阪神競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

スポンサーリンク



阪神芝1800mのコース特徴、タイム、血統などを調べてみました。

 

阪神芝1800mのコース特徴

 

・右回り 外回りコース

・スタート後、約640mの長い直線

・最後の直線は、約470mの長い直線

・ゴール前に急坂がある

・カーブは緩やかで減速することなく回れる

 

阪神芝1800mで開催される重賞レース

 

毎日杯・G3

ローズステークス・G2

朝日チャレンジカップ・G3

 

 

血統

 

スピード・瞬発力に優れたディープインパクト産駒が圧倒的に強いです。

他では、スピードに優れた血統のダイワメジャーやアドマイヤムーン産駒が良い結果を残しています。

逆にスタミナ系の血統は苦戦しています。

 

 

タイム

 

平均タイム

 

2011/01/01~2016/09/04までの良馬場の平均タイム

年齢 クラス レース数 前半3ハロン600m 中間の600m 後半3ハロン600m 1000m通過 トータルタイム
2歳限定
新馬 18 37 38.1 34.9 1.02.6 1.50.0
未勝利 23 36.1 38 34.9 1.01.6 1.49.0
500万 2 37.5 38.4 34 1.03.3 1.49.9
重賞・OP 5 35.6 37.5 34.7 1.00.7 1.47.8
3歳限定
新馬 5 36.3 38.3 35.3 1.02.0 1.47.9
未勝利 35 35.6 37.2 35.1 1.00.5 1.47.9
500万 12 36.1 37.6 34.8 1.01.3 1.48.5
重賞・OP 11 35.5 36.7 34.6 1.00.0 1.46.8
3歳上の古馬
500万 41 35.5 36.7 35 59.9 1.47.2
1000万 33 35.8 36.5 34.7 1.00.3 1.47.0
1600万 16 35.7 36.2 34.5 59.9 1.46.4
重賞・OP 11 35.2 35.7 35.3 59.1 1.46.2

 

基本的に、スローか平均ペースになることが多い。

スタート後に長い直線がある割にはペースが落ち着きやすい傾向があります。

後半の瞬発力勝負となることが多いレースです。

 

レコード

 

◆3歳以上
2013/06/02 垂水S(1600万下) カレンミロティック 1:44.5

 

◆2歳
2013/09/14 野路菊S(OP) サンダラス 1:46.6

サンダラスはレコードタイムで激走した後、屈腱炎となりクラシックを棒に振ってしまった。

 

スポンサーリンク

 

脚質

 

2011/01/01~2016/09/04までの脚質データ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 合計 勝率 連対率 複勝率
逃げ 21 21 19 194 255 8.20% 16.50% 23.90%
先行 92 85 86 668 931 9.90% 19.00% 28.30%
差し 101 105 97 977 1280 7.90% 16.10% 23.70%
追込 41 45 53 940 1079 3.80% 8.00% 12.90%

 

偏った傾向はなく、どの脚質にもチャンスがあります。

3歳以上のOP・重賞レースになると「差し・追い込み」タイプのほうが活躍する傾向がみられます。

 

阪神芝1800mコースまとめ

 

・スローか平均ペースになることが多い。

・ディープインパクト産駒が圧倒的に強い。そのほか、ダイワメジャーやアドマイヤムーン産駒が活躍。

・3歳以上のOP・重賞レースになると「差し・追い込み」タイプのほうが活躍するが、全体的にどの脚質にもチャンスあり。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.