フェブラリーS2017のこじはる競馬3連単の予想は?展開は?

こじはる予想フェブラリーS
スポンサーリンク



2017年になって初めてのG1レース「フェブラリーステークス」が開催されます。

果たして、ダート王者になるのは、どの馬か!?

G1レースだし、何としても馬券を的中させたいところです。

でも、実力馬揃いのG1レースで、何を買うか迷ってしまします。

そんなときは、こじはるの3連単予想に乗ってみてはいかがでしょうか?

 

馬好王国番組内容

ダートの神様と持ち上げられて登場したカンニング竹山。

フェブラリーSについて、解説するのかと思いきや、話が別の方向へ・・

 

2017年のG1レース展望を解説する竹山。

去年のJRA平地G1は22レース。今年から24レースになりましたね。

今年は、4月の大阪杯12月のポープフルSの新設G1が2つ追加されました。

 

大阪杯は、キタサンブラックがここから始動します。

クラシックは、藤沢厩舎の3頭、ソウルスターリング(牝)、サトノアレス(牡)、レイデオロ(牡)に注目。

確かに、この3頭のいずれかはクラシックで勝てそうなので、藤沢厩舎は大チャンスですね。

天皇賞春にキタサンブラックとサトノダイヤモンドの激突が見どころ。竹山いわく、この2頭が凱旋門賞に出走すれば悲願の日本馬優勝もあるとみているそうです。

安田記念とマイルチャンピオンシップは、ブラックスピネルを猛プッシュする竹山。一口馬主だけに個人的な思いが強い!

 

フェブラリーS出走馬

フェブラリーS出走馬

東京ダート1600m、G1レース、16頭立て。

モーニンが去年に続き2連覇達成なるか?

コパノリッキーがフェブラリーS 3勝目を飾るのか?

はたまた、父ゴールドアリュールが他界したことによるサイン馬券的なアレでゴールドドリームが激走するのか?

それとも、津村騎手と共にG1初勝利となるか、カフジテイク!

 

フェブラリーSレース展開は?

フェブラリーS2018の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

2017.02.10
フェブラリーSのレース展開がどんな感じになるのか個人的に予想してみました。

ケイティブレイブかコパノリッキーの逃げになると予想。

先行したい馬がそろい、ペースは速くなりそうです。

前半4Fは46秒台のハイペースになるとみています。

過去10年の脚質傾向を調べてみると、意外と先行タイプが一番活躍しているんですよね。

とはいえ、想定以上に先行争いが激しくなるようだと、実力馬でも最後まで踏ん張りきれるでしょうか?

それとも、本当に強い馬なら、ハイペースになっても先行してバテることなく圧倒的スピードとパワーで押し切ってしまうのでしょうか?

ちなみに、良馬場で、前半4Fが46秒台のハイペースになったのは過去10年で4回あり、勝ち馬の脚質は、先行2勝、差し1勝、追い込み1勝と、ばらけました。

展開予想

[逃げ]

ケイティブレイブ、コパノリッキー

[先行]

アスカノロマン、ニシケンモノノフ

モーニン、ホワイトフーガ

ゴールドドリーム、ベストウォーリア、ブライトライン

[差し]

ノンコノユメ、インカンテーション

キングズガード、エイシンバッケン

[追い込み]

サウンドトゥルー、カフジテイク

デニムアンドルビー

スポンサーリンク

 

フェブラリーSこじはる3連単の予想

馬好王国の3連単5頭ボックスなら「だいたい当たる~」のコーナー!

こじはるの予想は以下のとおりです。

 

◎ 10 カフジテイク

東京ダート4戦3勝の安定感と、根岸Sでの末脚に期待。

○ 9 ベストウォーリア

現在4戦連続2着と、おしいレースが続いている

▲ 6 モーニン

去年フェブラリーSを制覇

△ 4 コパノリッキー

2014,2015年フェブラリーSを連覇。ダートG1を8勝と実績No1!

穴 13 エイシンバッケン

東京ダート4戦1勝、2着1回、3着2回と安定している

 

3連単5頭ボックス買いで、合計60点。

最高配当の組み合わせ(前日オッズ)13⇒4⇒6で37万1880円

東京競馬場のダート1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.10

フェブラリーSの結果

残念、はずれです。

1着   3 ゴールドドリーム

2着  ○ 9 ベストウォーリア

3着  ◎ 10 カフジテイク

 

前半3Fが34秒、前半4Fが46.2秒だったので、個人的に想定したとおり速いペースとなりましたね。逃げ・先行が総崩れで、完全に差し・追い込みが決まりやすい展開になり、中団につけたゴールドドリームがデムーロ騎手の見事なレース運びで差し切り勝ち!ベストウォーリアも同じような位置から伸びて一瞬勝ったかと思うくらいのきわどいレースでした。カフジテイクは大外回して追い込んで3着。位置取りの差が出た感じはしますが、この馬はやっぱり相当能力がありますね。先行馬に厳しい流れを2番手追走して5着に粘ったニシケンモノノフの今後にも注目したいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.