阪神競馬場のダート1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



阪神ダート1800mと言えば昔はジャパンCダートとしてG1レースが行われていたコースですね。

コース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

阪神ダート1800mのコース特徴

 

・右回りコース

・最初のコーナーまでの直線は約300mと短い

・コーナーのカーブは緩やか

・ゴール前の急坂を2回上るタフなコース

・4コーナー回って最後の直線は約350mと、新潟ダートとほぼ同じ。ダートコースにしては長くもなく短くもない。

・スタートしてすぐにコーナーを回るので外枠よりも内枠のほうが好走確率がやや高い

 

阪神ダート1800mで開催される重賞レース

 

アンタレスS・G3 4歳上

 

血統

 

キングカメハメハ、クロフネ、ゴールドアリュール産駒は出走数も多いが好走確率も高い。

注目はゼンノロブロイ産駒。

出走数は上記3頭ほどではないが、勝率・連対率・複勝率で良い数字を残しています。

人気薄でも積極的に狙っていきたい一頭です。

新潟ダートの中距離で良く走る産駒が多いゼンノロブロイ産駒ですが、阪神ダート1800mも同じような好走傾向がみられます。

雨が降ってスピードの出る馬場となったらキングカメハメハ・クロフネ産駒、良馬場でパワーが要求される馬場ならゴールドアリュール・ゼンノロブロイ産駒といった感じでしょうか。

 

タイム

 

平均タイム

 

過去5年の平均ラップ・データ(良馬場のみ)

クラス 200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
3歳未勝利 12.8 11.2 13.6 13 12.9 12.9 12.7 12.5 13.1
古馬500万 12.8 11.2 13.4 12.7 12.8 12.7 12.5 12.3 13.1
古馬1000万 12.7 11.2 13.3 12.6 12.6 12.5 12.4 12.2 12.9
古馬1600万 12.8 11.2 13.1 12.4 12.4 12.4 12.3 12.2 12.9
古馬重賞・OP 12.5 10.8 13 12.2 12.4 12.3 12.2 11.9 12.8

 

過去5年の平均タイム・データ(良馬場のみ)

クラス 前半3F 中間3F 後半3F タイム
3歳未勝利 37.5 38.8 38.4 1.54.7
古馬500万 37.3 38.1 37.9 1.53.3
古馬1000万 37.3 37.8 37.5 1.52.6
古馬1600万 37.1 37.1 37.5 1.51.7
古馬重賞・OP 36.3 36.9 36.9 1.50.1

 

全体的に平均ペースの傾向があります。
重、不良なら1秒~2秒くらいタイムを縮めてきます

 

コースレコード

 

2004/07/10 灘S(OP) 重馬場 1:48.5 サカラート

 

東海S(G2)勝ちなどダート戦で好走しましたが、G1はとれませんでしたね。ジャパンカップダート(G1)が阪神ダート1800mの時代なら・・と思ったりもしました。

 

スポンサーリンク

 

脚質

 

過去5年の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 50 25 18 132 22.20% 33.30% 41.30%
先行 77 82 73 580 9.50% 19.60% 28.60%
差し 77 88 98 1037 5.90% 12.70% 20.20%
追込 21 31 37 957 2.00% 5.00% 8.50%

逃げ・先行が圧倒的に有利です!

差しタイプでも後ろから行く馬ではなく好位差しタイプまで。

追い込みタイプを狙っても馬券は当たらないでしょう。

ここまで逃げ・先行に有利なデータが揃っていると当然人気になりやすく堅い決着となりやすい傾向もあります。

 

阪神ダート1800mコースまとめ

 

・逃げ&先行が圧倒的に有利!

・キングカメハメハ、クロフネ、ゴールドアリュール、ゼンノロブロイ産駒が好走する

・内枠やや有利

・1人気は堅実に好走し堅い決着となりやすい

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です