アーリントンカップ2017の傾向は?好走条件に合う注目馬は?

アーリントンカップ 傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2017年アーリントンカップの傾向を調べてみました。

アーリントンカップはどんなレース?

アーリントンカップは、阪神芝1600mで行われる3歳限定のG3レースです。

牝馬の出走も可能ですが、アーリントンカップは牡馬のレースというイメージが強いですね。

過去には、エイシンプレストン(香港マイル)、タニノギムレット(ダービー)、ジャスタウェイ(安田記念)といった大物を輩出したレース。

このレースを勝った、ヤングマンパワー、レインボーラインは今後の活躍が期待されます。

ちなみに、このレースの提携先がアーリントンパーク競馬場(アーリントンミリオンSが開催されるアメリカにある競馬場)となっており、そこからレース名をとっています。

 

コース特徴はこちらの記事を見てね

阪神競馬場の芝1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.09.23

アーリントンカップの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 3 0 2 5 30.0% 30.0% 50.0%
先行 3 6 2 24 8.60% 25.7% 31.4%
差し 3 3 2 34 7.10% 14.3% 19.0%
追込 1 1 4 36 2.40% 4.80% 14.3%

 過去10年の傾向を調べると、前に行けば行くほど好走している傾向があります。

これは開幕初日に行われることが影響していると思われます。芝状態が良く、インコースを先行した馬のスピードは落ちません!

過去の傾向をみても、人気のない逃げ馬の好走が多いことがわかります。

人気の差し・追い込みタイプは期待を裏切ることが多いので過信は禁物です。

差しタイプでも、なるべく前の方にポジションをとれる馬を狙ったほうがよさそうです。

タイムの傾向は?

頭数 馬場 勝ちタイム 前半-後半3F 前半4F 1着 2着
2016 14 1:34.1 34.4-35.0 46.7
2015 12 1:35.9 35.6-35.1 48.1
2014 10 1:34.0 35.2-35.2 46.7
2013 10 1:34.8 35.9-34.1 48.3
2012 13 1:36.3 36.5-35.2 48.7
2011 13 1:34.2 35.4-35.1 47.3
2010 16 1:34.8 36.3-35.2 48.4
2009 13 1:35.6 34.8-36.4 46.8
2008 12 1:34.6 35.2-36.2 46.7
2007 16 1:33.9 35.5-35.0 47.0
2016年のようにペースが速くなることもありますが、例年ですと前半4Fが48秒台のスローペースという展開で、ラスト3Fの瞬発力勝負というパターンになりやすいレースです。

以下、4コーナー位置どりとラップデータです。

4コーナー位置取りの、1着は赤色、2着は青色、3着は緑色

2016年

12.4 – 10.6 – 11.4 – 12.3 – 12.4 – 11.4 – 11.3 – 12.3

7,9(2,11)(10,12,6)(3,4)(5,13)(1,15)14 8

 

2015年

12.7 – 11.2 – 11.7 – 12.5 – 12.7 – 11.9 – 11.1 – 12.1

11,9(7,12)8(5,10)(1,2)(3,6)4

 

2014年

12.6 – 11.1 – 11.5 – 11.5 – 12.1 – 11.6 – 11.1 – 12.5

10-(6,5)9,2(1,7)(4,8)3

過去実績の傾向は?

過去5年の前走ローテーション傾向をみると、シンザン記念・きさらぎ賞・朝日杯FS組からの好走が多いようです。

勝ち馬に共通しているのは、500万クラス(ダート含む)勝ちか、または、OP・重賞で0.1差以内で3着以内の実績があることです。

阪神芝1600m好走実績は、かなり評価ポイントが高いです。重賞・OP・500万での好走なら文句なし!(阪神芝1800mは評価UPにならないので注意)

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

スタートしてから400m以上もある長い直線が続くので、枠の影響はありません。

過去の出目をみると、2枠や3枠がそれぞれ4年連続で出現するなど、連続する傾向がみられます。

今年だと、8枠が3年連続で来ているので8枠は最後の狙い目です。4枠は2年連続で来ています。

 

人気の傾向は?

  • 1人気[2-2-0-6]
  • 2人気[2-1-0-7]
  • 3人気[0-2-2-6]
  • 4人気[2-0-1-7]
  • 5人気[2-1-1-6]
  • 6-9人気[2-2-5-31]
  • 10-12人気[0-2-1-23]
  • 13-16人気[0-0-0-13]

 

1着~3着まで、ほぼ9人気以内で決まると考えてよさそうです。

以下2頭のような例外もありますが・・・

2009年のマイネルエルフ(12人気で2着)Mデムーロ騎手

2011年のキョウエイバサラ(11人気で2着)福永騎手

馬の実力が横一線のようなレースなら騎手次第か!?

1人気の成績は微妙なところですが、それなりの実績があれば信頼してもよさそうです。

だめな1人気のパターンは、キャリア3戦以内で前走OPレースを2着という馬。(過去にはアーバンキッド、ノーブルジュエリーが該当)または、新馬勝ちのみという実績の馬です。

こういう1人気なら迷わず消しでOKです。

 

血統の傾向は?

サンデーサイレンス系が最も活躍しています。

ディープインパクト産駒は京都コースほど活躍しないので過剰な期待は禁物です。

 

所属の傾向は?

 過去10年で関西馬が9勝と圧倒的!

関東馬は1勝のみで、2着も1回だけ。

その他の傾向は?

牝馬は出走数が少なく何とも言えないところですが、やっぱり評価を下げたい。

過去10年で1度も3着以内に来たことがありません。[0-0-0-6]

断然1人気だったポルトフィーノ、ノーブルジュエリーといった牝馬が大敗しています。

アーリントンカップの傾向まとめ

  • 開幕初日で芝状態が良いので、前の方へ行く馬が断然有利!!特に逃げ馬に注意です!
  • 阪神芝1600m好走実績のある馬はプラス材料
  • 今年は8枠と4枠に注目
  • ほぼ9人気以内決着
  • サンデーサイレンス系が最も活躍
  • 関西馬が圧倒的に強い
  • 牝馬は評価下げ
  • 勝ち馬には、「500万クラス勝ち」または「OP・重賞で0.1差以内で3着以内」の実績が必要

アーリントンカップの注目馬は?

傾向にピッタリの本命候補◎はいません。

△ペルシアンナイト

シンザン記念は重馬場で、いつもの切れ味が鈍り3着。良馬場なら好位差しが決まりそう。Mデムーロ騎手なら人気でも抑えは必要か?

△キョウヘイ

好走ローテーションのシンザン記念を勝って人気になりそう。千両賞で阪神芝1600mを経験しているのはプラス材料。ただ近走で追い込み戦法なのが減点材料ですかね。

△レッドアンシェル

こちらも好走ローテーションの朝日杯FS(8着)からの参戦。新馬とOPを連勝してきた素質馬です。先行力と爆発力を兼ね備えた馬で一発を期待したところです。

△ディバインコード

2枠と良い枠を引きました。この馬の先行力は無視できません。

△ミラアイトーン

先行力と爆発力を兼ね備えた馬で、ちょっと怖い存在。武幸四郎ラストランだしね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.