クイーンカップ2017の傾向は?好走条件に合う注目馬は?

クイーンカップの傾向
スポンサーリンク



過去10年のデータを分析して、2017年クイーンカップの傾向を調べてみました。

 

クイーンカップはどんなレース?

正式名称は「デイリー杯 クイーンカップ」です。名前が似ているレースがあるので、間違えないようにしましょう。

クイーンカップは東京芝1600mで行われる3歳牝馬限定のG3レースです。

桜花賞に出走するために賞金を狙ってくる馬が集まります。優先出走権はありません。

コース特徴はこちらの記事を見てね

東京競馬場の芝1600mコース特徴は?タイムはどのくらい?

2016.10.02

 

クイーンカップの脚質の傾向は?

脚質 1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 0 1 8 10.0% 10.0% 20.0%
先行 6 2 3 28 15.4% 20.5% 28.2%
差し 3 5 3 47 5.20% 13.8% 19.0%
追込 0 3 4 44 0% 5.90% 13.7%

データ的には先行タイプの活躍するレースとなっています。

狙うなら、先行>差し>逃げ>追い込みの順かと思います。

逃げ切り勝ちをしたメジャーエンブレムは別格です。通常、東京芝1600mは逃げ切るのは難しいコースなので、逃げタイプは評価を下げたい。

あと、追い込みタイプは上がり33秒台の脚を使っても勝てないような展開になるので、軸で選びたくないですね。

 

タイムの傾向は?

頭数 馬場 勝ちタイム 前半-後半3F 1000m通過 勝馬上がり 1着 2着
2016 16 1:32.5 34.4-34.7 46.1-46.4 34.7
2015 16 1:34.0 35.1-35.1 46.9-47.1 34.6
2014 15 1:35.7 36.0-34.7 48.5-47.2 34.6
2013 15 1:34.6 36.0-34.3 48.3-46.3 33.7
2012 16 1:36.6 36.6-33.9 49.7-46.9 33.6
2011 16 1:35.4 35.1-35.2 47.4-48.0 34.7
2010 16 1:34.4 35.0-35.2 47.1-47.3 35.1
2009 16 1:35.7 35.9-34.9 48.4-47.3 34.7
2008 16 1:35.5 35.3-35.3 47.6-47.9 34.4
2007 16 1:34.5 35.1-35.1 47.1-47.4 34.3

スローペースか平均ペースのどちらかになる傾向があります。

勝ちタイムの平均は1分34秒後半くらいです。

最後だけ一瞬の脚を使うようなタイプよりも、速いラップを持続できて最後はしっかり伸びるタイプが好走しています。

2016年のレースだけ超ハイレベルだったことがわかります。

参考まで以下ラップデータと4コーナー位置です。

4コーナー位置取りの、1着は赤色、2着は青色、3着は緑色

2016年 良

12.3 – 10.8 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.2 – 11.6 – 11.9

4コーナー 6(10,11)1,8(5,3,12)(2,13)(4,7)14(9,15)16

 

2015年 良

12.4 – 11.2 – 11.5 – 11.8 – 12.0 – 11.4 – 11.5 – 12.2

4コーナー 2(3,9)(1,12,15)(5,6,16)(4,13)10,11(14,8)7

 

2014年 稍重

12.5 – 11.5 – 12.0 – 12.5 – 12.5 – 11.3 – 11.5 – 11.9

4コーナー 7,6(3,10)(4,12)(1,8)(2,11)(16,9,14)13,15 5

 

過去実績の傾向は?

勝ち馬には、「500万クラスを勝っている」または「重賞で連対実績あり」のどちらかの実績が必ずありました。

阪神JF(G1)で6着以内だった馬は[4 – 4 – 1 – 4]の好成績を残しています。人気になりやすいですが、信頼できる実績のようです。(他の重賞実績は信頼性は低い)

前走が500万かOPを使っていたなら、最低でも3着以内。(クイーンカップ3着以内馬全部に共通する条件)

1人気オッズが2.3倍よりも人気を集めたときは、前走新馬・未勝利組は凡走傾向、1人気オッズが割れたときは前走新馬・未勝利組が好走傾向あり。

前走ダート組は来たことがないので消し。

 

スポンサーリンク

 

枠の傾向は?

枠順の不利はないコースです。

4枠は2000年に3着が1回のみという完全な死枠。偶然にしても、これだけ続くと買いづらい。

現在、3枠が4年連続で連対しています。(6番の馬が3年連続勝ち)

 

人気の傾向は?

  • 1人気[4-2-1-3]
  • 2人気[3-1-3-3]
  • 3人気[1-3-0-6]
  • 4人気[2-0-2-6]
  • 5人気[0-1-1-8]

1人気の信頼性が高く、勝ち馬は4人気以内に収まっています。

ヒモ荒れもほぼありません。堅い決着が多いレースとなっています。

 

血統の傾向は?

過去5年の血統に傾向がないか調べてみました。

サンデーサイレンス系[5-4-3-33]は出走数が多いということもありますが、圧倒的に活躍しています。

ただし、サンデーサイレンス系の中でも東京芝1600mで全く走らないスペシャルウィーク、ゴールドアリュールなどの血統は消したい。

父か母父がロベルト系は苦戦[0-1-0-8]

父がミスプロ系かフォーティナイナー系は苦戦[0-0-0-7]

 

クイーンカップの傾向まとめ

  • 先行タイプが活躍
  • 「500万クラスを勝っている」または「重賞で連対実績あり」のどちらかの実績がある馬が勝ちパターン
  • 阪神JF(G1)で6着以内だった馬は人気でもマークが必要
  • 4枠は2001~2016年まで1度も3着以内に来たことがない
  • 1人気の信頼性が高く、勝ち馬は4人気以内で決着する傾向あり
  • サンデーサイレンス系が強い

 

クイーンカップの注目馬は?

「500万クラスを勝っている」または「重賞で連対実績あり」という、勝ち馬条件を満たすのは、レーヌミノル、アエロリット、フローレスマジック、アドマイヤミヤビ、トーホウアイレス、スズカゼのみ。軸はこの中から選びたい。

 

◎レーヌミノル

阪神JFを3着と好走したのは、この馬だけ。ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)で血統的にも問題なし。先行タイプで脚質も問題がなく死角がありません。

おそらく1人気になると思われますので、過去の傾向からレーヌミノルが好走するのは確実でしょう。

4枠に入らないことを祈るだけでしょうね。

△フローレスマジック

アルテミスS(G3)で最速上がり33.3秒を使って2着の実績。

ディープインパクト産駒らしく、切れる脚を持っていますが、未勝利を先行して勝ったように脚質に自在性を感じます。

△アドマイヤミヤビ

500万を勝ったのは、この馬とスズカゼ、トーホウアイレスのみ。

中でも、この馬をプッシュしたい。まず、2000mを勝っている点が良いですね。スタミナも要求される東京1600mなので、これはプラス材料です。

あと、上がり33秒台の脚で勝ち上がってきた爆発力も魅力的です。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.