枠番 着別 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-1-1-17 5.00% 10.00% 15.00%
2枠 3-1-1-14 15.80% 21.10% 26.30%
3枠 0-1-2-17 0.00% 5.00% 15.00%
4枠 1-0-0-19 5.00% 5.00% 5.00%
5枠 2-2-1-15 10.00% 20.00% 25.00%
6枠 0-0-1-19 0.00% 0.00% 5.00%
7枠 2-3-2-23 6.70% 16.70% 23.30%
8枠 2-1-2-24 6.90% 10.30% 17.20%

枠順の有利・不利はありません。気になるほどの偏りは見られません。

ただ、6枠は過去20年で1度も勝った実績がないのが気になります。

1人気の傾向は?

人気 着別 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-2-1-3 40.00% 60.00% 70.00%
2番人気 1-3-2-4 10.00% 40.00% 60.00%
3番人気 2-0-1-7 20.00% 20.00% 30.00%
4番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
5番人気 1-1-2-6 10.00% 20.00% 40.00%
6番人気 0-1-1-8 0.00% 10.00% 20.00%
7番人気 1-0-0-9 10.00% 10.00% 10.00%
8番人気 0-1-1-8 0.00% 10.00% 20.00%
9番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
10番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
11番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
12番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
13番人気 0-1-0-9 0.00% 10.00% 10.00%
14番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
15番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
16番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
17番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
18番人気 0-0-0-8 0.00% 0.00% 0.00%

1人気の勝率4割、連対率6割なら、まずまず信頼できる数字です。

しかし信頼できる1人気だからこそ連対をはずしたときの反動は大きく馬連万馬券が過去10年で3回もあります。

では大穴狙いでいけばよいかというと、それは少しやめたほうが良いかもしれません。過去20年で10人気以下の馬が優勝したことはなく、過去10年で10人気以下の馬が3着以内に来たのは1頭だけです。

9人気以内の決着を想定して予想したほうが良いかと思います。

 

血統の傾向は?

父か母父にノーザンダンサー系(大系統)種牡馬を持つ馬が必ず馬券に絡んでいる点は見逃せません。

今年だと、リリーノーブル、マウレア、カンタービレ、ロサグラウカなどが該当します。

 

オークスの傾向まとめ

差し・追込みタイプが活躍するレース

平均ペースかスローな展開からの上がり勝負となりやすい

上がり3Fが速い馬が好走する

勝ち馬に共通しているのは、芝1600m以上のレース勝ち実績があり、馬体重が480kg以下

6枠は過去20年で1度も勝った実績がない

9人気以内の決着を想定して予想したほうが良い

父か母父にノーザンダンサー系(大系統)種牡馬を持つ馬が必ず馬券に絡んでいる

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です