福島競馬場のダート1150mコース特徴は?タイムはどのくらい?

福島ダート1150m コース
スポンサーリンク



福島ダート1150mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

福島ダート1150mのコース特徴

・右回りコース

・芝地点のスタートの影響なのか外枠に好走傾向あり

・スタートしてから最初のコーナーまで484mの長い直線

・カーブはきつめで2つのコーナーを回る

・高低差2.1mは東京ダートコース(2.5m)に次ぐ坂となっていて短距離コースなのに2回も坂をのぼることになりパワーも要求される

・最後の直線は約296mと短い

2004年秋に新設されたコース

 

福島ダート1150mで開催される重賞レース

ありません。

 

タイムの傾向

平均タイム

2012/01/01~2017/03/26(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半500m 後半3F
2歳
新馬 4 1.10.5 32.4 38.1
未勝利 15 1.09.8 31.9 37.9
3歳 未勝利 35 1.09.5 31.8 37.7
3歳上
4歳上
500万 71 1.08.9 31.6 37.3
1000万 10 1.08.2 31.1 37.1

どのクラスもハイペース傾向です。

スタートから全速力で走り、ゴールに近づくにつれペースは落ちていく究極の持続力勝負となります。

 

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2012/01/01~2017/03/26の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 50 20 19 98 26.70% 37.40% 47.60% 280
先行 84 100 73 407 12.70% 27.70% 38.70% 112
差し 47 55 78 925 4.30% 9.20% 16.30% 73
追込 6 13 16 929 0.60% 2.00% 3.60% 12

短距離ダート戦なので、当然のことながら逃げタイプが活躍しています。

持続力勝負となる展開で最後の直線が短いとあっては、追い込みタイプが活躍することはないでしょう。

どの馬が逃げるのか展開を読めれば的中率はUPしていくでしょう。

 

血統の傾向

特に傾向はありません。

ミスプロ系の短距離ダート血統が良いかなというくらい。

短距離ダートに強いサウスヴィグラス産駒は過去5年の勝ち数は多いものの勝率が悪いようです。この産駒は坂の少ないコースのほうが合っているのではないかと感じます。

 

福島ダート1150mコースまとめ

  • ハイペース傾向
  • 持続力勝負の傾向あり
  • 逃げ馬が圧倒的に活躍
  • 外枠に好走傾向あり

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です