京王杯スプリングC2018年の傾向は?過去データを分析した結果は?

レースの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2018年京王杯スプリングCの傾向を調べてみました。

着順 馬名 性齢 人気 3角 4角
17
1 レッドファルクス 牡6 2 8 9
2 クラレント 牡8 11 3 4
3 グランシルク 牡5 4 10 10
16
1 サトノアラジン 牡5 3 12 12
2 サンライズメジャー 牡7 7 15 16
3 ロサギガンティア 牡5 2 6 6
15
1 サクラゴスペル 牡7 5 6 7
2 ヴァンセンヌ 牡6 2 15 15
3 オメガヴェンデッタ セ4 7 1 2
14
1 レッドスパーダ 牡8 10 2 2
2 クラレント 牡5 2 4 4
3 エールブリーズ 牡4 7 6 5
13
1 ダイワマッジョーレ 牡4 1 8 8
2 トライアンフマーチ 牡7 5 8 8
3 ガルボ 牡6 6 7 6
12
1 サダムパテック 牡4 4 7 8
2 レオプライム 牡5 11 11 13
3 インプレスウィナー 牡5 13 10 9
11
1 ストロングリターン 牡5 4 9 7
2 シルポート 牡6 3 1 1
3 ジョーカプチーノ 牡5 2 2 2
10
1 サンクスノート 牝5 10 2 2
2 マルカフェニックス 牡6 5 6 6
3 アーバニティ 牡6 3 1 1
9
1 スズカコーズウェイ 牡5 8 6 7
2 トウショウカレッジ 牡7 3 9 9
3 ファリダット 牡4 2 12 13
8
1 スーパーホーネット 牡5 2 9 7
2 キストゥヘヴン 牝5 6 10 10
3 スズカフェニックス 牡6 1 13 15

京王杯スプリングCはどんなレース?

京王杯スプリングカップは、東京芝1400mで行われる4歳以上のG2レースです。

安田記念のステップレースとなっており、2着までの馬に優先出走権が与えられる。

しかし、ステップレースというわりに京王杯スプリングC優勝馬が安田記念を制したのは過去10年でゼロなんですよね(2005年アサクサデンエン以来なし)

コース特徴はこちらの記事を見てね

東京競馬場の芝1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.29

 

京王杯スプリングCの脚質の傾向は?

2008年~2017年

脚質 着別 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-1-2-7 0.00% 10.00% 30.00%
先行 2-2-1-33 5.30% 10.50% 13.20%
差し 6-4-4-56 8.60% 14.30% 20.00%
追込 2-3-3-38 4.30% 10.90% 17.40%

過去10年で逃げ切り勝ちはゼロ。

差しタイプの好走傾向がみられます。とはいえ、上がり3Fの最速タイムを出した馬が好走した数は意外と少ない。4コーナーで9番手以内の好位置をキープしつつ、キレのある脚を使える馬が好走する傾向がみられます。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝時計 前3F 前4F 上3F
17 1.23.2 36.4 49 34.2
16 1.19.6 34.6 46.1 33.5
15 1.21.6 36 47.9 33.7
14 1.19.7 33.7 44.7 35
13 1.20.6 33.9 45.7 34.9
12 1.20.1 34.2 45.9 34.2
11 1.20.2 35 46.4 33.8
10 1.19.8 34.6 45.9 33.9
9 1.20.6 35.1 46.4 34.2
8 1.20.8 34.7 46.2 34.6

勝ちタイムは、良馬場なら1分20秒前半くらい。前半3Fが34秒後半くらいが平均ペースか。33秒台ならハイペース気味。傾向としては平均ペースになりがち。

あまりハイペースにならないのは、スタートしてから最初のコーナーまで直線が短めなことも影響しているのかもしれません。

 

年齢の傾向は?

年齢 着別 勝率 連対率 複勝率
4歳 2-0-3-42 4.30% 4.30% 10.60%
5歳 5-3-4-30 11.90% 19.00% 28.60%
6歳 1-3-3-36 2.30% 9.30% 16.30%
7歳~ 2-4-0-26 6.30% 18.80% 18.80%

5歳が優勢だが、7歳・8歳の高齢馬も結構がんばっている。

 

過去実績の傾向は?

ステップレースという位置づけのレースというだけあって、実績のある馬は目一杯仕上げてこない。ゆえに、人気を背負ってこけるというパターンが多い。

京王杯スプリングCの勝ち馬の傾向として、前走負けていた馬が多い。前走がOP以上なら負けていても気にする必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

枠番 着別 勝率 連対率 複勝率
1枠 0-1-1-15 0.00% 5.90% 11.80%
2枠 0-1-2-16 0.00% 5.30% 15.80%
3枠 1-2-1-15 5.30% 15.80% 21.10%
4枠 0-0-3-17 0.00% 0.00% 15.00%
5枠 2-1-0-17 10.00% 15.00% 15.00%
6枠 3-2-1-14 15.00% 25.00% 30.00%
7枠 4-2-2-15 17.40% 26.10% 34.80%
8枠 0-1-0-25 0.00% 3.80% 3.80%

8枠の好走は2017年クラレントの2着だけ。しかもこの年は近年で最も少ない13頭立てだった。16頭以上の8枠なら不利と考えてよさそうです。

東京芝1400mはスタートしてから最初のコーナーまで直線が短めなことも影響しているのかもしれません。

1人気の傾向は?

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
2番人気 2-2-3-3 20.00% 40.00% 70.00%
3番人気 1-2-1-6 10.00% 30.00% 40.00%
4番人気 2-0-1-7 20.00% 20.00% 30.00%
5番人気 1-2-0-7 10.00% 30.00% 30.00%
6番人気 0-1-1-8 0.00% 10.00% 20.00%
7番人気 0-1-2-7 0.00% 10.00% 30.00%
8番人気 1-0-0-9 10.00% 10.00% 10.00%
9番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
10番人気 2-0-0-8 20.00% 20.00% 20.00%
11番人気 0-2-0-8 0.00% 20.00% 20.00%
12番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
13番人気 0-0-1-9 0.00% 0.00% 10.00%
14番人気 0-0-0-9 0.00% 0.00% 0.00%
15番人気 0-0-0-9 0.00% 0.00% 0.00%
16番人気 0-0-0-7 0.00% 0.00% 0.00%
17番人気 0-0-0-6 0.00% 0.00% 0.00%
18番人気 0-0-0-3 0.00% 0.00% 0.00%

1人気の連対率1割はかなり低い数値。1人気は信頼できないレースとなっています。

12人気以下の連対はありませんが、波乱含みのレースです。2012年は3連単179万馬券が出ました。

 

血統の傾向は?

圧倒的にサンデーサイレンス系が大活躍!!

 

京王杯スプリングCの傾向まとめ

4コーナーで9番手以内の好位置をキープしつつ、キレのある脚を使える馬が好走する傾向がみられます。

傾向としては平均ペースになりがち(ハイペースになりにくい)

5歳が優勢だが、7歳・8歳の高齢馬も結構がんばっている

16頭以上の8枠なら不利

1人気は信頼できない

圧倒的にサンデーサイレンス系が大活躍

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です