フィリーズレビュー2017の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

フィリーズレビュー 傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2017年フィリーズレビューの傾向を調べてみました。

 

フィリーズレビューはどんなレース?

フィリーズレビューは阪神芝1400m・内回りで行われる3歳牝馬限定のG2レースです。

桜花賞トライアルレースとなっており、3着までの馬に優先出走権が与えられます。

残念ながら過去10年でフィリーズレビュー組から桜花賞を制覇した馬は2008年のレジネッタくらい。直前に桜花賞と違う距離で走るのはマイナスに働くのでしょうか?

ちなみに、フィリーズレビュー(Fillies’ Revue)とは、「3歳牝馬たちのショー」みたいな意味ですね。

コース特徴はこちらの記事を見てね

阪神競馬場の芝1400mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.14

 

フィリーズレビューの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 1 2 7 0% 10.0% 30.0%
先行 5 3 4 27 12.8% 20.5% 30.8%
差し 0 4 1 54 0% 6.80% 8.50%
追込 5 2 3 46 8.90% 12.5% 17.9%

阪神芝1400m・内回りコースなので逃げ・先行が有利・・のはずが、意外にも追い込みタイプの成績が良い!

人気薄が激走する脚質傾向は、逃げ・先行の前残りか、追い込み一発です!

  • 2007年 アマノチェリーラン 10人気 先行して2着
  • 2008年 マイネレーツェル 11人気 追込み1着
  • 2009年 レディルージュ 15人気 先行して3着
  • 2010年 サウンドバリアー 9人気 追込み1着
  • 2013年 ティズトレメンダス 11人気 逃げ3着
  • 2014年 ニホンピロアンバー 13人気 逃げ2着

 

タイムの傾向は?

頭数 馬場 勝ちタイム 前半-後半3F 勝馬上がり 1着 2着
2016 18 1:22.1 35.0-34.9 34.6
2015 18 1:22.5 34.7-35.8 34.9
2014 16 1:22.3 34.6-35.6 35.3
2013 16 1:22.1 34.9-35.4 34.8
2012 16 1:22.8 34.3-36.7 36.5
2011 16 1:22.3 34.1-36.4 35.5
2010 16 1:22.8 35.0-35.7 34.8
2009 16 1:22.4 34.3-36.1 35.8
2008 16 1:22.5 34.8-35.8 34.9
2007 16 1:21.8 34.8-35.3 35

勝ちタイムは良馬場なら、1分22秒前半くらいの決着となることが多いようです。

前半3Fが34秒台のハイペース傾向となっています。

追い込みが決まるかどうかは、ラスト2ハロンのラップが12秒近くで刻んだ場合(逃げ・先行馬がバテたとき)となっています。

つまり、逃げ・先行馬がバテなければ追い込みの出番はなく、逃げ・先行馬の実力次第のレースと個人的には思っています。

 

4コーナー位置取りとラップデータは以下のとおりです。

4コーナー位置取りの、1着は赤色、2着は青色、3着は緑色

2016年

7,10(2,12)(6,13)(1,11,17)9(4,18)(3,8,16)(15,5)14

12.2 – 11.2 – 11.6 – 12.2 – 11.7 – 11.5 – 11.7

 

2015年

7(4,10,18)(1,2,3,14)(5,9,16)15(13,17)(6,8,12)-11

12.2 – 11.0 – 11.5 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 12.3

 

2014年

(*12,8)9(1,14)(7,16)(2,15)(3,13)(4,5,11)10,6

11.9 – 10.9 – 11.8 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 12.5

 

過去実績の傾向は?

前走が1600m⇒1400mの距離短縮した馬の好走傾向が目立つレースです。

前走ダート1400m勝ちからの好走例もあり、切れ味勝負よりもパワー勝負を求められるレース傾向もみられます。

 

好走傾向はつかみずらいところがありますが、それでもなんとか好走傾向を探ると、フィリーズレビューで好走している馬の多くは、前2走のどちらかを勝っていました。(ただし、2走ともにOP・重賞を挑戦している場合は除外。)

やっぱりG2レースだし、それなりの好走実績は必要かと思います。

 

ファンタジーS(G3)⇒阪神JF(G1)というローテーションで、阪神JFの着順に関係なくファンタジーS好走馬は人気となりやすいのですが、結果は[3-1-1-5]で複勝率5割。

人気の割には、ポカの多い結果となっています。

ファンタジーS(1着)⇒阪神JF(2着以内)という実績なら[2-0-0-0]なので、このくらい実力がずば抜けていない限り信頼できませんね。

ということで、このローテーションで人気となった馬の裏を狙いたいところ。

 

前走で1200m(ダートを含む)を使用した馬は[0-0-0-28]と惨敗傾向。1200mを勝って人気になる馬もいるので、これは注目したい消し傾向です。

前2走のレースがともにG3レース以下(OP・G3、500万・OPなど)で、どちらも3着以内の好走がなかった馬は、[1-1-0-12]なので評価を下げたい。

連対した2頭の前2走は「OP・OP」を使っており「4着・4着」、「4着・6着」というきわどい実績がありました。

1人気になった馬が「阪神JF5着以内の実績を持っていない」という条件に当てはまったときは評価を下げたい[1-0-0-4]。唯一勝ったのは2015年のクイーンズリングのみで、この馬だけは新馬・500万を無敗で勝ち上がった実績を持っていました。

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1 2 2 0 16 10.0% 20.0% 20.0%
2 2 0 3 15 10.0% 10.0% 25.0%
3 1 2 1 16 5.00% 15.0% 20.0%
4 2 0 1 17 10.0% 10.0% 15.0%
5 0 1 2 17 0.00% 5.00% 15.0%
6 2 1 0 17 10.0% 15.0% 15.0%
7 0 2 2 18 0.00% 9.10% 18.2%
8 1 2 1 18 4.50% 13.6% 18.2%

1枠~4枠と5枠~8枠を比較するなら、インをとりやすい1枠~4枠のほうが好走しやすいようです。

時期的にも、まだ内側が荒れるようなことはなく、インを通ったほうが有利なのかもしれません。

 

人気の傾向は?

  • 1人気[3-2-0-5]
  • 2人気[1-0-2-7]
  • 3人気[2-1-0-7]
  • 4人気[0-1-1-8]
  • 5人気[0-0-3-7]
  • 6-9人気[3-4-2-31]
  • 10-13人気[1-2-1-36]
  • 14-18人気[0-0-1-33]

一見、成績の良さそうな1人気ですが、個人的には、ファンタジーS(1着)⇒阪神JF(2着以内)くらいの実績がないと信頼できません。

基本的に疑ってみたほうが良い結果になると思います。
毎年、6人気以降の人気薄の馬がフィリーズレビュー3着以内に絡んでいます。

2ケタ人気の激走もあり、波乱含みのレースとなっています。

 

血統の傾向は?

血統の好走傾向はありません。

逆に好走しない血統で調べると、

  • クロフネ産駒[0-0-0-8]
  • ディープインパクト産駒[0-0-1-5]
  • アグネスタキオン産駒[0-1-0-8]

このあたりが期待を裏切る結果となっています。

 

騎手の傾向は?

浜中俊、福永祐一、川田将雅騎手は、阪神芝1400mコースを得意としています。

特に川田騎手は2013、2016年で勝っており、要注意です。

 

フィリーズレビューの傾向まとめ

  • 基本、逃げ・先行馬が有利なコースだが、ハイペース傾向なので前がバテたときの差し・追い込みにも注意が必要。
  • 前2走のどちらかで1着実績は欲しい(2走ともにOP・重賞レースだった場合は除く)
  • 前走で1200m(ダートを含む)を使用した馬は[0-0-0-28]と惨敗傾向
  • 1枠~4枠に好走傾向あり
  • 毎年、6人気以降の人気薄の馬が3着以内に絡んでおり、波乱含みのレース

 

フィリーズレビューの注目馬は?

まずは、消し候補からチェック。

前2走のレースがともにG3レース以下(OP・G3、500万・OPなど)で、どちらも3着以内の好走がなかった馬は、[1-1-0-12]⇒アカカ、アンジュデジール、スリーミスヨハネス、ラーナアズーラは消し

不安材料がある馬は、

ジューヌエコール、アカカ(クロフネ産駒[0-0-0-8])

 

◎レーヌミノル

ペースを乱さないかぎり順当に決まりそう。阪神JF3着+1400m重賞好走実績は、このメンバーではずば抜けています。

△アズールムーン

新潟1400mの未勝利をものすごいダッシュ力で逃げ切った能力は光るものがあった。2着・3着粘りこみなら充分ありえる。内枠に入ったのもプラス材料!

△カラクレナイ

前走の500万レース(阪神1400m)で勝ったタイム1.22.1は優秀!過去10年のフィリーズレビュー勝ちタイム歴代2位に相当しています。

しかも重賞で勝ちまくっているデムーロ騎手。

レーヌミノルがバテるようなら一気に差し切る可能性もありますね。

△クインズサリナ

レーヌミノルが勝つ展開なら2着・3着は後ろからくる馬だと思う。

ファンタジーSで4着でしたけど後方一気の上り33.6は見せ場たっぷりの内容でした。人気落ちているなら狙ってみたい。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です