フラワーカップ2017年の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

フラワーCの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2017年フラワーカップの傾向を調べてみました。

 

フラワーカップはどんなレース?

フラワーカップは、中山芝1800mで行われる3歳牝馬限定のG3レースです。

桜花賞の優先出走権はありませんが、賞金を加算して運がよければ出走可能です。

クラシック前に賞金を加算できるチャンスがあるレースですが、大物が出走することはまずありません。

例年、小粒なメンバーが多く出走してきます。

2011年は阪神開催

中山芝1800mコース特徴はこちらの記事を見てね

中山競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.30

 

フラワーカップの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 5 0 0 5 50.00% 50.00% 50.00%
先行 3 3 1 31 7.90% 15.80% 18.40%
差し 1 6 5 52 1.60% 10.90% 18.80%
追込 1 2 3 42 2.10% 6.30% 12.50%

中山芝1800mコースなので、前に行ったほうが有利です。

データ的にも、逃げ・先行タイプが圧倒的に活躍しています。

データには追込が1勝となっていますが、2011年阪神開催によるもので参考外です。

ちなみに、1人気で逃げ・先行した馬はフラワーCすべて連対を決めていますが、1人気で差し・追い込みした馬はすべて3着以下に沈んでいます。

上記のデータには阪神開催の2011年も含みます

 

タイムの傾向は?

頭数 馬場 勝ちタイム 前半-後半3F 1000m通過 1着 2着
2016 16 1:49.3 36.8-35.6 61.5
2015 16 1:49.4 36.5-35.4 61.7
2014 16 1:51.3 37.1-37.0 62.1
2013 14 1:50.0 36.6-35.5 62
2012 16 1:53.3 37.4-37.5 63.3
2011 18 1:47.0 34.7-35.9 59
2010 16 1:50.3 36.5-35.1 62.5
2009 16 1:49.3 35.7-36.2 60.6
2008 16 1:49.5 37.8-36.1 61.4
2007 16 1:49.6 36.4-35.9 61
2011年は阪神開催

勝ちタイムは、1分49秒台の決着が多いです。

良馬場なら4Fタイムは、だいたい前半49秒~後半48秒くらいの後傾ラップ。

1000m通過が約61秒~62秒のスローペースとなる傾向があります。

好走するために速い上りタイムは不要なレースです。

 

逃げ馬は、ラスト3F目からスパートすると決まりやすいみたいですね。

 

4コーナー位置取りとラップデータは以下のとおりです。

4コーナー位置取りの、1着は赤色、2着は青色、3着は緑色

2016年

(*9,11)13(4,5)8,3,10(1,7)14(6,12)(2,15)16

12.7 – 11.9 – 12.2 – 12.5 – 12.2 – 12.2 – 11.911.3 – 12.4

 

2015年

1(6,10)4(3,16,12)(8,5,14,2)7(11,15,13,9)

12.6 – 11.6 – 12.3 – 12.9 – 12.3 – 12.3 – 12.011.4 – 12.0

 

2014年

(*2,9)13(7,6)12(3,5)15(11,16,10)(8,4)1,14

13.0 – 11.8 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 12.5 – 11.9 – 12.6

 

過去実績の傾向は?

まず消したい条件は「1400m(ダートも含む)以下のレースしか勝っていない」です。[0-0-1-27]

3着に来た馬はダート1400m勝ち実績のある馬でした。キャリアが少ない馬が多いので1600m以上を経験していないという馬もいますが、フラワーCを本気で狙っている馬なら1600m以上のレース経験と勝った実績は欲しいところ。

 

過去のOP・重賞実績は全くあてにならないレースのようです。

以下のデータをご覧ください。

  • 阪神JF7着以内の実績のあった馬[0-0-0-7]
  • OP勝ちの実績をもった馬[0-0-0-3]
  • 重賞連対実績のある実力馬[1-2-0-7]

未勝利レベルの多いメンバーが多い中、この成績はひどい!
フラワーCで好走するためには、とにかく先行力!

過去に1度でもいいから逃げ・先行で良い走りをした馬に注目すべきです。

ぼろ負けしていても「距離やコースが合わなかった」などの理由があれば度外視してOKです。

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1 2 0 0 17 10.50% 10.50% 10.50%
2 1 1 3 14 5.30% 10.50% 26.30%
3 3 1 0 16 15.00% 20.00% 20.00%
4 1 2 1 16 5.00% 15.00% 20.00%
5 1 1 4 14 5.00% 10.00% 30.00%
6 1 2 1 16 5.00% 15.00% 20.00%
7 1 2 0 18 4.80% 14.30% 14.30%
8 0 2 0 19 0% 9.50% 9.50%

中山芝1800mは内枠有利。ここでもその傾向がデータにあらわれました。

8枠は過去10年で0勝。単勝1.5倍のディアジーナでも8枠から先行して2着でした。

外枠の先行タイプは割引が必要です。

 

人気の傾向は?

  • 1人気[4-3-1-2]
  • 2人気[1-1-3-5]
  • 3人気[2-1-0-7]
  • 4人気[0-2-0-8]
  • 5人気[1-0-0-9]
  • 6-9人気[1-3-2-34]
  • 10-14人気[1-1-3-45]
  • 15-18人気[0-0-0-20]
上記のデータには阪神開催の2011年も含みます

1人気の連対率7割なら、結構信頼できる数字です。とはいえ、1人気で差し・追い込みタイプの馬は勝ちきれないので注意。

1人気以外だと、かなりばらけており、14人気までの波乱は十分考えられます。

ということで、逃げ・先行の1人気なら素直に信頼し、差し・追い込みタイプの1人気なら3着以下もありえるのと、ヒモ荒れに注意しましょう。

 

血統の傾向は?

注目したいのはロベルト系(ブライアンズタイムやシンボリクリスエスなど)。

父か母父がロベルト系は結構、好走しています。

他にはダート血統や、キングマンボ系などのパワー系血統もいい感じです。

ディープインパクトは[0-1-0-10]なので軽視したい。

 

フラワーカップの傾向まとめ

  • 逃げ・先行タイプが圧倒的に活躍
  • スローペース傾向ですが、速い上りタイムは不要
  • 1400m以下のレースしか勝っていない馬は消し
  • OP・重賞実績は全くあてにならないので惑わされないように!
  • 中山芝1800mは内枠有利。外枠の先行タイプは割引が必要です。
  • 逃げ・先行タイプの1人気なら信頼してOK
  • 14人気までの波乱は警戒したい
  • 父か母父がロベルト系に好走傾向あり(ディープインパクト産駒は軽視)

 

フラワーカップの注目馬は?

まず、消したい馬からチェック!

1600m以上の勝ち実績がないヴィーナスアローは消しで!

OP勝ちもあり、人気になりそうなのがディーパワンサ。しかし、過去の傾向どおりなら、期待を裏切りるかもしれません。

あと、ディープインパクト産駒ということで人気になりそうなハナレイムーンも軽視したいですね。後方から瞬発力をいかす競馬しかできない馬とみました。中山1800mで凡走するタイプです。

ということで、以下、注目馬です。

◎デアレガーロ

中山コースを先行して2連勝!マンハッタンカフェ産駒ですが、母方からスピードを受け継いだと思われます。

新馬ではスロー逃げからの良い瞬発力を見せ、500万のレースでは長い距離を速いラップで持続させる競馬をみせ、どんな展開でも対応できるのは強み。

〇ファンディーナ

京都1800mで圧倒的なパフォーマンスを見せて人気になりそう。ディープインパクト産駒ならではのコース適正があったことは割り引いて考えないといけませんね。中山1800mで同じことができるかといえば少し疑問。確実に上位に来るかと思いますが、枠順や天候で思わぬとりこぼしもありえます。

△サンティール

良い枠に入り先行できそうなので期待したい。前走の京成杯(中山芝2000m)では強い牡馬に混じっての対戦で、出遅れ気味からのスタートを上位の馬には及ばなかったが最後は良く追い詰めました。本来は先行して持ち味がいきるタイプなので、すんなり先行できれば!

△ドロウアカード

もし、この馬が逃げるようなら、武豊だけに逃げ残りが怖い。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.