ローズS2017の傾向は?過去10年のデータから好走条件を探る

スポンサーリンク



ローズステークスの過去10年のデータから傾向を調べてみました。

競馬予想の参考にしていただければ幸いです。

 

ローズステークスはどんなレース?

 

秋華賞トライアルレースとして有名なG2レース。

3着までの馬には、秋華賞の優先出走権が与えられます。

ジェンティルドンナやダイワスカーレットといった名牝が羽ばたいていったレースでもあります。

ローズステークスがG2になったのは1984年からですが、以前はエリザベス女王杯のトライアルレースでした。

秋華賞トライアルとなったのは1996年。この頃は、まだ2000m戦でした。

阪神芝1800mで行われるようになったのは2007年以降です。
コース特徴はこちらの記事を見てね

阪神競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.09

 

ローズステークスの脚質の傾向は?

 

過去10年の脚質データ(2007年~2016年)

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率 単勝
回収値
逃げ 1 1 1 7 10.00% 20.00% 30.00% 16
先行 3 0 3 29 8.60% 8.60% 17.10% 19
差し 5 6 5 45 8.20% 18.00% 26.20% 112
追込 1 3 1 42 2.10% 8.50% 10.60% 26

逃げ・先行も、そこそこ来ていますので展開次第といったところでしょうか。

近年では、差し&追い込みタイプが活躍しています。

 

1人気の傾向

 

過去10年で1人気の成績は、[5-2-1-2]と好成績を残しています。

連対率7割なら、かなりの安定感があります。

しかし、7人気~15人気の伏兵がよく来ることも頭に入れておきたい。

2016年 クロコスミア 11人気 2着

2015年 タッチングスピーチ 7人気 1着

2014年 タガノエトワール 15人気 2着

リラヴァティ 9人気 3着

2013年 シャトーブランシュ 9人気 2着

ウリウリ 10人気 2着

 

血統の傾向

 

ディープインパクト産駒が大活躍!

近年のリーディングサイアー順位どおり、キングカメハメハが続いて活躍を見せている。

阪神芝1800mコースならダイワメジャー産駒も好走する傾向があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

タイムの傾向は?

 

過去10年のタイム

開催年 馬場 前半800m 後半800m 勝ちタイム ペース 1着の上り3F 2着の上り3F
2016 47.4 46.8 1.46.7 M(+0.6) 33.7 34.6
2015 46.7 46.8 1.45.2 M(-0.1) 33.9 33.8
2014 47.3 46.2 1.46.0 S(+1.1) 33.6 33.3
2013 46.3 49.5 1.47.7 H(-3.2) 36 35.7
2012 49 45.4 1.46.8 S(+3.6) 33.2 33.2
2011 49.3 46.4 1.48.1 S(+2.9) 33.8 33.3
2010 46.7 46.7 1.45.8 M(0) 33.8 33.4
2009 46.3 46.6 1.44.7 M(-0.3) 34.2 34
2008 46.9 48.3 1.47.3 H(-1.4) 35.5 35
2007 48 45.7 1.46.1 S(+2.3) 33.6 33.2

表の「ペース」の項目は、前半・後半800mのタイム差から、前傾か後傾ラップなのかを知りたかったので載せました。

過去レースを分析した結果、展開の傾向がみえてきました。

 

展開のタイプは大きく分けて3つあります。

 

[1]前半に先行争いが激しく、中間は無理せず脚をためて、後半の上り勝負(通常型)

2010、2014、2016年⇒どの脚質にもチャンスあり

 

[2]前半と中間ともに無理せず脚をためて、後半の上り勝負(究極の切れ味勝負)

2007、2011、2012年⇒逃げ・先行が活躍

 

[3]中間でスピードを落とさず先行した馬には厳しいレース

2008、2009、2013、2015年⇒ほぼ差し・追い込みで決まった
下位クラスのレースだと、スローか平均ペースが多く、どの脚質にもチャンスがある傾向がありますが、G2になるとハイペースも増え「差し・追い込み」が優勢な傾向がみられます。

ローズステークスは、平均からハイペースになるケースが増える傾向がみられました。

上りの3ハロンタイムは33秒台決着が多いので、切れ味鋭い馬は要チェックです!

 

好走する条件とは?

 

前走オークス4着以内だった馬の好走傾向が強いようです。

それ以外では、1800m以上のレースでメンバー中、最速の上りタイムをだして好走している馬は展開次第でくる可能性があるので要チェックです。

基本的には瞬発力型が好走すると考えてよいかと思います。

 

ローズステークスの傾向まとめ

 

・阪神芝1800mのコースはクラス全体で考えると逃げ&先行が優勢というデータはありますが、OP&重賞レース限定だと「差し・追い込み」も同じくらい活躍する傾向があるので、結局は展開次第

・ディープインパクト産駒が大活躍。他では、キングカメハメハ、ダイワメジャー産駒

・上りの3ハロンタイムは33秒台決着が多いので、瞬発力型は好走する

・前走オークス4着以内だった馬は高確率で好走する

・1人気は信頼できる

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.