阪神競馬場の芝2200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

阪神芝2200m コース
スポンサーリンク



阪神芝2200mと言えば、宝塚記念が行われるコースですね。

阪神芝2200mのコース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

阪神芝2200mのコース特徴

・右回り 内回りコース

・スタート後とゴール直前に急な上り坂があるタフなコース

・ラスト1000m~200mまで下り坂、ゴール前は急な上り坂あり

・コーナーは4つあり、緩やかなカーブ

・最後の直線は、約356mの短い直線

・1人気に安定感があり、波乱の少ないコース

 

阪神芝2200mで開催される重賞レース

宝塚記念  3歳上・G1

3歳限定のOPレースに、すみれステークスがあります

 

タイム

平均タイム

2012/01/01~2017/02/19の平均ラップ(良馬場のみ)

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m
12.5 11.3 11.6 12.6 12.5 12.2 12.3 12.1 11.8 11.9 12.3

スタート地点が下り坂で、1コーナーまで約530mの長い直線が続くため、前半3Fは速くなりがちです。

ラスト1000m~200mまで下り坂となっており、後半もスピードが落ちないタフなレースになります。

2000mコースとは違い、持続力を要求されるコースとなってます。

2012/01/01~2017/02/19の平均タイム(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 前半1000m 後半3F
3歳
未勝利 11 2.15.2 35.5 61.7 35.9
OP 4 2.16.6 36.8 63.3 35.1
3歳上
4歳上
500万 13 2.14.5 35.8 61.5 35.7
1000万 13 2.14.3 36.3 61.3 35.6
重賞 4 2.13.2 35.4 60.5 36

3歳OPのタイムが未勝利よりも悪いのが気になりますが、これは「すみれS」のレベルが低いことが原因。

通常なら3.14.9くらいで走ってほしいところです。

3歳以上の重賞は宝塚記念です。さすがにレベルが違います。

 

 

スポンサーリンク

 

コースレコード

2011/06/26 宝塚記念(G1) アーネストリー(牡6)2:10.1

この年の宝塚記念は、1人気が最強牝馬ブエナビスタ、2人気がルーラーシップ、3人気がダービー馬エイシンフラッシュという構成でした。

レース内容は、前半1000mを58.7というハイペースを2番手追走して、そのまま押し切る強い競馬でした。

アーネストリーは種牡馬になったばかりで、まだ活躍する産駒がいませんが、いつの日か快速馬が生まれることを期待してます。

 

脚質

2012/01/01~2017/02/19の脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 8 8 8 41 12.3% 24.6% 36.9% 159
先行 23 26 21 139 11.0% 23.4% 33.5% 79
差し 21 19 18 205 8.00% 15.2% 22.1% 71
追込 7 6 12 217 2.90% 5.40% 10.3% 30

極端な偏りはありませんが、やや先行が好走しやすい傾向があります。

馬券的には前残りを狙っていきたいコース。

 

血統

  • キングカメハメハ[10-5-10-44 /69]勝率14.5%、連対率21.7%、複勝率36.2%、単勝回収値142
  • マンハッタンカフェ[7-3-4-18 /32]勝率21.9%、連対率31.3%、複勝率43.8%、単勝回収値243

キングカメハメハ、マンハッタンカフェ産駒に好走傾向あり。

急坂2回上り、持続力が要求されるコースなのでディープインパクト産駒の活躍はいまいち。

 

阪神芝2200mコースまとめ

・2000mコースから200m延長しただけのコースなのに傾向が異なる

・下り坂スタートで直線が長いコース⇒前半のペースは速くなりがち

・ラスト1000mから下り坂⇒後半のペースも速くなりがち

・持続力を問われるコース

・キングカメハメハ、マンハッタンカフェ産駒は好走する

・馬券的には前残り狙いで

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.