小倉競馬場の芝1800mコース特徴は?タイムはどのくらい?

小倉芝1800mコース
スポンサーリンク



小倉芝1800mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

小倉は2月、8月で開催されるコースですが、夏のイメージが強いコースですね。

 

小倉芝1800mのコース特徴

・右回りコース

・スタートしてから最初のコーナーまで約271mと短く、外枠の逃げ・先行は不利になります

・1コーナーから2コーナーにかけて小さな山があり、ここで前半のペースは落ち着く

・4つのコーナーがあり、急カーブの小回りコース

・3コーナーから4コーナーは急カーブで下り坂

・ゴール前の直線は約293mと短く、後ろすぎると届きません

 

小倉芝1800mで開催される重賞レース

小倉大賞典 4歳上・G3

OPレースには、小倉日経OPなどもあります。

 

タイムの傾向

平均タイム

2012/01/01~2017/01/29まで5年間のデータ(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 中間3F 後半3F 1000m通過
2歳
新馬 14 1.50.6 37.6 37.4 35.6 62.7
未勝利 3 1.50.0 36.5 36.6 36.7 61
3歳
新馬 2 1.50.2 36.4 37.9 35.9 61.6
未勝利 42 1.48.4 36 36.4 36 60.3
3歳上
4歳上
500万 43 1.47.4 36 36 35.4 60
1000万 16 1.47.0 36 35.9 35.1 59.9
1600万 3 1.46.9 36.6 35.3 35 60.1
重賞・OP 7 1.46.0 35.8 35 35.2 59.2

特に8月開幕週の芝状態はかなり良く、高速馬場となるので速いタイムがでやすくなります。

2歳未勝利だけ2016年のみで計算しています

 

平均ラップ

重賞・OPレースの平均ラップ

12.4-11.3-12.1-11.8-11.6-11.6-11.6-11.7-11.9

道中ゆるむことなく速いラップで刻み、変化の少ない平均ペース傾向となっています。

 

コースレコード

2004/07/18 TV西日本北九州記念(G3) ダイタクバートラム(牡6)1:44.1

阪神大賞典(G2)やステイヤーズS(G2)を勝つなどステイヤーのダイタクバートラムが小倉芝1800mでレコード勝ちしたのは驚き!

昔の北九州記念は1800mでした。(現在は1200m)

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2012/01/01~2017/01/29まで5年間のデータ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 37 14 23 150 16.5% 22.8% 33.0% 224
先行 96 97 80 418 13.9% 27.9% 39.5% 112
差し 38 62 71 738 4.20% 11.0% 18.8% 42
追込 16 14 13 787 1.90% 3.60% 5.20% 23

前の方にポジションとった馬が圧倒的に活躍しています。

後ろから行く馬なら、早めに動いて4コーナーで前の方にポジションとれないと勝ちきるのは難しい。

差しタイプのデータを見ると1着の数は少ないが、3着の数が多いことからも、取りこぼしていることがわかる。

 

血統の傾向

ディープインパクト産駒は出走数が多くても、連対率23.8%、複勝率32.4%でトップ成績なのがすごい。安定度ならディープインパクト産駒です。

逆に意外性ならコンデュイット産駒。2013年以降の出走なので勝ち数は少ないものの、勝率15.0%、連対率20.0%、複勝率25.0%、単勝回収値215と、人気薄で走る馬が多いのが特徴。1800m~2000mで活躍する産駒が多いので距離が合っているのかもしれません。

スペシャルウィーク産駒は、勝率19.2%でトップ!連対率23.4%、複勝率31.9%、単勝回収値167という好成績を残していますが、年々種付け数が減っているのは気になります。

 

騎手

川田騎手が圧倒的に活躍しています。小倉コースの中でも特に芝1800mと芝2000mは得意としているので要注意です!!

[17-12-9-35]で勝ち数トップ、勝率23.3%、連対率39.7%、複勝率52.1%すべてトップ成績です!

 

枠の傾向

1着 2着 3着 4着 以下 合計 勝率 連対率 複勝率
1 28 24 20 211 283 9.9% 18.4% 25.4%
2 25 21 20 240 306 8.2% 15.0% 21.6%
3 24 20 21 252 317 7.6% 13.9% 20.5%
4 21 24 25 260 330 6.4% 13.6% 21.2%
5 29 26 22 263 340 8.5% 16.2% 22.7%
6 18 29 23 279 349 5.2% 13.5% 20.1%
7 20 24 23 297 364 5.5% 12.1% 18.4%
8 22 19 33 291 365 6.0% 11.2% 20.3%

勝率、連対率ともに内枠のほうが好成績を残しています。

特に開幕週のインコースは走りやすい状態なので、内枠は要注意です。

外枠の率が落ちているとおり、小倉芝1800mの外枠は不利なコースです。小回りでスタート後の直線が短いことが影響していると思われます。

 

小倉芝1800mコースまとめ

4つの急カーブを回り、最後の直線が短いので、前の方へ行った馬が有利なコースです。

特に開幕週の逃げ馬には要注意!

開幕週の内枠は要注意!

ディープインパクト、コンデュイット、スペシャルウィーク産駒、川田騎手に注目。

道中ゆるむことなく速いラップで刻み、変化の少ない平均ペース傾向

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.