ヴィクトリアマイル2018年の傾向は?過去データを分析した結果は?

レースの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2018年ヴィクトリアマイルの傾向を調べてみました。

着順 馬名 性齢 人気 3角 4角
17
1 アドマイヤリード 牝4 6 12 7
2 デンコウアンジュ 牝4 11 9 11
3 ジュールポレール 牝4 7 6 7
16
1 ストレイトガール 牝7 7 11 10
2 ミッキークイーン 牝4 1 13 12
3 ショウナンパンドラ 牝5 2 13 14
15
1 ストレイトガール 牝6 5 5 5
2 ケイアイエレガント 牝6 12 2 2
3 ミナレット 牝5 18 1 1
14
1 ヴィルシーナ 牝5 11 1 1
2 メイショウマンボ 牝4 3 7 7
3 ストレイトガール 牝5 6 9 11
13
1 ヴィルシーナ 牝4 1 2 2
2 ホエールキャプチャ 牝5 12 10 10
3 マイネイサベル 牝5 5 3 2
12
1 ホエールキャプチャ 牝4 4 3 3
2 ドナウブルー 牝4 7 2 2
3 マルセリーナ 牝4 3 13 13
11
1 アパパネ 牝4 2 9 11
2 ブエナビスタ 牝5 1 13 13
3 レディアルバローザ 牝4 3 3 3
10
1 ブエナビスタ 牝4 1 13 12
2 ヒカルアマランサス 牝4 8 4 4
3 ニシノブルームーン 牝6 11 12 13
9
1 ウオッカ 牝5 1 5 4
2 ブラボーデイジー 牝4 11 4 4
3 ショウナンラノビア 牝6 7 1 1
8
1 エイジアンウインズ 牝4 5 6 7
2 ウオッカ 牝4 1 10 9
3 ブルーメンブラット 牝5 4 7 4

ヴィクトリアマイルはどんなレース?

東京芝1600mで行われる4歳以上牝馬のG1レースです。

2006年に創設された比較的新しいG1レースとなっています。

ステップレースとなっているのが阪神牝馬Sと福島牝馬Sで、2着以内に入ると優先出走権が与えられる。

 

コース特徴はこちらの記事を見てね

東京競馬場の芝1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.02

ヴィクトリアマイルの脚質の傾向は?

2008年~2017年まで10年間

脚質 着別 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-0-2-7 10.00% 10.00% 30.00%
先行 3-4-3-27 8.10% 18.90% 27.00%
差し 6-5-2-63 7.90% 14.50% 17.10%
追込 0-1-3-51 0.00% 1.80% 7.30%

18頭立てで後方過ぎる位置取りだと勝ち切るのは難しいが、どの脚質にもチャンスがありそうです。

 

タイムの傾向は?

馬場 勝時計 前3F 前4F 後4F 上3F ペース
17 1.33.9 35.6 47.9 46 33.8 S
16 1.31.5 33.8 45.7 45.8 34.3 M
15 1.31.9 34.3 45.5 46.4 35 H
14 1.32.3 34.7 46.2 46.1 34.3 M
13 1.32.4 34.6 46.3 46.1 34.2 M
12 1.32.4 34.4 46.4 46 34.2 M
11 1.31.9 33.5 44.6 47.3 36 H
10 1.32.4 33.8 45.5 46.9 34.9 H
9 1.32.4 34.7 46.7 45.7 33.8 S
8 1.33.7 35.7 47.9 45.8 33.7 S

良馬場なら勝ちタイムは1分32秒前半くらい。31秒台なら速い決着です。

ペースの傾向はありません。ただ、良馬場だった場合の近年の傾向としては中間地点でペースが緩むことなく流れる展開となりやすい。瞬発力だけで勝てるようなレースではなさそうです。実際、過去10年で上がり最速タイムの馬が勝った例は2回しかありません。スピードの持続力と後ろ過ぎないポジションどりも必要となります。

 

年齢の傾向は?

年齢 着別 勝率 連対率 複勝率
4歳 6-7-3-71 6.90% 14.90% 18.40%
5歳 2-2-5-45 3.70% 7.40% 16.70%
6歳 1-1-2-24 3.60% 7.10% 14.30%
7歳~ 1-0-0- 8 11.10% 11.10% 11.10%

4歳の好走率が高いようです。

 

過去実績の傾向は?

ヴィクトリアマイルで過去に好走した馬は、最近の成績が悪くても再度好走するというパターンが良くみられます。それ以外の過去実績はあまりあてにならないかも。

あとは、スローペースで瞬発力勝負なら強いという馬よりも、速いスピードを持続して長く良い脚を使えるタイプのほうが好走しやすい。

 

スポンサーリンク

枠の傾向は?

枠番 着別 勝率 連対率 複勝率
1枠 0-2-5-13 0.00% 10.00% 35.00%
2枠 0-1-2-17 0.00% 5.00% 15.00%
3枠 4-0-0-16 20.00% 20.00% 20.00%
4枠 0-2-0-18 0.00% 10.00% 10.00%
5枠 0-3-1-16 0.00% 15.00% 20.00%
6枠 3-0-0-17 15.00% 15.00% 15.00%
7枠 2-1-1-24 7.10% 10.70% 14.30%
8枠 1-1-1-27 3.30% 6.70% 10.00%

2016年以外、1枠~3枠が3着以内にきており、内枠の好走率が高い。本来、枠の有利不利はないコースですが、AコースからBコースに替わる時期に開催されるのでインコースが良い状態なことが影響していると思われます。

 

1人気の傾向は?

人気 着別 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-3-0-4 30.00% 60.00% 60.00%
2番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
3番人気 0-1-2-7 0.00% 10.00% 30.00%
4番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
5番人気 2-0-1-7 20.00% 20.00% 30.00%
6番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
7番人気 1-1-2-6 10.00% 20.00% 40.00%
8番人気 0-1-0-9 0.00% 10.00% 10.00%
9番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
10番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
11番人気 1-2-1-6 10.00% 30.00% 40.00%
12番人気 0-2-0-8 0.00% 20.00% 20.00%
13番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
14番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
15番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
16番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
17番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
18番人気 0-0-1-7 0.00% 0.00% 12.50%

過去4年で1人気の勝ちはなく、18人気が3着に来た事もある波乱含みのレースです。牝馬だけのレースだけに、「まさか・・」という馬が激走することもありうるようです。

面白い現象として、11人気と12人気が過去10年で6回も3着以内に来ています。

 

血統の傾向は?

サンデーサイレンス系が好走する傾向がありますが、クロフネ産駒やキングカメハメハ産駒にも注意が必要です。

 

ヴィクトリアマイルの傾向まとめ

・近年の傾向としては中間地点でペースが緩むことなく流れる展開となりやすい

・上がり3Fの速い馬が活躍するとは限らないレース。速いスピードを持続できるタイプが好走しやすい

4歳の好走率が高い

過去に好走した馬は、最近の成績が悪くても再度好走する

内枠の好走率が高い

11人気と12人気が過去10年で6回も3着以内に来るなど波乱含みのレース

サンデーサイレンス系が好走する

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です