フェアリーS2018のこじはる競馬3連単の予想と展開は?

フェアリーS予想
スポンサーリンク



フェアリーステークスは中山芝1600mで行われるG3レースです。

3歳になったばかりの賞金の足りない牝馬たちが桜花賞に向けて狙ってくるレースとなっています。

1991年~2007年まで12月の中山芝1200m(2歳牝馬戦)で行われていましたが、2009年から1月開催になり距離も1600mに延長されました。

以下のとおり、とにかく波乱傾向のレースとなっています。

2017年、10人気 1着

2016年、10人気 2着

2015年、11人気 1着

2014年、10人気 2着

2013年、10人気 1着

2012年、14人気 2着

など、ほぼ毎年10人気以下の伏兵がきています。毎年、実力は横一線というメンバー構成が多いレースなので、まあ当然の結果ですかね。

 

さて、気になるこじはる予想は?

フェアリーS 出走馬

中山芝1600m・G3 3歳牝馬

2018 フェアリーS 出走馬

中山芝1600mコース特徴

コース特徴はこちらの記事を見てね

中山競馬場の芝1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.04

中山競馬場の馬場状態

  • 芝の状態
    今開催はCコースを使用します。コースの変更に伴い、傷んだ箇所は概ねカバーされ、全体的に良好な状態です。
  • 芝の草丈
    (芝コース)野芝約6から8センチメートル、洋芝約10から14センチメートル
    (障害コース)野芝約6から8センチメートル、洋芝約10から14センチメートル
  • 使用コース
    Cコース(Aコースから6メートル外に内柵を設置)

引用JRA: http://www.jra.go.jp/

土曜日は良馬場でしたが、速い時計が出るわけでもなく高速馬場という感じではなさそうです。

 

フェアリーS・レース展開は?

内枠に入ったサヤカチャンが逃げなければ、ライレローズが逃げる展開でしょうか。

平均ペースかスローな展開になると予想します。

もしそうなれば、前走ハイペースを追走して結果を出したテトラドラクマの真価が問われるレースとなりそう。

 

展開予想

[逃げ]

サヤカチャン、ライレローズ

[先行]

ジーナスイート、テトラドラクマ

アントルシャ、レネット

[差し]

グランドピルエット、シスル

デュッセルドルフ、トロワゼトワル、スカーレットカラー

ジョブックコメン、レッドベルローズ、プリモシーン

[追い込み]

ハトホル

フィルハーモニー

スポンサーリンク

フェアリーS・こじはる3連単の予想

馬好王国の3連単5頭ボックスなら「だいたい当たる~」のコーナー!

こじはるの予想は、以下のとおりです。

◎   13 レッドベルローズ

○   1 サヤカチャン

▲   10 スカーレットカラー

△   2 デュッセルドルフ

穴   12 ジーナスイート

3連単5頭ボックス買いで、合計60点。

 

フェアリーSの結果

残念、はずれです。

1着  14 プリモシーン

2着 ▲   10 スカーレットカラー

3着 ◎   13 レッドベルローズ

逃げると思われたサヤカチャンが逃げず、落ち着いたペースになり、フィルハーモニーが早めに仕掛けて先行集団が固まる展開となりました。後方待機して折り合いをとれた馬がしっかり伸びた。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.