小倉競馬場の芝1200mコース特徴は?タイムはどのくらい?

小倉芝1200mコース
スポンサーリンク



小倉芝1200mのコース特徴やタイム、血統、脚質の傾向などを調べてみました。

小倉は2月、8月で開催されるコースですが、夏のイメージが強いコースですね。

 

小倉芝1200mのコース特徴

・右回り、小回りコース

・スタートしてから最初のコーナーまで約479mと長く、下り坂でスピードが出やすい。ゴール前の直線は約293mと短い

・3コーナーから4コーナーは急カーブで下り坂

・上り坂がないので非力な馬でも活躍できるコース

 

小倉芝1200mで開催される重賞レース

北九州記念 3歳上・G3

小倉2歳S 2歳・G3

OPレースには、2歳限定のひまわり賞、フェニックス賞などもあります。

 

タイムの傾向

平均タイム

2012/01/01~2017/01/29まで5年間のデータ(良馬場のみ)

年齢 クラス レース数 勝ちタイム 前半3F 後半3F
2歳
新馬 39 1.09.9 34.3 35.6
未勝利 41 1.09.3 33.6 35.7
重賞・OP 11 1.08.8 33.4 35.4
3歳
新馬 4 1.09.7 34.2 35.5
未勝利 62 1.08.8 33.5 35.3
500万 8 1.08.6 33.4 35.2
3歳上
4歳上
500万 82 1.08.2 33.4 34.8
1000万 24 1.07.9 33.4 34.5
1600万 7 1.07.5 33.4 34.1
重賞 5 1.07.4 32.8 34.6

下り坂のコースなので、速いタイムがでやすい。

特に8月開幕週の芝状態はかなり良く、高速馬場となるので速いタイムがでやすくなります。

 

平均ラップ

3歳以上の重賞レースの平均ラップ

200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.7 10.3 10.8 11.2 11.5 11.9

スタートしてから直線が長く下り坂なので前半のペースは、かなり速くなります。

前半のペースは、どのクラスでもほぼ同じで33秒台くらいです。

違いが出るのは、後半で、いかにバテずにスピードを持続できるかという勝負となります。

 

コースレコード

1999/07/17 北九州短距離S(OP)  アグネスワールド(牡4)1:06.5

 

良馬場でしたが、雨の降る小倉芝1200mコースを、ぶっちぎりの逃げ切り勝ちを決めたアグネスワールド!その後、アベイ・ド・ロンシャ(G1)やジュライC(G1)といった海外G1を勝利するなどスプリント戦で活躍しました。

残念ながら種牡馬としては活躍していません。

スポンサーリンク

 

脚質の傾向

2012/01/01~2017/01/29まで5年間のデータ

脚質 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 複勝率 単勝 回収値
逃げ 77 47 24 207 21.7% 34.9% 41.7% 262
先行 171 183 150 846 12.7% 26.2% 37.3% 99
差し 96 104 133 1853 4.40% 9.20% 15.2% 56
追込 13 21 48 1634 0.80% 2.00% 4.80% 32

前の方にポジションとった馬が圧倒的に活躍しています。

特に逃げ馬の単勝回収値が良く、逃げ馬を狙っていきたい。

後ろからしか行けないような馬は軽視したほうが良いかもしれません。

 

血統の傾向

種牡馬 1着 2着 3着 4着 以下 勝率 連対率 単勝 回収値
サクラバクシンオー 22 19 6 153 11.00% 20.50% 103
アドマイヤムーン 17 10 13 119 10.70% 17.00% 70
ダイワメジャー 16 20 18 159 7.50% 16.90% 58
ディープインパクト 12 11 7 104 9.00% 17.20% 40
フジキセキ 11 9 6 71 11.30% 20.60% 54
キングカメハメハ 9 14 20 117 5.60% 14.40% 34

短距離に強いサクラバクシンオー産駒の成績が過去5年で一番良いのですが、2016年で短距離の勝ち数が激減したのは気になります。

安定度ならアドマイヤムーン産駒でしょう。毎年、安定した活躍をみせています。

 

騎手

藤岡康太騎手に注目したい。

藤岡康太騎手は過去5年で小倉芝1200m[25-9-7-119]で勝ち数トップ、勝率15.6%、連対率21.3%、複勝率25.6%とまずまずの活躍。

単勝回収値145でトップの活躍。人気がない馬でも勝っている証拠です。
他では、浜中俊騎手の活躍が目立ちますね。過去5年の複勝率42.1%は立派です。ただ、人気になりやすいところがあります。

 

小倉芝1200mコースまとめ

下り坂で速いタイムが出やすいコースです。

最後の直線が短いので、前の方へ行った馬が有利なコースです。

特に開幕週の逃げ馬には要注意!

サクラバクシンオー、アドマイヤムーン産駒、藤岡康太騎手、浜中俊騎手に注目。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.