京都新聞杯2018年の傾向は?過去データを分析した結果は?

レースの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2018年京都新聞杯の傾向を調べてみました。

着順 馬名 人気 1角 2角 3角 4角
17
1 プラチナムバレット 2 7 7 7 9
2 サトノクロニクル 1 4 4 4 3
3 ダノンディスタンス 6 2 2 2 2
16
1 スマートオーディン 1 13 13 12 9
2 アグネスフォルテ 9 2 2 2 2
3 ロイカバード 4 9 9 8 7
15
1 サトノラーゼン 2 5 4 5 5
2 ポルトドートウィユ 1 9 9 8 7
3 アルバートドック 6 10 10 10 10
14
1 ハギノハイブリッド 3 10 11 10 9
2 サウンズオブアース 8 10 9 9 7
3 ガリバルディ 5 16 15 17 14
13
1 キズナ 1 16 16 15 13
2 ペプチドアマゾン 9 3 3 3 3
3 ジャイアントリープ 11 10 10 10 5
12
1 トーセンホマレボシ 5 2 2 2 2
2 ベールドインパクト 2 11 9 8 5
3 エキストラエンド 1 9 9 8 5
11
1 クレスコグランド 3 6 6 6 5
2 ユニバーサルバンク 2 3 3 3 3
3 サウンドバスター 10 8 9 9 9
10
1 ゲシュタルト 3 4 6 5 5
2 コスモファントム 2 3 3 3 2
3 レーヴドリアン 1 14 14 13 13
9
1 ベストメンバー 1 5 3 4 4
2 デルフォイ 3 7 8 7 7
3 ロードロックスター 4 1 1 1 1
8
1 メイショウクオリア 2 6 5 7 4
2 ロードアリエス 9 2 3 7 4
3 マイネルローゼン 6 1 1 1 1

京都新聞杯はどんなレース?

京都芝2200mで行われる3歳限定のG2レース。(2002年より2000mから変更された)

ダービーの前哨戦として位置づけられており、現在は5月に行われていますが、昔は菊花賞のトライアルレースでした。

 
コース特徴はこちらの記事を見てね

京都競馬場の芝2200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.13

 

京都新聞杯の脚質の傾向は?

2008年~2017年まで過去10年

脚質上り 着別 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-0-2-8 0.00% 0.00% 20.00%
先行 3-6-1-25 8.60% 25.70% 28.60%
差し 5-4-5-46 8.30% 15.00% 23.30%
追込 2-0-2-43 4.30% 4.30% 8.50%
マクリ 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%

最後の直線は長く、急坂もないのでスピード力と瞬発力のあるタイプが活躍しやすい。

4コーナーで7番手以内の馬が好走しやすいが逃げ切るのは難しそう。

タイムの傾向は?

馬場 勝時計 前3F 前5F 後5F 上3F ペース
17 2.15.2 36.6 62.1 60 34.7 S
16 2.12.6 36.1 60.8 59.5 34.5 M
15 2.11.3 35.2 59.4 59.3 34.9 M
14 2.11.0 34.1 57.7 60.8 36.2 H
13 2.12.3 34.9 59.2 60.8 35.9 H
12 2.10.0 34.2 58 59.2 34.8 H
11 2.13.5 35.8 60.6 59.7 34.3 M
10 2.12.8 35.9 59.9 59.6 34.7 M
9 2.13.0 36.1 61 59 34.6 S
8 2.18.4 37.3 63.7 61 36.1 S

ペースの傾向はありません。ハイペースになったときは追い込みが届きやすいが、基本的には先行か差しが活躍する傾向があります。

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

枠番 着別 勝率 連対率 複勝率
1枠 0-1-1-14 0.00% 6.30% 12.50%
2枠 4-0-2-11 23.50% 23.50% 35.30%
3枠 2-3-2-11 11.10% 27.80% 38.90%
4枠 1-2-0-16 5.30% 15.80% 15.80%
5枠 0-0-1-19 0.00% 0.00% 5.00%
6枠 2-2-3-13 10.00% 20.00% 35.00%
7枠 0-2-0-19 0.00% 9.50% 9.50%
8枠 1-0-1-20 4.50% 4.50% 9.10%

枠の有利不利はありません。偏りもみられませんが、外枠よりも内側のほうが好走率が良い。

 

1人気の傾向は?

人気 着別 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-2-2-3 30.00% 50.00% 70.00%
2番人気 3-3-0-4 30.00% 60.00% 60.00%
3番人気 3-1-0-6 30.00% 40.00% 40.00%
4番人気 0-0-2-8 0.00% 0.00% 20.00%
5番人気 1-0-1-8 10.00% 10.00% 20.00%
6番人気 0-0-3-7 0.00% 0.00% 30.00%
7番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
8番人気 0-1-0-9 0.00% 10.00% 10.00%
9番人気 0-3-0-7 0.00% 30.00% 30.00%
10番人気 0-0-1-9 0.00% 0.00% 10.00%
11番人気 0-0-1-9 0.00% 0.00% 10.00%
12番人気 0-0-0-10 0.00% 0.00% 0.00%
13番人気 0-0-0-9 0.00% 0.00% 0.00%
14番人気 0-0-0-8 0.00% 0.00% 0.00%
15番人気 0-0-0-7 0.00% 0.00% 0.00%
16番人気 0-0-0-6 0.00% 0.00% 0.00%
17番人気 0-0-0-2 0.00% 0.00% 0.00%
18番人気 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%

勝ち馬は5人気以内、連対馬は9人気以内というデータから波乱が少なく人気決着の傾向があります。

血統の傾向は?

近年ですと「父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系」のパターンが活躍する傾向があります。やっぱりディープインパクト産駒が強い。

 

京都新聞杯の傾向まとめ

・スピード力と瞬発力のあるタイプが活躍しやすい

・先行か差しタイプに好走傾向あり

・勝ち馬は5人気以内、連対馬は9人気以内で人気決着の傾向あり

・「父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系」のパターンが活躍する

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.