中山競馬場の芝2200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



中山芝2200mのコース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

中山芝2200mのコース特徴

 

・右回りで、外回りコース

・スタートしてから最初のコーナーまで432mと長い

・外回りなので2~3コーナーのカーブが緩やかで、まくり差しが決まる

・勝負どころの4コーナーは急カーブ!ここをスムーズに回ってこれるかがポイント!

・最後の直線は310mと短い

・ゴール前の急坂を2回上るタフなコース

 

2014年9月の中山開催は改修工事のため中止。エアレーションを導入してクッション性が高くなったのと、水はけが良くなった。2014年12月以降の中山芝コースは以前とは違うので傾向は変わってくると思われます。
エアレーションとは、 地面(馬場)に穴を開けて、地中に空気を入れて芝の成長を促すのが目的。

中山芝2200mで開催される重賞レース

 

アメリカJCC・G2

セントライト記念・G2

オールカマー・G2

 

血統

 

勝率ではディープインパクト産駒が上回っているが、出走数・勝利数ではステイゴールド産駒が上。

注目は、新種牡馬のドリームジャーニー

2016年から [3 – 1 – 0 – 0] のパーフェクト連対!

何年もかけて、やっと3勝するような種牡馬が多い中、1年もたたぬうちに好成績を叩きだした!これは相当すごいことです!

中山や阪神の中距離~長距離で走るのではないかと期待してしまいます。

そういえば、ドリームジャーニーの父はステイゴールドでしたね。

なんか納得。

 

タイム

 

平均タイム

過去5年の平均タイム(良馬場のみ)

年齢 クラス タイム 最初3ハロン 前半1000m 後半1000m 上り3ハロン ペース
3歳限定
未勝利 2.15.9 36.6 62.4 60.8 35.8 S(+1.6)
500万 2.16.0 37.5 63.7 59.9 34.8 S(+3.8)
重賞・OP 2.13.4 35.7 60.2 59.8 35.6 M(+0.4)
古馬
500万 2.15.2 37.1 62.9 59.5 35.2 S(+3.4)
1000万 2.14.5 36.9 61.9 59.8 35.8 S(+2.1)
1600万 2.13.6 36.7 61.7 59.4 35.4 S(+2.3)
重賞・OP 2.12.5 36.6 61.2 59.5 35.6 S(+1.7)

スタートしてから急な上り坂になっているので、前半のペースは速くならず、全体的にスローペースに落着きやすい傾向があります。

前半1000m通過がほとんどのクラスで61秒より遅いというスローな展開で後傾ラップとなっています。

前に行った馬の脚色が衰えず最後の直線が短いとあれば、当然、逃げ・先行に有利な展開となります。

ただ、重賞・OPクラスになると、前半と中間のペースがあがり、逃げバテするケースが増え、差しタイプにチャンスが出てきます。

 

コースレコード

 

2004/09/19 セントライト記念(G2) コスモバルク 2:10.1

 

スポンサーリンク

 

脚質

 

過去5年の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 15 11 7 68 14.90% 25.70% 32.70%
先行 39 37 34 200 12.60% 24.50% 35.50%
差し 25 31 33 327 6.00% 13.50% 21.40%
追込 5 5 10 349 1.40% 2.70% 5.40%

逃げ・先行タイプが優勢!

「タフなコース」と「最後の直線が短い」ことが影響しているものと思われます。

ただ、OPクラス以上だと逃げタイプは減少気味で、先行が優勢です。

 

中山芝2200mコースまとめ

 

・ディープインパクト、ステイゴールド、ドリームジャーニー産駒が活躍

・スローペースになりやすい

・急坂を2回上るタフなコースでスタミナが要求される

・全体的に逃げ・先行タイプが優勢だが、OP・重賞レースでは「差し」にも注意

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.