福島競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

福島芝1800m コース
スポンサーリンク



福島芝1800mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

 

福島芝1800mのコース特徴

・右回りコース

・スタート後の直線は約305m。小回りローカル1800mの中では長いほう

・カーブはきつめで4つのコーナーを回る

・3~4コーナーにスパイラルカーブがある

通常、カーブでスピードが落ちるが、スパイラルカーブは下りながらカーブを曲がるので、曲線部分でもスピードが落ちにくい。

・最後の直線は290mと短い

・ゴール前の緩やかな上り坂を含めて3回の上り坂があり、そこそこスタミナを要求される

・波乱含みのコース

 

福島芝1800mで開催される重賞レース

福島牝馬S・G3 4歳上牝

ラジオNIKKEI賞・G3 3歳

 

タイムの傾向

平均タイム

2012/01/01~2017/03/26のタイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 後半3F 1000m通過 ペース
2歳
新馬 18 1.48.5 37.2 35.7 63.6 S
未勝利 17 1.49.7 35.9 36.2 61.4 S
500万 3 1.50.0 36.6 34.9 62.8 S
3歳
未勝利 34 1.49.0 35.8 36 60.9 M
重賞・OP 5 1.47.1 35.2 35.2 59.7 M
3歳上
4歳上
500万 52 1.48.1 35.8 35.5 60.6 M
1000万 5 1.48.4 36.2 36 60.5 M
1600万 3 1.46.5 35.2 35.9 58.9 H
重賞・OP 10 1.47.1 35.2 35.7 59.5 M

ハンデ戦も多いせいか、クラスごとのタイム差もバラバラです。

小回りコースで4つのコーナーを曲がることもあり、極端なペースの偏りはありません。

基本的に平均ペース傾向で、全体的な流れは、前半速いペースになるもコーナーをまわると中間地点でペースダウンして息を入れて後半ラストスパートという形が多い。

先行有利なコース形状と、最初の直線が長いこともあり、前半のペースは速くなる傾向があります。

他の競馬場と比べても一番速いタイムとなっています。
以下、1800mのOP・重賞レースにおける前半3Fの平均タイム比較です。

  • 福島35.2
  • 阪神35.5
  • 小倉35.6
  • 東京35.7
  • 札幌35.7
  • 函館35.8
  • 新潟35.8
  • 中山37.0

OP・重賞の平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.6 11.1 11.6 12.2 12.1 11.9 12 11.7 12.1

福島芝1800mは前半3Fのタイムが速くなりがちですが、1コーナーと2コーナーの急カーブでペースダウンするので、1800m全体でみれば平均ペースの傾向となってます。

古馬の上位クラスだと、持続力勝負となる傾向があります。

 

コースレコード

1998/06/21 吾妻小富士OP(OP) アンブラスモア(牡4)1:45.3

前半3Fを34.4秒、1000m通過が58.1秒というハイペースで逃げ切り勝ちしたアンブラスモア。

ローカル小回りコースだけは、やたらと走りましたね。

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2012/01/01~2017/03/26の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 33 29 20 118 16.50% 31.00% 41.00% 278
先行 81 74 67 411 12.80% 24.50% 35.10% 130
差し 42 52 60 712 4.90% 10.90% 17.80% 90
追込 12 13 21 727 1.60% 3.20% 6.00% 27

逃げ・先行が活躍しています。回収値も良く狙い目です。

切れる脚がなくても、前の方で競馬ができてしぶといタイプが好走します。

小回りコースで最後の直線が短いので、後ろから行く馬は、まくり脚質でないと厳しいでしょう。

 

血統の傾向

優秀なスピードを受け継ぐサンデーサイレンス系の産駒に好走傾向がみられます。

福島芝2000mとは違いディープインパクト産駒は良い成績を残しています。

他のサンデーサイレンス系では、ステイゴールド、ゼンノロブロイ、マンハッタンカフェ、マツリダゴッホ、スペシャルウィーク、フジキセキなどに注目。

 

福島芝1800mコースまとめ

・前半のペースは速いが全体的に平均ペース傾向

・完全な平坦コースではなく、緩やかな上り坂を3回上るためスタミナは要求される

・急カーブを4回曲がり最後の直線が短いコースなので、逃げ・先行は好走傾向あり

・波乱含みのコース

・サンデーサイレンス系の産駒に注目

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.