福島競馬場の芝2600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

福島芝2600m コース
スポンサーリンク



福島芝2600mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

福島芝2600mのコース特徴

・右回りコース

・スタート後すぐコーナーを曲がるので前半のペースはさほど速くならない

・カーブはきつめで6つのコーナーを回る

・3~4コーナーにスパイラルカーブがある

通常、カーブでスピードが落ちるが、スパイラルカーブは下りながらカーブを曲がるので、曲線部分でもスピードが落ちにくい。

・最後の直線は290mと短い

・ゴール前の緩やかな上り坂を含めて4回の上り坂があり、そこそこスタミナを要求される

・内枠に好走傾向あり

・1人気の信頼性は低く、波乱含みのコース

 

福島芝2600mで開催される重賞レース

ありません。

 

タイムの傾向

平均タイム

2012/01/01~2017/03/26のタイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 1000m通過
3歳 未勝利 12 2.42.2 61.8
3歳上
4歳上
500万 28 2.40.7 62
1000万 12 2.40.3 62

スタート後すぐコーナーを曲がるので前半のペースはさほど速くなりません。

 

1000万クラスの平均ラップ

13.0 – 11.7 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 12.5 – 12.8 – 12.8 – 12.3 – 11.9 – 12.0 – 11.8 – 12.2

 

福島芝2600mは、1000万クラスまでのレースしかないのでレベルの高い争いにはなりません。

前半から中盤にかけて、ゆっくりとしたペースで進み、最後の3コーナー手前からペースアップして実質ラスト800mの勝負となります。

トップスピードは求められません。

長距離戦なので、いかに距離ロスなく走れるか、前のほうの良いポジションをとれるかで勝負が決まります。

 

コースレコード

2012/11/03 磐梯山特別(1000万下) サクセスパシュート(牡4)2:37.3

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2012/01/01~2017/03/26の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 6 12 2 55 8.00% 24.00% 26.70% 53
先行 38 24 33 134 16.60% 27.10% 41.50% 169
差し 16 20 22 220 5.80% 13.00% 20.90% 50
追込 1 5 4 233 0.40% 2.50% 4.10% 1

先行タイプが最も活躍します。中距離戦で活躍していた逃げ馬もこの距離になると厳しいみたいです。

最後の直線が短いので、後ろすぎるポジションは活躍できません。

好位差しくらいまでならチャンスはあるでしょう。

 

血統の傾向

瞬発力勝負が得意なディープインパクト産駒の成績が悪く、逆に持続力勝負が得意な、ステイゴールド産駒が好成績を残しています

 

福島芝2600mコースまとめ

・先行タイプが活躍する

・前半のペースはゆっくり、ラスト800m勝負のスローペース傾向

・完全な平坦コースではなく、緩やかな上り坂を4回上るためスタミナは要求される

・内枠に好走傾向あり

・波乱含みのコース

・ステイゴールド産駒は走るが、ディープインパクト産駒は苦戦する

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.