アルデバランS2017の傾向は?消せる馬や好走する条件とは?

アルデバランSの傾向
スポンサーリンク



過去7年(2010~2016年)のデータを分析して、2017年アルデバランSの傾向を調べてみました。

 

アルデバランSはどんなレース?

京都ダート1900mで行われるOPレースです。(4歳以上・ハンデ戦)

ここを踏み台にアンタレスS(G3)、平安S(G3)へ挑戦していきたいところ。

ちなみにアルデバランとは、おうし座で最も明るい恒星のことです。冬の夜空によく見えます。

2009年と2007年は京都ダート1800m開催なのでデータから除外
コース特徴はこちらの記事を見てね

京都競馬場のダート1900mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.11.15

 

アルデバランSの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 0 1 7 11.1% 11.1% 22.2%
先行 4 2 2 13 19.0% 28.6% 38.1%
差し 2 5 3 36 4.30% 15.2% 21.7%
追込 0 0 1 29 0.00% 0.00% 3.30%

切れる脚よりも先行して粘れる脚が良い。

スタート後の位置取りは重要です。テンの速さ、良いポジションをとれる脚が必要です。

追い込みタイプでは、まず届かない。

 

タイムの傾向は?

頭数 馬場 勝ちタイム 前半2.5F-後半3F 1000m通過 勝馬上がり 1着 2着
2016 13 1:57.7 29.8-36.9 61.8 36.9
2015 15 1:56.8 29.9-37.3 61 36.8
2014 16 1:56.0 28.9-38.2 59.4 38.1
2013 16 1:57.8 29.8-37.4 61.7 37.4
2012 16 1:57.3 29.6-37.5 61.2 36.2
2011 16 1:57.8 29.3-37.1 61.4 37
2010 16 1:55.4 29.3-36.9 60.2 36.6

最初の500mまでは先行争いが激しくなりますが、その後はペースダウン。

息が入った先行馬が最後の踏ん張りを見せてなだれこむところを、差しタイプがどこまで迫れるかという流れ。

勝ちタイムは良馬場なら1分57秒台、道悪になれば、1分56秒を切ることもあります。

 

以下、参考までラップデータです。

4コーナー位置取りの、1着は赤色、2着は青色、3着は緑色

2016年

6.8 – 11.3 – 11.7 – 12.9 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.3 – 12.1 – 12.5

5,12(2,9)(13,7)8,11(4,3)(1,10)6

 

2015年

6.9 – 11.4 – 11.6 – 12.9 – 12.1 – 12.1 – 12.5 – 12.6 – 12.4 – 12.3

2(8,7)6(1,12,15,14)(4,5,13)11(3,10)9

 

2014年

7.1 – 10.5 – 11.3 – 12.4 – 12.1 – 12.0 – 12.4 – 12.5 – 12.5 – 13.2

(13,*15)(12,3)(6,9)(4,7,5)(2,8,14,10)1,16=11

 

年齢の傾向は?

年齢 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
4歳 3 3 1 10 17.6% 35.3% 41.2%
5歳 0 1 3 10 0% 7.10% 28.6%
6歳 2 1 2 27 6.30% 9.40% 15.6%
7歳 2 2 1 29 5.90% 11.8% 14.7%
8歳~ 0 0 0 11 0% 0% 0%

4歳が最も活躍していますが、6歳と7歳がハンデのおかげで意外と頑張っています。

 

過去実績の傾向は?

重賞実績があっても凡走したり、OPも勝てないような馬が好走したりなど・・ハンデ戦ということもあり、傾向はつかみづらいレースです。

京都ダート1800mか1900mで好走実績のある馬は、やや好走傾向という感じです。

できれば、京都ダート1800mか1900mの重賞連対か、OPで0.2差以内か、1600万勝ちが欲しい。アルデバランSを好走した多くの馬はこの条件を満たしていた。

上記の条件がなければ、東京ダート1600mでの好走がほしい。

ハンデ戦なので実力どおり決まらないレースなので、最近の成績が悪くても気にしないほうが良いかもしれません。

過去に先行して良い粘りを見せたことのある馬なんかも、良い好走実績となります。

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

特に傾向はありません。

 

人気の傾向は?

  • 1人気[0-2-0-5]
  • 2人気[1-3-0-3]
  • 3人気[1-0-1-5]
  • 4人気[2-0-1-4]
  • 5人気[1-0-1-5]

さすがハンデ戦です。1人気は過去7年で1度も勝っていません。4歳と5歳が1人気になりやすい傾向がありますが、期待を裏切っています。

2012年に11人気が勝つなど波乱傾向のレースです。

4人気~11人気の範囲は要注意です。

 

馬体重の傾向は?

馬体重 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
460~479kg 1 0 0 13 7.10% 7.10% 7.10%
480~499kg 1 3 3 27 2.90% 11.8% 20.6%
500~519kg 4 4 3 28 10.3% 20.5% 28.2%
520~539kg 1 0 1 14 6.30% 6.30% 12.5%
540kg~ 0 0 0 5 0% 0% 0%

500~519kgの大型馬に好走傾向があります。

 

血統の傾向は?

偏った傾向はありませんが、ノーザンダンサー系とナスルーラ系が活躍しています。

ナスルーラ系では特にシニスターミニスターに注目です。

 

ハンデの傾向は?

  • 58kg[0-1-0-2]
  • 57.5kg[0-0-1-2]
  • 57kg[0-0-1-3]
  • 56kg[2-4-0-11]連対率35.3%
  • 55kg[3-0-1-16]連対率15%
  • 54kg[2-2-3-29]連対率11.1%
  • 53kg[0-0-1-22]
  • 52kg[0-0-0-5]
  • 51kg[0-0-0-1]

安定感では56kgですが、破壊力では54kgが魅力的。以下、54kgで穴をあけた一例です。

  • 2011年、10人気、3着
  • 2012年、11人気、1着
  • 2013年、10人気、3着
  • 2014年、9人気、2着

 

出走数が多いわりに1度も連対がない53kgは信頼性が低いので評価を下げたい。

今年も傾向どおりなら、軸は54kg~56kgにしたい。

 

アルデバランSの傾向まとめ

切れる脚よりも先行して粘れる脚が良い!過去に先行して良い粘りを見せた馬は最近の成績が最悪でも要注意です!

4歳が最も活躍

1人気は過去7年で1度も勝てず

500~519kgの大型馬が好走

安定感では56kg、穴をあけるのは54kg、53kgは信頼性が低い

 

アルデバランSの注目馬は?

★まず、消し条件からチェックします。

8歳以上⇒サンマルデューク、 シンゼンレンジャー、マイネルバイカ

追い込みタイプ⇒フィールザスマート、サンマルデューク、シンゼンレンジャー

52kg以下ハンデ⇒ハピネスダンサー、スズカリバー

★次に、上記以外の馬で好走条件を満たす馬をチェックします。

・前5走以内に先行して好走⇒サンライズホーム、ショウナンアポロン、ピオネロ、モルトベーネ

・500~519kgの大型馬⇒サンライズホーム、ショウナンアポロン、ピオネロ、メイショウウタゲ、マイネルクロップ

・54kg~56kg⇒サンライズホーム、ピオネロ、マイネルクロップ、メイショウウタゲ、モルトベーネ

・「京都ダート1800mか1900mの重賞連対か、OPで0.2差以内か、1600万勝ち」⇒マイネルクロップ(1600万勝ち)

・4歳⇒カラクプア
凡走傾向の1人気は、ピオネロかモルトベーネか?

いずれにしても、ピオネロ、モルトベーネ、サンライズホーム、ショウナンアポロン、マイネルクロップ、メイショウウタゲ、カラクプアに注目したい。

 

[複勝]カラクプア

前走で大負けしたけど、素軽い動きをみせたのは収穫あり!乗り替わりで、うまく先行してくれたら好走が期待できそうなのが、この馬。4歳馬はデータ的にも良いので。ピオネロかモルトベーネに勝たれても仕方がないが、3着なら期待できそう。個人的にはこの馬の複勝で。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です